• ホーム
  • シナプス表面の区分化:自発性神経伝達とスパイク誘発性神経伝達の異なるマイクロドメイン

シナプス表面の区分化:自発性神経伝達とスパイク誘発性神経伝達の異なるマイクロドメイン

Partitioning the Synaptic Landscape: Distinct Microdomains for Spontaneous and Spike-Triggered Neurotransmission

Perspectives

Sci. Signal., 7 April 2009
Vol. 2, Issue 65, p. pe19
[DOI: 10.1126/scisignal.265pe19]

Michael A. Sutton1* and Erin M. Schuman2*

1 Molecular and Behavioral Neuroscience Institute, Department of Molecular and Integrative Physiology, University of Michigan, 5067 BSRB, 109 Zina Pitcher Place, Ann Arbor, MI 48109-2200, USA.
2 Division of Biology, Howard Hughes Medical Institute, California Institute of Technology, Pasadena, CA 91125, USA.

* Corresponding authors. E-mail, masutton@umich.edu (M.A.S.); schumane@caltech.edu (E.M.S.)

要約 : 50年以上にわたって、シナプスにおける二つの異なる神経伝達様式、すなわちシナプス前終末への活動電位到達によって誘発される神経伝達物質放出と活動電位とは無関係に起こる自発性神経伝達物質放出が作動することが認められている。以前は、自発性神経伝達物質放出は単なるシナプスノイズとして片付けられていたが、最近の研究によって自発性放出がシナプスで重要な機能的役割を果たしていることが示唆されている。自発性放出と活動電位誘発性放出が異なるシナプス後受容体サブセットを選択的に活性化することを示す新たな研究結果から、シナプスが物理学的に区別された経路を利用して、自発性神経伝達と誘発性神経伝達を解読していることが示唆される。

M. A. Sutton, E. M. Schuman, Partitioning the Synaptic Landscape: Distinct Microdomains for Spontaneous and Spike-Triggered Neurotransmission. Sci. Signal. 2, pe19 (2009).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る