• ホーム
  • Gβ構造の模倣物として役割を果たすKelch βプロペラ構造:車輪の再発明?

Gβ構造の模倣物として役割を果たすKelch βプロペラ構造:車輪の再発明?

A Kelch β Propeller Featuring as a Gβ Structural Mimic: Reinventing the Wheel?

Perspectives

Sci. STKE, Vol. 2003, Issue 191, pp. pe27, 15 July 2003
[DOI: 10.1126/stke.2003.191.pe27]

Jan Gettemans*, Kris Meerschaert, Joel Vandekerckhove, and Veerle De Corte

Department of Biochemistry, Faculty of Medicine and Health Sciences, Flanders Interuniversity Institute for Biotechnology (VIB), Ghent University, Rommelaere Institute, Albert Baertsoenkaai 3, B-9000 Ghent, Belgium.
*Corresponding author: Telephone, 00 32 9 33 13340; fax, 00 32 9 33 13597; e-mail, jan.gettemans@UGent.be

要約 : 新たな遺伝子データとタンパク質相互作用データから、Gタンパク質αサブユニットが、非常に多岐にわたる一次配列を有するパートナーをもつ可能性があることが示唆されている。これは、WD-40リピートをもつタンパク質とkelchドメインを含むタンパク質がいずれも類似する構造、すなわちβプロペラ構造を取り入れたことで達成された可能性がある。Gettemansらは、酵母における結果について述べ、ヘテロ三量体Gタンパク質複合体において、kelchドメインタンパク質が、これまで認識されていなかったβサブユニットとして働く可能性があることを示唆している。

J. Gettemans, K. Meerschaert, J. Vandekerckhove, V. De Corte, A Kelch s Propeller Featuring as a Gs Structural Mimic: Reinventing the Wheel?. Sci. STKE 2003, pe27 (2003).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る