商品情報

記事ID : 41954
研究用

アルパカ由来ナノボディベースの試薬を販売ChromoTek(クロモテック)VHH抗体・関連製品

このエントリーをはてなブックマークに追加

旧ChromoTek (クロモテック、ドイツ)社は、Nanobody®(ナノボディ)としても知られる、アルパカ由来のVHH抗体製品を主に販売しています。本稿では、VHH抗体の利点や発見の歴史について解説します。

ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

背景

■ VHH抗体とは?

VHH抗体(Variable domain of Heavy chain of Heavy chain antibody)は、Nanobody® としても知られるラクダ科動物の「重鎖抗体(Heavy chain antibody、Heavy chain-only antibody)」に由来する抗原結合ドメイン(可変領域、Variable domain)です。一般的な抗体と比べて、10分の1程度とサイズが小さく、高い特異性と親和性を示すことで知られます。

図1. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図1. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図2. 従来の1/10ほどの分子量
図2. 従来の1/10ほどの分子量
 

■ VHH抗体の発見

単一抗原認識ドメインを持つ、軽鎖のない新しい抗体クラスは、1980年代後半に、ブリュッセル自由大学の科学者によって偶然発見されました。大学での実習中、生物学専攻学生Raymond HamersとCecile Castermanの2人が、たまたま実験室の冷凍庫にヒトコブラクダの凍結血清が数リットルあるのを発見し、この珍しい検体の抗体分離に意欲的に取り組んだことが始まりでした。その後、彼らは、免疫グロブリンの通常分布に加え、科学的に既知なものと一切一致しない小さな抗体群を発見しました。彼らは、その画分が単に「真」の抗体が劣化した抗体群であるとは考えず、さらに詳細に特性評価を始めました。そして遂に、単一抗原認識ドメインを持つ、軽鎖のない新しい抗体クラスを発見したのです(PMID:8502296 外部リンク)。これらの抗体は後に、典型的な実験動物ではないラマ、アルパカを含む様々なラクダ科の種でも発見されました。(この発見物語についての詳細は、マイケル・グロス著『鳥と蜂とカモノハシ』(本邦未訳:Michael Gross著『The birds, the Bees and the Platypuses』)をお読みください。)

■ Proteintech Group(プロテインテック)とは?

Proteintech Group, Inc.(プロテインテック)社は、2001年に設立された抗体製造メーカーです。現在までに、米国本社の他、英国、中国、ドイツ、フランス、シンガポール等で支社を展開し、各国で様々なマーカー抗体、タンパク質研究用試薬を供給しています。国内におけるテクニカルサポート等は、2016年より株式会社プロテインテック・ジャパン(www.ptglab.co.jp 外部リンク)が担当しています。

  • 全てオリジナル商品:自社ラボで製造、検証済み(購入後1年間の交換保証付き)
  • 数多くの評判:国内・海外における累計50,000報以上の論文使用実績(2021年7月現在)
  • 迅速な納期:約12,000品目を当社倉庫に国内在庫!

プロテインテックグループにChromoTek(クロモテック)が加わりました!

主に『アルパカ抗体(組換えVHH)』の製造を行う旧ChromoTek (クロモテック、ドイツ)社は、2020年10月よりProteintech Group(プロテインテック 、米国)ブランドの一部になりました。緑色蛍光タンパク質(GFP)の免疫沈降(IP)実験で1,700報以上の文献実績を有する GFP-Trap® をはじめ、アルパカ由来の組換えVHH抗体は、高い親和性、特異性、および安定性を発揮します。

旧ChromoTek社製品はプロテインテックがお届けします
旧ChromoTek社製品の価格は、プロテインテック社ホームページ(https://www.ptglab.co.jp/products/chromotek-nanobody-based-reagents/ 外部リンク)をご覧ください。

特長

■ VHH抗体の特長

このラクダ科の動物の抗体は、その構造(重鎖のみで構成され、軽鎖がない)に基づいて、重鎖抗体(HCAb:Heavy chain-only antibody)と命名されています。HCAbは、病理学的症例を除き、他の哺乳類には見られません。1995年、Greenbergらが、コモリザメで類似したHCAbを発見しましたが、進化論的分析により、ラクダ科の動物とサメのHCAbの進化は独立的であることが示されました(Greenbergら、1995年、PMID:7877689 外部リンク)。そして、2011年、Flajnikらは、これらの小さな単一ドメイン抗原結合断片は、比較的大きな従来型抗体と異なり、他の方法ではアクセス不可能なエピトープ(酵素の触媒中心など)の標的化を可能にすると記載しています(Flajnikら、2011年、PMID:21829328 外部リンク)。 重鎖抗体の断片抗原結合(Fab)部分は、軽鎖が存在しないため、単一ドメインに縮小しています。したがって、重鎖抗体(HCAb)は、単一ドメイン抗体(sdAb)クラスに属します。この単一ドメインは、VHHドメイン重鎖抗体の可変ドメイン)またはNanobody®(ナノボディ)と呼ばれています。VHHドメインは、完全な抗原結合部位を含み、最小(約15kDa、従来型抗体のわずか10分の1の大きさ)の機能的抗原結合断片です。

■ VHH抗体の利点

VHH抗体の利点は、細菌中で容易に選択、生産することができるため、事実上、一貫した品質で無制限の供給を確保することです。また、VHH抗体は、従来型の抗体とは対照的に並外れた安定性も備えており、温度、カオトロピック剤、界面活性剤、グリセロール、塩、還元、pHの極端な条件にも耐えることができます。ChromoTekは、自社製単一ドメイン抗体断片由来製品の機能と構造を徹底して特性評価し、個々のVHHの適用と化学的および熱安定性を判定しています。さらに、製造から5年以上経過した一部のVHH抗体を検証したところ、未だ機能性が損なわれておらず、活性もほとんどまたは全く失われていないことが分かりました。

VHH抗体製品一覧

Nano-Trap
(ナノトラップ)

NanoTrap
ビーズ標識VHH抗体
(GFP等の免疫沈降に!)

Nano-Booster/Nano-Label
(ナノブースター&ナノラベル)

NanoBooster/NanoLabel
蛍光標識VHH抗体
(GFP等の免疫蛍光染色に!)

Nano-Secondary®
(ナノセカンダリー)

NanoSecondary
蛍光標識VHHナノ二次抗体
(各種IgGの免疫蛍光染色に!)
 

Nano-CaptureLigand™
(ナノキャプチャーリガンド)

Nano-CaptureLigand
ビオチン標識VHH抗体
(バイオセンサーやELISA開発に!)

Nano-Cap™
(ナノキャップ)

Chromobody
タンパク質精製用アガロースVHH
(Spot-tag精製用Spot-Cap販売中!)

Chromobody®
(クロモボディ)

Chromobody
蛍光タンパク-VHH抗体発現プラスミド
(アクチン等を生細胞イメージング!)
 

Nanobody/VHH
(未標識VHH抗体)

Nanobody/VHH
未標識VHH抗体
(任意のNHS活性化蛍光色素で標識!)

Spot-Tag®
(スポットタグ)

Chromobody
標識用エピトープタグ
(各種VHH抗体やベクターを販売!)
 

VHH-IgG 抗体製品

便利になって新登場!ウサギ/マウスIgG融合VHH

ウサギIgGまたはマウスIgG1融合VHH抗体」です。VHHと従来型抗体の利点を併せ持つキメラ抗体であり、通常の二次抗体で検出できて便利な製品です。

VHH以外の抗体製品

タグ/蛍光タンパク質抗体

VHH以外の抗体製品
未標識モノクローナル抗体
(タグや蛍光タンパク質の検出に!)
 

◆◇ 国内在庫あります!最短翌日お届け、一次抗体通常サイズ ◇◆

◆◇ お求めやすい\29,000!タグ抗体・コントロール抗体 ◇◆

◆◇ 優れた活性・安定性のリコンビナントタンパク質 Humankine® ◇◆

 Humankine リコンビナントタンパク質

◆◇ 毒劇物非該当・冷蔵保管もできて便利!扱いやすいELISAキット ◇◆

Proteintech(プロテインテック)のELISAキット

◆◇ 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)研究用試薬を幅広くラインアップ ◇◆

◆◇ アルパカVHH抗体!ChromoTek(クロモテック)製品開始 ◇◆

ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「ChromoTek(クロモテック)VHH抗体・関連製品」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO