• ホーム
  • 単一分子の動きを解析する:細胞表面の個々の受容体のダイナミクスを解明するための新しいアルゴリズム

単一分子の動きを解析する:細胞表面の個々の受容体のダイナミクスを解明するための新しいアルゴリズム

Parsing the Motion of Single Molecules: A Novel Algorithm for Deconvoluting the Dynamics of Individual Receptors at the Cell Surface

Perspectives

Sci. STKE, 29 May 2007 Vol. 2007, Issue 388, p. pe28
[DOI: 10.1126/stke.3882007pe28]

Indraneel Ghosh* and Mary J. Wirth*

Department of Chemistry, University of Arizona, Tucson, AZ 85721, USA.
*Corresponding authors. E-mail, ghosh@email.arizona.edu; mwirth@email.arizona.edu

要約 : シグナル伝達を真に理解するためには、個々のタンパク質が単一細胞内で機能を遂行する際の動態と速度論を解明することが最終的に必要となる。1分子生物物理学の画期的な進歩により、量子ドットなどの蛍光プローブを用いて細胞表面に存在する多数の個々のタンパク質の動きを追うことが現在では可能である。しかし、単一分子の方向性をもった運動と自然なブラウン運動とを識別することは依然として難問である。最近のある論文では、個々のg-アミノ酪酸(GABA)受容体が方向性をもった運動を行う期間とブラウン運動を行う期間とを識別するための有力な統計学的手法が明らかにされている。この新しい方法は、1分子研究者が、シグナル伝達カスケードに関与する個々のタンパク質の動態を明らかにするのに役立つことが期待される。

I. Ghosh, M. J. Wirth, Parsing the Motion of Single Molecules: A Novel Algorithm for Deconvoluting the Dynamics of Individual Receptors at the Cell Surface. Sci. STKE 2007, pe28 (2007).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る