• ホーム
  • グルタミン酸作動性ニューロンにおけるカルパインの生理学的および病理学的作用

グルタミン酸作動性ニューロンにおけるカルパインの生理学的および病理学的作用

TEACHING RESOURCES
Physiological and Pathological Actions of Calpains in Glutamatergic Neurons

Teaching Resource

Sci. Signal., 10 June 2008
Vol. 1, Issue 23, p. tr3
[DOI: 10.1126/scisignal.123tr3]

Jing Liu1*, Ming Cheng Liu2,3, and Kevin K. W. Wang1,2,3*

1Center for Neuroproteomics and Biomarkers Research, Department of Psychiatry, McKnight Brain Institute, Post Office Box 100256, University of Florida, Gainesville, FL 32610, USA.
2Center for Traumatic Brain Injury Studies, Department of Neuroscience, McKnight Brain Institute, Post Office Box 100256, University of Florida, Gainesville, FL 32610, USA.
3Center of Innovative Research, Banyan Biomarkers, Incorporated, 12085 Research Drive, Alachua, FL 32615, USA.
*Corresponding authors. E-mail: jingl@ufl.edu ; kwang@banyanbio.com

要約 : これらの動画は、生理学的および病態生理学的条件下での、ニューロンのカルパインの活性化および作用について示している。グルタミン酸放出、カルシウム流入およびポストシナプスでのカルパイン活性化などの興奮性神経伝達およびシナプス可塑性に関与する生理学的現象が、病的条件下ではどのように破壊的になりうるかに重点が置かれている。これらの動画は、神経生物学または神経科学課程において有用であり、活性依存性のシナプス可塑性の基礎となるタンパク質分解の機構、またこれらのシグナル伝達機構の過剰な活性化が興奮毒性による神経細胞死をどのように引き起こしうるかを説明するのに使用できる。

J. Liu, M. C. Liu, K. K. W. Wang, Physiological and Pathological Actions of Calpains in Glutamatergic Neurons. Sci. Signal. 1, tr3 (2008).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る