商品情報

記事ID : 42752
研究用

お手持ちの二次抗体で検出可能!高い特異性・親和性のアルパカ由来VHH-IgG 融合キメラ抗体GFP リコンビナント抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

GFPリコンビナント抗体(anti GFP recombinant antibody)は、緑色蛍光タンパク質(GFP:Green Fluorescent Protein)を検出するモノクローナル抗体です。

本製品は「VHH-IgG 融合キメラ抗体」として発現された組換えモノクローナル抗体です。アルパカ(Alpaca)を宿主動物(免疫動物)として作製・取得された単一クローン由来の「抗GFPモノクローナルVHH抗体」の発現ドメインにウサギ/マウスIgG由来Fcドメイン(ウサギIgGまたはマウスIgG1)が融合されています。Nanobody® としても知られるVHHの高い特異性と親和性を利用できる共に、通常市販されている二次抗体で検出できます。

国内在庫あり ワークする抗体 交換保証(購入後1年間)

[タグ抗体]HisタグやDDDDKタグ融合タンパク質の検出に!
[コントロール抗体]Beta ActinやGAPDHのルーチン実験に!
[二次抗体]29品目のベーシックな二次抗体、プロテインA、ストレプトアビジン

背景

■ VHH抗体とは?

VHH抗体は、Nanobody® としても知られるラクダ科動物の「重鎖抗体(Heavy chain-only antibody)」由来の抗原結合ドメインです。一般的な抗体と比べて、10分の1程度とサイズが小さく、高い特異性と親和性を示すことで知られます。

図. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図. 従来の1/10ほどの分子量
図. 従来の1/10ほどの分子量
 

■ VHH-IgG 融合キメラ抗体(リコンビナント抗体)とは?

「VHH-IgG 融合キメラ抗体」は、VHH抗体の利点と従来型抗体の利点を組み合わせた「IgG Fcドメイン融合組換えモノクローナル抗体」です。

アルパカ(Alpaca)を宿主動物(免疫動物)として作製・取得された単一クローン由来の「VHH抗体」ドメインにウサギまたはマウスIgG由来Fcドメイン(ウサギIgGまたはマウスIgG1)が融合された発現ベクターの遺伝子導入によって、組換体(リコンビナント)として産生されます。VHHの高い特異性と親和性を利用できる共に、通常市販されている二次抗体で検出できます。さらに、VHH-IgG 融合キメラ抗体は、二価であるため、そのアビディティ(Avidity:2つ以上または複数の抗原結合部位が標的抗原エピトープと同時に相互作用することによって生じる累積結合強度または機能的親和性)によって、由来とするVHH抗体よりもさらに高い結合力を示します。

本製品は、旧クロモテック社(ドイツ、2020年10月よりプロテインテックグループ)とAbsolute Antibody社(イギリス)の共同開発製品です。

図. Ig Fc融合キメラ抗体を含むリコンビナント抗体の種類
図. Ig Fc融合キメラ抗体を含むリコンビナント抗体の種類

■ VHH-IgG 融合キメラ抗体の特長

  • 高い評判の「クロモテックのVHH抗体」をウサギIgGまたはマウスIgG1 Fcドメインに融合
  • 二価構造による高いアビディティ(結合力/機能的親和性)と優れたシグナル増幅効果
  • 組換え抗体として発現されるため、安定供給可能・高いロット一貫性を提供可能
  • 市販されている通常の「二次抗体」の他、クロモテックの蛍光標識ナノ二次抗体「Nano-Secondary®(ナノセカンダリー)」を検出試薬として利用可能

■ Proteintech Group(プロテインテック)とは?

Proteintech Group, Inc.(プロテインテック)社は、2001年に設立された抗体製造メーカーです。現在までに、米国本社の他、英国、中国、ドイツ、フランス、シンガポール等で支社を展開し、各国で様々なマーカー抗体、タンパク質研究用試薬を供給しています。国内におけるテクニカルサポート等は、2016年より株式会社プロテインテック・ジャパン(www.ptglab.co.jp 外部リンク)が担当しています。

  • 全てオリジナル商品:自社ラボで製造、検証済み(購入後1年間の交換保証付き)
  • 数多くの評判:国内・海外における累計50,000報以上の論文使用実績(2021年7月現在)
  • 迅速な納期:約12,000品目を当社倉庫に国内在庫!

プロテインテックグループにChromoTek(クロモテック)が加わりました!

主に『アルパカ抗体(組換えVHH)』の製造を行う旧ChromoTek (クロモテック、ドイツ)社は、2020年10月よりProteintech Group(プロテインテック 、米国)ブランドの一部になりました。緑色蛍光タンパク質(GFP)の免疫沈降(IP)実験で1,700報以上の文献実績を有する GFP-Trap® をはじめ、アルパカ由来の組換えVHH抗体は、高い親和性、特異性、および安定性を発揮します。

旧ChromoTek社製品はプロテインテックがお届けします
旧ChromoTek社製品の価格は、プロテインテック社ホームページ(https://www.ptglab.co.jp/products/chromotek-nanobody-based-reagents/ 外部リンク)をご覧ください。

特長

■ ウサギIgG Fc融合モノクローナル抗体
商品名GFP recombinant 抗体
(Anti GFP recombinant antibody,VHH-rabbit IgG Fc fusion)
品番gfrb-20/-100 外部リンク
タイプウサギIgG Fc融合モノクローナル
交差種recombinant protein
アプリケーションIF(免疫蛍光染色)
標識非標識
別名GFP, GFP tag, GFP-tag
クローン番号CTK0201
抗原-
アイソタイプIgG
バッファーPBS, 10% glycerol, Preservative: 0.02 % sodium azide
精製方法Recombinantly expressed and purified by IMAC
KD/KO 検証-
保存方法商品到着後は、-20℃で保管してください。
■ マウスIgG1 Fc融合モノクローナル抗体
商品名GFP recombinant 抗体
(Anti GFP recombinant antibody,VHH-mouse IgG1 Fc fusion)
品番gfms-20/-100 外部リンク
タイプマウスIgG1 Fc融合モノクローナル
交差種recombinant protein
アプリケーションIF(免疫蛍光染色)
標識非標識
別名GFP, GFP tag, GFP-tag
クローン番号CTK0201
抗原-
アイソタイプIgG1
バッファーPBS, 10% glycerol, Preservative: 0.02 % sodium azide
精製方法Recombinantly expressed and purified by IMAC
KD/KO 検証-
保存方法商品到着後は、-20℃で保管してください。

使用例

■ GFP VHH-ウサギIgG Fc融合モノクローナル抗体(品番:gfrb-20/-10)

HeLa cells transiently expressing Mannosidase II-EGFP were immunostained with GFP recombinant antibody, VHH-rabbit IgG Fc fusion [CTK0201] (gfrb-20, 1:1,000) and Nano-Secondary® alpaca anti-human IgG/anti-rabbit IgG, recombinant VHH, Alexa Fluor® 647 [CTK0101, CTK0102] (srbAF647-1, 1:1,000). Scale bar, 10 µM.
図1
HeLa cells transiently expressing Mannosidase II-EGFP were immunostained with GFP recombinant antibody, VHH-rabbit IgG Fc fusion [CTK0201] (gfrb-20, 1:1,000) and Nano-Secondary® alpaca anti-human IgG/anti-rabbit IgG, recombinant VHH, Alexa Fluor® 647 [CTK0101, CTK0102] (srbAF647-1, 1:1,000). Scale bar, 10 µM.

■ GFP VHH-マウスIgG1 Fc融合モノクローナル抗体(品番:gfms-20/-10)

HeLa cells transiently expressing Mannosidase II-EGFP were immunostained with GFP recombinant antibody, VHH-mouse IgG1 Fc fusion [CTK0201] (gfms, 1:2,000) and Nano-Secondary® alpaca anti-mouse IgG1, recombinant VHH, Alexa Fluor® 647 [CTK0103, CTK0104] (sms1AF647-1, 1:500). Scale bar, 10 µM.
図1
HeLa cells transiently expressing Mannosidase II-EGFP were immunostained with GFP recombinant antibody, VHH-mouse IgG1 Fc fusion [CTK0201] (gfms, 1:2,000) and Nano-Secondary® alpaca anti-mouse IgG1, recombinant VHH, Alexa Fluor® 647 [CTK0103, CTK0104] (sms1AF647-1, 1:500). Scale bar, 10 µM.

GFP リコンビナント抗体

■ ウサギIgG Fc融合モノクローナル抗体(100 UL包装は国内在庫あり※

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti GFP, Alpaca VHH-rabbit IgG Fc fusion, Recombinant Antibody,  (Rabbit) Unlabeled, CTK0201 詳細データ PGI GFRB-20 20 UL
¥23,000
Anti GFP, Alpaca VHH-rabbit IgG Fc fusion, Recombinant Antibody,  (Rabbit) Unlabeled, CTK0201 詳細データ PGI GFRB-100 100 UL
¥74,000

※ 国内在庫[あり/なし]の最新状況は、↑  品名  クリック先ページ  当社在庫  の表示をご確認ください。タイミングによって[入荷予定あり/当社在庫なし]の場合があります。

■ マウスIgG1 Fc融合モノクローナル抗体(100 UL包装は国内在庫あり※

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti GFP, Alpaca VHH-mouse IgG1 Fc fusion, Recombinant Antibody,  (Mouse) Unlabeled, CTK0201 詳細データ PGI GFMS-20 20 UL
¥23,000
Anti GFP, Alpaca VHH-mouse IgG1 Fc fusion, Recombinant Antibody,  (Mouse) Unlabeled, CTK0201 詳細データ PGI GFMS-100 100 UL
¥74,000

※ 国内在庫[あり/なし]の最新状況は、↑  品名  クリック先ページ  当社在庫  の表示をご確認ください。タイミングによって[入荷予定あり/当社在庫なし]の場合があります。

[関連]EGFP リコンビナントタンパク質

■ 組換えタンパク質(各アプリケーションのコントロール等に使用できます。)

  • 免疫沈降(IP):25μLのGFP-Trap®あたり約5µg
  • SDS-PAGE:1レーンあたり約1µg
  • ウェスタンブロット(WB):1レーンあたり約25ng-100ng
  • ELISA:96ウェルプレートのウェルあたり約1ng-50ng コーティング
  • その他用途:蛍光標準およびキャリブレーション用
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Enhanced Green Fluorescent Protein EGFP, purified protein詳細データ PGI EGFP-250 250 UG
[1mg/ml]
¥54,000

[関連]GFP 抗体(主にWBやIF染色に!非標識製品)

[関連]GFP-Trap®(免疫沈降に最適!担体結合GFP抗体)

[関連]GFP-Booster®(細胞染色用/シグナル増幅に!蛍光標識GFP抗体)

[関連]ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

◆◇ 国内在庫あります!最短翌日お届け、一次抗体通常サイズ ◇◆

◆◇ お求めやすい\29,000!タグ抗体・コントロール抗体 ◇◆

◆◇ 優れた活性・安定性のリコンビナントタンパク質 Humankine® ◇◆

 Humankine リコンビナントタンパク質

◆◇ 毒劇物非該当・冷蔵保管もできて便利!扱いやすいELISAキット ◇◆

Proteintech(プロテインテック)のELISAキット

◆◇ 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)研究用試薬を幅広くラインアップ ◇◆

◆◇ アルパカVHH抗体!ChromoTek(クロモテック)製品開始 ◇◆

ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


© COSMO BIO