• ホーム
  • 会議報告:腫瘍生物学―どのようにしてシグナル伝達過程を治療に応用するか

会議報告:腫瘍生物学―どのようにしてシグナル伝達過程を治療に応用するか

Meeting Report: Tumor Biology--How Signaling Processes Translate to Therapy

Perspectives

Sci. STKE, 10 April 2007 Vol. 2007, Issue 381, p. pe13
[DOI: 10.1126/stke.3812007pe13]

Karlheinz Friedrich1, Ottmar Janssen2, and Ralf Hass3*

1Institute of Biochemistry, Friedrich-Schiller University, 07743 Jena, Germany.
2Institute of Immunology, Christian-Albrechts University, 24105 Kiel, Germany.
3Biochemistry and Tumor Biology, Medical School, 30625 Hannover, Germany.

A report on the "Signal Transduction Society (STS) Meeting 2006: Signal Transduction-Receptors, Mediators and Genes," Weimar, Germany, 2 to 4 November 2006.
*Corresponding author: E-mail, hass.ralf@mh-hannover.de

要約 : 2006年11月に開催された第10回合同会議「Signal Transduction-Receptors, Mediators and Genes(シグナル伝達:受容体、メディエーターと遺伝子)」に際して、シグナル伝達学会Signal Transduction Society(STS)はトランスレーショナルリサーチの至高の目標、すなわち基礎的なシグナル伝達研究をがん治療に応用する方法に重点を置いた。参加者たちは、大成功例や挫折の話を聞き、より個人のレベルでの個々のシグナル伝達経路に焦点を絞った新たな治療法について知った。こうして、まだ若いSTS学界と300名の会議参加者は、楽観的な展望と、臨床応用のための作業でしばらくは世界中の科学者が忙しくなるであろうという見通しとともに会場を後にした。

K. Friedrich, O. Janssen, R. Hass, Meeting Report: Tumor Biology--How Signaling Processes Translate to Therapy. Sci. STKE 2007, pe13 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る