• ホーム
  • 商品情報
  • ヒト MMP-2 定量キット バージョン2(MMP-2 activity assay New Version V2)

商品情報

記事ID : 14440
研究用

活性型MMP-2/総MMP-2を同時測定!ヒト MMP-2 定量キット バージョン2(MMP-2 activity assay New Version V2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

MMP-2定量キット バージョン2は、活性型MMP-2と総MMP-2(活性型MMP-2+前駆型MMP-2)量を異なるウェルで同時に測定可能なキットです。細胞培養培地、血清、血漿、尿、組織ホモジネートなどのサンプルに使用できます。旧キットはキャプチャー抗体にポリクローナル抗体を使用していましたが、バージョン2ではモノクローナル抗体を使用しています。

背景

MMP-2とは?

MMP-2(Matrix Metalloproteinase-2)は、72 kDa IV型コラゲナーゼ、ゼラチナーゼ A とも呼ばれ、変性コラーゲン(ゼラチン)とネイティブコラーゲン(IV型、V型、VII型およびX型コラーゲン)に対して広い基質特異性を示す酵素です(EC 3.4.24.24)。MMP-2は、72 kDa(前駆型)と62 kDa(活性型)の分子量を持ち、その活性はZn2+とCa2+に依存します。

MMP-2は、前駆型MMP-2として分泌され、APMA(p-aminophenyl mercuric acetate)などの有機水銀化合物によって in vitro で活性化することができます。MMP-2 は、線維芽細胞、軟骨細胞、内皮細胞および上皮細胞を含む種々の細胞種で産生されます。

特長

  • 活性型MMP-2と 総MMP-2 を定量的に測定
  • 96ウェルフォーマット
  • ELISA相当の簡便性
  • 比色定量法(測定波長:405nm)
  • 一回のアッセイで 低領域〜高領域 を検出可能
  • ザイモグラフィーに代わる定量的アッセイ
MMP-2測定キット仕様
 ヒトMMP-2定量キット バージョン2仕様
[品番:QZBMMP2HV2]
ヒトMMP-2定量キット 旧キット仕様
[品番:QZBMMP2H]
測定範囲 0.02 - 16 ng/m 0.02 - 16 ng/ml
感度 0.04 ng/ml (2 hr インキュベート)
0.02 ng/ml (6 hr インキュベート)
4 pg/ml (o/n インキュベート)

0.15 ng/ml (2 hr インキュベート)
0.02 ng/ml (6 hr インキュベート)
4 pg/ml (o/n インキュベート)

サンプル量 10 - 100 μl 10 - 100 μl
フォーマット 96ウェルプレート 96ウェルプレート
適用サンプル 細胞培養培地、血清、血漿、尿、組織ホモジネート 細胞培養培地、血清、血漿、尿、組織ホモジネート

構成内容

ヒト MMP-2 定量キット バージョン2仕様
[品番:QZBMMP2HV2]
  • MMP-2 抗体コート96ウェルマイクロプレート
    (12x8 well ready-to-use strips)
  • アッセイバッファー
  • APMA(p-Aminophenylmercuric acetate)
  • 検出酵素
  • ペプチド基質
  • 洗浄バッファー
  • ヒトMMP-2 スタンダード
    (50 μl of 640 ng/ml pro-MMP-2 (human))
 

アッセイ原理

MMP-2 アッセイ原理
図1.活性型MMP-2とトータルMMP-2測定の原理

  • 活性型MMP-2: 直接測定
  • トータルMMP-2(活性型 + 前駆型):前駆型MMP-2をAPMAで活性化後に測定

プロトコール

活性型 MMP-2 の測定
  1. スタンダード、コントロール、サンプルを、それぞれMMP-2 抗体がコートされたプレートに入れます。
  2. サンプル中に存在する MMP-2 が、抗体によって捕捉されます。
  3. インキュベートおよび洗浄後に、前駆型検出酵素を加えます。活性型 MMP-2 によって活性型検出酵素に変換されます。
  4. 活性型検出酵素が発色基質を切断して生成された黄色の色素を吸光度測定します。(405 nm)*
トータル MMP-2 の測定(活性型MMP-2 + 前駆型MMP-2)
(トータル MMP-2 の測定は、活性型 MMP-2 の測定方法に類似しています。)
  1. MMP-2 を抗体がコートされたプレートに結合させます。
  2. 結合した MMP-2 を APMA で 活性化し、前駆型MMP-2 を活性型MMP-2 に変換します。
  3. 検出酵素と発色基質ペプチドを加えます。
  4. 放出された色素を 405 nm の吸光度で測定します。*

*検出試薬(検出酵素と基質の混合液)とのインキュベート時間を変更することで感度を調整することができます。

ヒトMMP-2定量キットのインキュベート時間と測定範囲
  • 4時間インキュベート
    Calculate the t= 4 hour data from the standard curve using the following range:
    0-0.25-0.5-1-2-4-8-16 ng/ml MMP-2
  • 6時間インキュベート
    Calculate the t= 6 hours data from the standard curve using the following range:
    0-0.063-0.125-0.25-0.5-1-2-4 ng/ml MMP-2
  • 22時間インキュベート
    calculate the t= 22 hours data from the standard curve using the following range:
    0-0.008-0.016- 0.031-0.062-0.125-0.25-0.5 ng/ml MMP-2

使用例

ヒトMMP-2の測定

QZM_QZBMMP2HV2_2.jpg QZM_QZBMMP2HV2_3.jpg

図2.左:4時間インキュベート,右:22時間インキュベート

MMP-2 定量キット バージョン2(MMP-2 activity assay kit New Version V2)

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「ヒト MMP-2 定量キット バージョン2(MMP-2 activity assay New Version V2)」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO