ページの本文へ移動
  • ホーム
  • 商品情報
  • Ubiquitin-Trap® Magnetic Agarose(磁性アガロースビーズ標識ユビキチン抗体)

記事ID : 44901
研究用

免疫沈降(IP)で豊富な実績!高い特異性と親和性、Nano-Trap シリーズ Ubiquitin-Trap® Magnetic Agarose(磁性アガロースビーズ標識ユビキチン抗体)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ubiquitin-Trap® Magnetic Agarose(ユビキチントラップ®磁性アガロース)は、Ubiquitin(ユビキチン)タンパク質の免疫沈降(IP:Immunoprecipitation)実験に最適な磁性アガロースビーズ担体結合済みのUbiquitin(ユビキチン)抗体です。

磁性アガロースビーズ(Magnetic agarose beads)には、アルパカ(Alpaca)を宿主動物(免疫動物)として作製された「抗Ubiquitin組換えモノクローナルVHH抗体」が結合しています。VHH抗体は、Nanobody® としても知られるラクダ科動物の「重鎖抗体(Heavy chain-only antibody)」由来の抗原結合ドメインであり、高い特異性と親和性を示します。

高親和性&高特異性アルパカ組換えVHH免疫沈降(IP)に最適
ぬいぐるみ「アリス」のプレゼント応募フォーム
 

背景

■ VHH抗体とは?

VHH抗体は、Nanobody® としても知られるラクダ科動物の「重鎖抗体(Heavy chain-only antibody)」由来の抗原結合ドメインです。一般的な抗体と比べて、10分の1程度とサイズが小さく、高い特異性と親和性を示すことで知られます。

図. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図. 従来の1/10ほどの分子量
図. 従来の1/10ほどの分子量
 

■ Nano-Trapとは?

ビーズに結合したVHH抗体Nano-Trap(ナノトラップ)は、迅速かつ効率的な免疫沈降(IP)に最適です。各種担体(アガロースビーズ、磁性アガロースビーズ、磁気ビーズ)に結合したVHH抗体で構成されます。

各種ビーズ上に結合したVHH抗体は、ビーズ上に残存し、SDSサンプルバッファー中で溶出されません。したがって、従来のIP解析でしばしば問題となるIP抗体由来の軽鎖または重鎖バンドの干渉が無く、シングルバンドの精製を可能とします。さらに、ウエスタンブロットに使用する一次抗体/二次抗体を自由に選択できます。

 

■ Nano-Trapのアプリケーション

  • IP(免疫沈降)/ CoIP(共免疫沈降)
  • ChIP(クロマチン免疫沈降)/ RIP(RNA免疫沈降)
  • 質量分析(Mass spectrometry)
  • On-bead enzyme assay
NanoTrap(左)と従来型であるProtein A/G結合IgG抗体(右)を用いた免疫沈降の概要。Nano-Trapでは、単一のバンドを得られ、従来型とは異なり軽鎖/重鎖由来のバンドは観察されません。
図. Nano-Trap(左)と従来型であるProtein A/G結合IgG抗体(右)を用いた免疫沈降の概要。Nano-Trapでは、単一のバンドを得られ、従来型とは異なり軽鎖/重鎖由来のバンドは観察されません。
 

■ Proteintech Group(プロテインテック)とは?

Proteintech Group, Inc.(プロテインテック)社は、2001年に設立された抗体製造メーカーです。現在までに、米国本社の他、英国、中国、ドイツ、フランス、シンガポール等で支社を展開し、各国で様々なマーカー抗体、タンパク質研究用試薬を供給しています。国内におけるテクニカルサポート等は、2016年より株式会社プロテインテック・ジャパン(www.ptglab.co.jp 外部リンク)が担当しています。

  • 全てオリジナル商品:自社ラボで製造、検証済み(購入後1年間の交換保証付き)
  • 数多くの評判:国内・海外における累計109,200報以上の論文使用実績(2024年6月現在)
  • 迅速な納期:約15,500品目を当社倉庫に国内在庫!
\2点以上でお得にかえる!/
専用申込書利用で最大25%OFF一次抗体特別割引キャンペーン開催中 キャンペーン中

プロテインテックは「日本で成長している抗体サプライヤー」

プロテインテックとChromoTek(クロモテック、ドイツ)は、引用数ランキング付の抗体検索サイトを運営する英国「CiteAb 外部リンク」が主催の「2022 CiteAb Awards」において「Researchers' choice(研究者の選択)外部リンク」部門と「Environmental Initiative of the Year(今年の環境イニシアチブ)外部リンク」部門でそれぞれ受賞者として選出されました。優れた品質およびカスタマーサービス、環境への取り組みが高く評価されています。

また「Which suppliers should you watch in the Japanese antibody market?(日本の抗体市場で注目すべきサプライヤーは?)外部リンク」のブログ記事で、近年発表された論文中の製品引用数を根拠にプロテインテックが「日本で成長している抗体サプライヤー」として「注目に値するシェアの拡大・急上昇」を見せていると言及されています。以下のリンクから、プロテインテックの主なカテゴリー製品をご覧いただけます。

 

特長

■ Ubiquitin-Trap® Magnetic Agarose(磁性アガロースビーズ標識ユビキチン抗体)
商品名Ubiquitin-Trap® Magnetic Agarose(ユビキチントラップ®磁性アガロース)
(Nano-Trap alpaca anti-Ubiquitin, recombinant VHH, coupled to Magnetic agarose beads)
(磁性アガロースビーズ標識アルパカ由来抗Ubiquitinナノ抗体)
品番utma-10/utma-20/utma-100/utma-200/utma-400 外部リンク
免疫原Ubiquitin
交差種Pan-reactive. Tested with human, mouse, hamster, dog, spinach, yeast ubiquitin
特異性monomeric ubiquitin, ubiquitin chains, and ubiquitinylated proteins
アプリケーションIP(免疫沈降)、CoIP(共免疫沈降)
標識磁性アガロースビーズ(Magnetic Agarose Beads)
宿主動物/免疫動物アルパカ(組換えモノクローナルVHH抗体)
クローン番号-
抗体タイプアルパカ由来シングルドメイン一価抗体
(Alpaca single domain antibodies, monovalent)
抗体親和性(KD値)The KD for monomeric ubiquitin is 90 nM. The apparent affinity is even higher for ubiquitin chains due to avidity effects.
結合キャパシティ-
容量250 µL (10 reactions)/500 µL (20 reactions)/2.5 mL (100 reactions)/5 mL (200 reactions)/10 mL (400 reactions)
フォーマット液体(slurry)
ビーズ詳細Bead size: ~ 40 µm
洗浄バッファー適合性2M NaCl, 5 mM DTT, 0 mM β-mercaptoethanol, 5 mM TCEP, 2% NP40, 2% Triton X-100, 0% SDS, 2-3 M Urea
溶出方法2x SDS-sample buffer (Lammli)
別名Recombinant, monoclonal anti-Ubiquitin single domain antibody (sdAb) fragment
バッファー・保存剤20 % EtOH
保存方法
  • 商品到着後は、4℃で保管してください。
  • 凍結はしないよう注意してください(凍結禁止)。

その他

■ Ubiquitin-Trap® アプリケーション参考資料

よくある質問 FAQ

【01】非特異的タンパク質の結合を回避する方法はありますか?

必要に応じて、サンプルの「プレクリア処理(Pre-clearing)」を実施してください。その際、コントロールアガロース(品番:bab-20)またはコントロール磁性アガロース(品番:bmab-20)を利用できます。詳細は以下のトラブルシューティングガイドをご覧ください。

【02】結合タンパク質をネイティブ状態で溶出できますか?

0.2 M glycine(pH 2.5)を利用して室温条件で溶出できます。ビーズを60~120秒間ピペッティングし、この手順を繰り返します。1 M Tris base(pH 10.4)を直後に添加して上清を中和してください。

【03】免疫沈降に必要な哺乳類細胞数を教えてください。

1回の免疫沈降反応で約10^6~10^7の哺乳類細胞の使用をおすすめします。収量は目的のタンパク質や相互作用因子の発現レベルに依存する場合があります。

【04】免疫沈降に必要な細胞抽出物量を教えてください。

哺乳類細胞以外の場合、0.5~1.0mgの細胞抽出物の使用をおすすめします。

【05】質量分析のために、結合タンパク質をビーズから溶出する必要がありますか?

免疫沈降後にビーズ上で直接消化する方法も利用可能です。より迅速で効率的なサンプル前処理と高収率を実現します。詳細は以下の資料をご覧ください。

【06】酵素アッセイのために目的タンパク質をビーズから溶出する必要がありますか?

いいえ、活性中心がブロックされていない限り、直接酵素アッセイが可能です。詳細は以下の資料をご覧ください。

【07】1回の免疫沈降に必要なNano-Trap量を教えてください。

親和性が非常に高いため、1回の反応あたり25 µL(Nano-Trap slurry量)で十分です。

使用例

■ Ubiquitin-Trap® Magnetic Agarose(磁性アガロースビーズ標識ユビキチン抗体)(品番:utma-10/-20/-100/-200/-400)

The ubiquitin-trap magnetic agarose kit (utmak) was used to immunoprecipitate endogenous ubiquitin and ubiquitinylated proteins from human (HEK293T), mouse (C2C12), and hamster (CHO) cell lines treated with MG-132. For each IP, samples of the input lysate (I), non-bound flow-through (F), and bound (B) fractions were analyzed using western blot. Ubiquitin recombinant antibody (80992-1-RR) and HRP-conjugated Affinipure Goat Anti-Rabbit IgG (H+L) (SA00001-2) were used in the western blot analysis.
図1
The ubiquitin-trap magnetic agarose kit (utmak) was used to immunoprecipitate endogenous ubiquitin and ubiquitinylated proteins from human (HEK293T), mouse (C2C12), and hamster (CHO) cell lines treated with MG-132. For each IP, samples of the input lysate (I), non-bound flow-through (F), and bound (B) fractions were analyzed using western blot. Ubiquitin recombinant antibody (80992-1-RR) and HRP-conjugated Affinipure Goat Anti-Rabbit IgG (H+L) (SA00001-2) were used in the western blot analysis.
The ubiquitin-trap magnetic agarose kit (utmak) was used to immunoprecipitate endogenous ubiquitin and ubiquitinylated proteins from dog (MDCK) cells, spinach (Spinacia oleracea), and baker's yeast (Saccharomyces cerevisiae) treated with MG-132. For each IP, samples of the input lysate (I), non-bound flow-through (F), and bound (B) fractions were analyzed using western blot. Ubiquitin recombinant antibody (80992-1-RR) and HRP-conjugated Affinipure Goat Anti-Rabbit IgG (H+L) (SA00001-2) were used in the western blot analysis.
図1
The ubiquitin-trap magnetic agarose kit (utmak) was used to immunoprecipitate endogenous ubiquitin and ubiquitinylated proteins from dog (MDCK) cells, spinach (Spinacia oleracea), and baker's yeast (Saccharomyces cerevisiae) treated with MG-132. For each IP, samples of the input lysate (I), non-bound flow-through (F), and bound (B) fractions were analyzed using western blot. Ubiquitin recombinant antibody (80992-1-RR) and HRP-conjugated Affinipure Goat Anti-Rabbit IgG (H+L) (SA00001-2) were used in the western blot analysis.
 

Ubiquitin-Trap® Magnetic Agarose(磁性アガロースビーズ標識ユビキチン抗体)

■磁性アガロースビーズ標識モノクローナル抗体(組換えVHH抗体)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Ubiquitin, Ubiquitin-Trap(R) Magnetic Agarose, recombinant VHH (Alpaca) Magnetic Particle/Agarose詳細データ PGI UTMA-10 10 RXN
¥55,000
Anti Ubiquitin, Ubiquitin-Trap(R) Magnetic Agarose, recombinant VHH (Alpaca) Magnetic Particle/Agarose詳細データ PGI UTMA-20 20 RXN
¥92,000
Anti Ubiquitin, Ubiquitin-Trap(R) Magnetic Agarose, recombinant VHH (Alpaca) Magnetic Particle/Agarose詳細データ PGI UTMA-100 100 RXN
[5 x 20 rxns]
¥415,000
Anti Ubiquitin, Ubiquitin-Trap(R) Magnetic Agarose, recombinant VHH (Alpaca) Magnetic Particle/Agarose詳細データ PGI UTMA-200 200 RXN
[10 x 20 rxns]
お問い合わせ
Anti Ubiquitin, Ubiquitin-Trap(R) Magnetic Agarose, recombinant VHH (Alpaca) Magnetic Particle/Agarose詳細データ PGI UTMA-400 400 RXN
[20 x 20 rxns]
お問い合わせ

[関連]Ubiquitin-Trap® Magnetic Agarose(磁性アガロースビーズ標識ユビキチン抗体)キット

■ 「推奨バッファー」も入ってお得な免疫沈降(IP)キットです。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Ubiquitin-Trap(R) Magnetic Agarose, kit (Alpaca) 詳細データ PGI UTMAK-20 20 RXN
¥115,000

「磁性アガロースビーズ標識ユビキチン抗体」と「バッファー類(Lysis buffer、RIPA buffer、Dilution buffer、Wash bufferを含む)」のセット商品です。

[関連]Binding Control Magnetic Agarose(コントロール磁性アガロース)

結合コントロール」または「プレクリア処理(Pre-clearing)」に利用できるアガロースビーズです。VHH抗体は結合していません。プレクリア処理に関しては、プロテインテック社ブログ記事「ヒントとコツ | 免疫沈降(IP)でバックグラウンドを低減するための最適化方法 外部リンク」をご参照ください。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Blocked magnetic agarose beads (binding control), Magnetic Particle/Agarose詳細データ PGI BMAB-20 20 RXN
¥17,000

[関連]Ubiquitin-Trap® Agarose(アガロースビーズ標識ユビキチン抗体)

[関連]ユビキチン(Ubiquitin)抗体(主にWBやIHC染色に!非標識製品)

[関連]Nano-Trap(ナノトラップ)一覧

◆◇【7月まで好評開催中!】一次抗体同時購入「2点⇒20%オフ」「3点⇒25%オフ」キャンペーン ◇◆

プロテインテック社 一次抗体同時購入「2点⇒20%オフ」「3点⇒25%オフ」キャンペーン 期間:2024年7月31日(水)まで開始

◆◇【特典クーポン紙配布中!】一次抗体トライアルサイズ購入キャンペーン ◇◆

プロテインテック社 一次抗体トライアルサイズ購入キャンペーン 期間:2024年5月2日(木)〜

◆◇【最短翌営業日にお届け!】約2万点の国内在庫をご用意しています ◇◆

◆◇【IHC染色用ポリマー試薬は無料サンプルあり!】Multi-rAb(マルチ・ラブ)二次抗体 ◇◆

Multi-rAb(マルチ・ラブ)カクテルタイプの組換え二次抗体バナー

◆◇【ELISAキット¥80,000/96ウェル】プロテインテックの免疫アッセイキット ◇◆

◆◇ cGMPグレードも選べる!ヒト細胞由来のサイトカイン・増殖因子 ◇◆

 HumanKine リコンビナントタンパク質

[シームレスな移行を実現!2つのグレードから選べます]

◆◇ 次世代ツールのナノ抗体!アルパカ由来のVHH抗体(Nanobody®)製品 ◇◆

ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

◆◇【アプリケーションノート公開中】実績急上昇!FlexAble抗体標識キット ◇◆

FlexAble(フレクサブル)抗体標識キット

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

オウンドメディア

※当社のWEBサイトはユーザーの利便性を最適にし、それを保証するためにクッキーを使用しています。
 このWEBサイトの利用を継続することで、クッキーの使用に同意することになります。

© COSMO BIO