商品情報

CD44v(CD44バリアント)抗体は、がん幹細胞において高頻度で発現亢進している膜抗原CD44v8-10 に高いアフィニティで結合するモノクローナル抗体で、セルソーター等の検出系を用いることにより、これまで困難であったがん幹細胞の濃縮が容易に実現可能となります。

:本抗体は、近畿大学薬学部細胞生物学研究室(益子高教授)が開発したものです。本抗体のがん幹細胞の濃縮に関する技術開発は、独立行政法人科学技術振興機構の実施する研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)の事業において、慶應義塾大学医学部先端医科学研究所遺伝子制御研究部門(佐谷秀行教授)およびリンク・ジェノミクス株式会社により実施されたものです。

 

背景

近年、がん組織の形成やその転移、再発など、がん化の根源が、がん幹細胞によるものである事が明らかになってきています。このため、癌を根絶するためにはがん幹細胞の排除が必須であると考えられ、がん幹細胞は、がん治療の究極の標的として注目されています。しかし、がん幹細胞は、組織や細胞株中に、数%以下と極めて少ない量しか存在しないため、それを標的とした治療薬の開発やその機能解析研究はこれまで困難な状況にありました。

「抗CD44v抗体」は、がん幹細胞において高頻度で発現亢進している膜抗原CD44v8-10に高いアフィニティで結合するモノクローナル抗体で、セルソーター等を用いることにより、これまで困難であったがん幹細胞の濃縮が容易に実現可能となります。がん幹細胞が濃縮されることにより、in vitro でのがん幹細胞の評価系として用いられている「スフィア培養系」やin vivoの評価系として用いられている「マウス肺転移モデル」の構築が可能となり、癌の発生・転移メカニズムの解明や、がん幹細胞に対する治療薬のスクリーニングが可能となります。「抗CD44v抗体」は、がん幹細胞をターゲットとした新たな治療薬開発のための有力なツールとなります。

がん幹細胞(Cancer Stem Cell (CSC))とは?

癌にはその元となるような細胞が存在し、そのような細胞は「がん幹細胞」と称されています。がん幹細胞は女王バチ、癌細胞は働きバチにたとえられ、いくら働きバチを退治しても、1匹の女王バチが生きていれば、次のがんが出てき、再発、転移につながるのでは、と考えられています。

がん幹細胞(Cancer Stem Cell (CSC))とは?

 

がん幹細胞のマーカー
Type of cancer CSC markers
大腸がん Colon cancer CD44+ CD133+
乳がん Breast cancer CD44+ CD24-/low
胃がん Gastric cancer CD44+
膵臓がん Pancreatic cancer CD44+ CD24+ ESA+
肝がん Hepatic cancer CD133+
前立腺がん Prostate cancer CD44+
転移性悪性黒色腫 Metastatic melanoma CD20+
頭頸部がん Head and neck cancer CD44+
脳腫瘍 Brain tumor CD133+
急性骨髄白血病 Acute myeloid leukemia CD34+ CD38-

 

CD44抗原

ヒアルロン酸を主なリガンドとする接着分子

ヒアルロン酸を主なリガンドとする接着分子

ソーティング解析

本抗体は各種臓器のがん幹細胞(CSC)において高頻度に発現亢進している膜抗原CD44v に高いアフィニティで結合するモノクローナル抗体です。本抗体を用いることにより、セルソーター等でがん幹細胞(CSC)を濃縮する事が可能です。

抗ヒト CD44v9 抗体によるがん幹細胞の分取例

  1. ヒト乳がん細胞株MDA-MB-231ヒト乳がん細胞株MDA-MB-231
  2. ヒト膵臓がん細胞株AsPC-1ヒト膵臓がん細胞株AsPC-1
  3. ヒト前立腺がん細胞株PC-3ヒト前立腺がん細胞株PC-3

がん幹細胞検出CD44バリアント抗体の応用例

応用例1. スフィア形成能を基にしたがん幹細胞(CSC)治療薬のin vitro評価系

薬剤のがん幹細胞(CSC)への作用を評価する代表的なin vitro系としてSphere Formation Assayがあります。これは、がん幹細胞(CSC)の特性である腫瘍形成能を利用し、「培養系中に形成されるコロニー (スフィアと呼ばれる)数によりがん幹細胞(CSC)の数を定量する方法」で、これにより薬剤を作用した時のスフィア数の減少により、薬剤のがん幹細胞(CSC)への作用効果を定量する事が可能となります。

前立腺がん細胞株 PC-3 によるスフィア形成

前立腺がん細胞株 PC-3 によるスフィア形成

 

応用例2. 転移巣形成能を基にしたがん幹細胞(CSC)治療薬のin vivo評価系

遠隔臓器における転移巣の形成能は、がん幹細胞(CSC)の保有する特性の1つです。

本抗体を用いて濃縮したがん幹細胞(CSC)高濃縮細胞群を尾静注した場合、有意に多数の肺転移巣が形成され、薬剤投与時の効果を確認する事が可能となります。

膵臓がん細胞株AsPC-1高濃縮がん幹細胞(CSC)尾静注による転移巣形成能

膵臓がん細胞株AsPC-1高濃縮がん幹細胞(CSC)尾静注による転移巣形成能

 

抗ヒトCD44v9 / 抗マウスCD44v10-e16 抗体

CD44v9抗体(クローン:RV3)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti CD44v9, Human (Rat) Unlabeled, RV3詳細データ CAC LKG-M001 100 UG
¥100,000
Anti CD44v9, Human (Rat) Unlabeled, RV3詳細データ CAC LKG-M003 50 UG
¥60,000

CD44 v10-e16抗体(クローン:RM1)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti CD44v10-e16, Mouse (Rat) Unlabeled, RM1詳細データ CAC LKG-M002 100 UG
¥100,000

製品使用文献

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO