• ホーム
  • PC12細胞におけるアセチルコリンエステラーゼ活性の生化学アッセイ

PC12細胞におけるアセチルコリンエステラーゼ活性の生化学アッセイ

A Biochemical Assay for Acetylcholinesterase Activity in PC12 Cells

Teaching Resource

Sci. STKE, 10 July 2007 Vol. 2007, Issue 394, p. tr2
[DOI: 10.1126/stke.3942007tr2]

Paul J. Schwartz1, Jay A. Blundon2, and Elizabeth M. Adler3*

1 Department of Neurological Surgery, University of Medicine and Dentistry of New Jersey, Newark, NJ 07101, USA.
2 Department of Biology, Rhodes College, Memphis, TN 38112, USA.
3 Associate Editor of Science’s STKE, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, NW, Washington, DC 20005, USA.
*Contact information. E-mail, eadler@aaas.org

要約 : この実習では、次の2つの生化学アッセイについて説明する:(1)アセチルコリンエステラーゼ活性の測定のためのアッセイ;(2)タンパク質濃度の測定のためのアッセイ。学生は、少量の試料の操作方法、標準的な分光光度計またはマイクロプレートリーダー分光光度計の使用方法、標準曲線の作成方法、データの正規化の方法について学ぶ。この実習は、表現型に影響を与える様々な物質にPC12細胞を曝露する細胞培養実習と併せて用いられることを意図している。

P. J. Schwartz, J. A. Blundon, E. M. Adler, A Biochemical Assay for Acetylcholinesterase Activity in PC12 Cells. Sci. STKE 2007, tr2 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る