商品情報

記事ID : 18183
研究用

血清、血漿、細胞培養上清サンプル中のターゲットを定量マウス CCL5 測定ELISAキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

マウス CCL5 を定量的に測定できるELISAキット(サンドイッチ法)です。キャプチャー抗体コート済みの96ウェルプレート(ストリップウェルタイプ)が付属します。

最適な抗体ペア使用シンプルな手順毒劇物非該当

[タグ抗体]HisタグやDDDDKタグ融合タンパク質の検出に!
[コントロール抗体]Beta ActinやGAPDHのルーチン実験に!
[二次抗体]28品目のベーシックな二次抗体、プロテインA、ストレプトアビジン

背景

CCL5とは?

CCL5(C C motif chemokine 5)は、RANTESとしても知られる、CCケモカインファミリーに属する因子です。 CCL5は、損傷時においてヒトおよびマウスの肝臓で強く発現します。CCL5は、血小板、マクロファージ、内皮細胞、星細胞を含む多数の細胞種によって産生されることが報告されています。CCL5は、3種類の特異的Gタンパク質共役受容体(CCR1、CCR3、CCR5)と相互作用することによって、T細胞、樹状細胞、好酸球、NK細胞、マスト細胞、好塩基球を炎症部位に動員します。CCL5は、効率的な抗腫瘍免疫応答を促進することが示唆されている一方、癌の進行と転移にも関連します。

■ プロテインテック抗体で開発したELISA製品

抗体メーカーであるプロテインテックでは、複数のアプリケーションで検証済みの『自社製造抗体』をスクリーニングし、最適な抗体ペアを選抜して、ELISAキットを開発しています。多くが完全長タンパク質抗原によって作製された抗体は、血清、血漿、細胞培養上清等、様々な生体サンプル*の内在性タンパク質を捕捉できるため、信頼性の高い確実な測定を可能にします。

* 測定可能なサンプルタイプは品番によって異なります。個別のデータシートをご確認ください。

プロテインテックELISAキットの検証方法
プロテインテック抗体でつくったサンドウィッチイムノアッセイ法ELISAキット
 

特長

測定対象マウス CCL5
UniProt
(タンパク質データベース情報)
P30882  外部リンク
GeneID
(遺伝子データベース情報)
20304 外部リンク
測定可能なサンプル血清、血漿、細胞培養上清
測定範囲15.6-1000 pg/mL
感度5.7 pg/mL
回収率74%-124%
Intra-assay CV<10%
Inter-assay CV<10%
キット品番KE10017 外部リンク

構成内容

■ プロテインテックELISAキット構成品

プロテインテックELISAキット構成品

*1:当社からは冷凍品(-20℃)としてお届けします。到着後は冷蔵(4℃)で保管してください。
*2:キット有効期間(保証期間)は、商品到着後6か月間です。
*3:品番によって含まれるHRP標識試薬が異なります。
*4:サンプルに細胞/組織ライセートを用いる場合のみ使用します。付属しない品番もございます。
*5:毒物及び劇物取締法、化管法に該当する危険有害成分は含まれておりません。なお、安衛法「表示、通知すべき有害物」に該当する9.8%硫酸を反応停止液(Stop Solution)中に含みます。

その他

■ 測定手順

プロテインテックELISAキット使用方法

*:希釈サンプル量(希釈倍率はサンプルタイプによって異なります。キット付属のデータシートをご確認ください。)

■ 操作方法

製品データ

スタンダードカーブ

図1 スタンダードカーブ

マウス CCL5 測定ELISAキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
CCL5 ELISA Kit, Mouse詳細データ PGI KE10017 1 KIT
[96assay]
¥74,000

◆◇ 国内在庫あります!最短翌日お届け、一次抗体通常サイズ ◇◆

プロテインテック社抗体全商品、国内在庫あります!

◆◇ お求めやすい¥29,000!タグ抗体・コントロール抗体 ◇◆

◆◇ 優れた活性・安定性のリコンビナントタンパク質 Humankine® ◇◆

◆◇ 毒劇物非該当・冷蔵保管が便利!扱いやすいELISAキット ◇◆

Proteintech(プロテインテック)のELISAキット

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「マウス CCL5 測定ELISAキット」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO