商品情報

記事ID : 41789
研究用

免疫沈降(IP)に最適!担体結合済みVHH抗体Nano-Trap®(ナノトラップ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nano-Trap®(ナノトラップ®)は、タンパク質の免疫沈降(IP:Immunoprecipitation)実験に最適な各種担体(アガロースビーズ、磁性アガロースビーズ、磁気ビーズ)結合済みのアルパカ由来のVHH抗体です。

高親和性&高特異性アルパカ組換えVHH免疫沈降(IP)に最適

背景

■ VHH抗体とは?

VHH抗体は、Nanobody® としても知られるラクダ科動物の「重鎖抗体(Heavy chain-only antibody)」由来の抗原結合ドメインです。一般的な抗体と比べて、10分の1程度とサイズが小さく、高い特異性と親和性を示すことで知られます。

図1. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図1. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図2. 従来の1/10ほどの分子量
図2. 従来の1/10ほどの分子量
 

■ Nano-Trap®とは?

Nano-Trap®(ナノトラップ)は、迅速かつ効率的な免疫沈降(IP)に最適です。各種担体(アガロースビーズ、磁性アガロースビーズ、磁気ビーズ)に結合したVHH抗体で構成されます。

各種ビーズ上に結合したVHH抗体は、ビーズ上に残存し、SDSサンプルバッファー中で溶出されません。したがって、従来のIP解析でしばしば問題となるIP抗体由来の軽鎖または重鎖バンドの干渉が無く、シングルバンドの精製を可能とします。さらに、ウエスタンブロットに使用する一次抗体/二次抗体を自由に選択できます。

■ Nano-Trap® のアプリケーション

  • IP(免疫沈降)/ CoIP(共免疫沈降)
  • ChIP(クロマチン免疫沈降)/ RIP(RNA免疫沈降)
  • 質量分析(Mass spectrometry)
  • On-bead enzyme assay
NanoTrap(左)と従来型であるProtein A/G結合IgG抗体(右)を用いた免疫沈降の概要。Nano-Trapでは、単一のバンドを得られ、従来型とは異なり軽鎖/重鎖由来のバンドは観察されません。
図3. Nano-Trap(左)と従来型であるProtein A/G結合IgG抗体(右)を用いた免疫沈降の概要。Nano-Trapでは、単一のバンドを得られ、従来型とは異なり軽鎖/重鎖由来のバンドは観察されません。
 

特長

  • 軽鎖/重鎖由来バンドの干渉が無い、シングルバンド精製
  • 高い親和性(KD値:~1pM)
  • 質量分析(Mass spectrometry)
  • 短時間インキュベーション
  • 高い安定性のVHH抗体
  • 様々なバッファー条件適合(界面活性剤、低pH、高塩濃度)

Nano-Trap® 製品一覧

[関連]ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

◆◇ 国内在庫あります!最短翌日お届け、一次抗体通常サイズ ◇◆

◆◇ お求めやすい\29,000!タグ抗体・コントロール抗体 ◇◆

◆◇ 優れた活性・安定性のリコンビナントタンパク質 Humankine® ◇◆

 Humankine リコンビナントタンパク質

◆◇ 毒劇物非該当・冷蔵保管が便利!扱いやすいELISAキット ◇◆

Proteintech(プロテインテック)のELISAキット

◆◇ 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)研究用試薬を幅広くラインアップ ◇◆

◆◇ アルパカVHH抗体!ChromoTek(クロモテック)製品開始 ◇◆

ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


© COSMO BIO