商品情報

記事ID : 41833
研究用

シグナル増幅に!免疫細胞染色に最適、Nano-Booster シリーズ GFP-Booster®(蛍光標識GFP抗体)

このエントリーをはてなブックマークに追加

GFP-Booster®(GFPブースター®)は、GFPタンパク質の免疫蛍光染色(IF:Immunofluorescence)実験に最適な蛍光色素標識済みのアルパカ由来GFP抗体です。

蛍光色素には、アルパカ(Alpaca)を宿主動物(免疫動物)として作製された「抗GFP組換えモノクローナルVHH抗体」が結合しています。VHH抗体は、Nanobody® としても知られるラクダ科動物の「重鎖抗体(Heavy chain-only antibody)」由来の抗原結合ドメインであり、高い特異性と親和性を示します。VHH抗体は、一般的の抗体よりもサイズが小さく浸透性が高いため、細胞染色に最適です。

高浸透性&高親和性アルパカ組換えVHH免疫蛍光染色(IF)に最適

背景

■ VHH抗体とは?

VHH抗体は、Nanobody® としても知られるラクダ科動物の「重鎖抗体(Heavy chain-only antibody)」由来の抗原結合ドメインです。一般的な抗体と比べて、10分の1程度とサイズが小さく、高い特異性と親和性を示すことで知られます。

図. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図. 従来の1/10ほどの分子量
図. 従来の1/10ほどの分子量
 

■ NanoBooster®/NanoLabel®とは?

Nano-Booster(ナノブースター)およびNano-Label(ナノラベル)は、蛍光タンパク質や細胞内タンパク質を標識する蛍光プローブです。蛍光色素(Alexa Fluor®またはAtto色素)に共有結合したVHH抗体で構成されます。抗体サイズが小さいため、高浸透性かつ高解像なイメージングに寄与し、免疫蛍光染色(IF)を中心としたアプリケーションに利用できます。

  • IF(免疫蛍光染色)/ ICC(免疫細胞化学)
  • IHC(免疫組織化学)
  • 超解像顕微鏡観察(SRM:Super-resolution microscopy)
図. Nano-Boosterの概要。GFP/RFP融合タンパク質の蛍光シグナルは、細胞固定後に減少します。GFP/RFP-Booster®は、蛍光シグナルの増幅に利用できます
図. Nano-Boosterの概要。
GFP/RFP融合タンパク質の蛍光シグナルは、細胞固定後に減少します。蛍光シグナルの増幅にGFP/RFP-Booster®を利用できます。

■ Proteintech Group(プロテインテック)とは?

Proteintech Group, Inc.(プロテインテック)社は、2001年に設立された抗体製造メーカーです。現在までに、米国本社の他、英国、中国、ドイツ、フランス、シンガポール等で支社を展開し、各国で様々なマーカー抗体、タンパク質研究用試薬を供給しています。国内におけるテクニカルサポート等は、2016年より株式会社プロテインテック・ジャパン(www.ptglab.co.jp 外部リンク)が担当しています。

  • 全てオリジナル商品:自社ラボで製造、検証済み(購入後1年間の交換保証付き)
  • 数多くの評判:国内・海外における累計70,500報以上の論文使用実績(2022年7月現在)
  • 迅速な納期:約12,500品目を当社倉庫に国内在庫!

プロテインテックグループにChromoTek®(クロモテック)が加わりました!

旧ChromoTek社製品はプロテインテックがお届けします

主に『アルパカ抗体(組換えVHH)』の製造を行う旧ChromoTek®(クロモテック、ドイツ)社(www.chromotek.com 外部リンク)は、2020年10月よりProteintech Group(プロテインテック 、米国)ブランドの一部になりました。緑色蛍光タンパク質(GFP)の免疫沈降(IP)実験で3,170報以上の文献実績を有する GFP-Trap® をはじめ、アルパカ由来の組換えVHH抗体は、高い親和性、特異性、および安定性を発揮します。

商品価格改定(値上げ)に関するお知らせ

Proteintech Group(メーカー略号:PGI)社の商品につきまして、2022年8月1日(月)弊社受注分より、希望販売価格を改定致します。詳細に関しましては、以下のご案内をご参照ください。何卒事情をご賢察の上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

特長

■ GFP-Booster®(蛍光標識GFP抗体)
商品名GFP-Booster®(GFPブースター®)
(Nano-Booster alpaca anti-GFP, recombinant VHH, coupled to Alexa Fluor® 488, Alexa Fluor® 568, Alexa Fluor® 647, ATTO488, ATTO594, ATTO647N)
(蛍光標識アルパカ由来抗GFPナノ抗体)
品番gb2AF488-10/-50, gb2AF568-10/-50, gb2AF647-10/-50, gba488-10/-100, gba594-10/-100, gba647n-10/-100 外部リンク
免疫原GFP
交差種-
特異性
AcGFP, Citrine, CFP, eGFP, eYFP, GFP S65T,pHluorin, sfGFP, mClover (Clover A206K),TagGFP, tagGFP2, Venus, wtGFP, YFP
アプリケーションIF(免疫蛍光染色)、ICC(免疫細胞化学)、IHC(免疫組織化学)
標識Alexa Fluor® 488, Alexa Fluor® 568, Alexa Fluor® 647, ATTO488, ATTO594, ATTO647N
宿主動物/免疫動物アルパカ(組換えモノクローナルVHH抗体)
クローン番号-
抗体タイプアルパカ由来シングルドメイン一価抗体
(Alpaca single domain antibodies, monovalent)
検証済みサンプルValidated in cell culture & cell lines, tissue sections, yeast, fly,zebrafish, mouse, in germline of Caenorhabditis elegans, in Drosophila melanogaster embryos and cleared whole mouse. Fixed cultured cells: formaldehyde, methanol or glutaraldehyde fixation Tissue sections: cryosections, FFPE paraffin sections Whole specimen: cleared mouse
適合顕微鏡例Wide-field epifluorescence microscopy; confocal microscopy; super-resolution microscopy e.g. 3D-SIM, PALM, STED, STORM; light-sheet microscopy
抗体親和性(KD値)Dissociation constant KD of 1 pM, detected using switchSENSE® technology from Dynamic Biosensors
フォーマット液体
容量10µL/50µL(for Alexa Fluor), 10µL/100µL(for Atto)
(Because of the small size of the VHH these volumes correspond to about 10 times the volume of conventional IgG antibodies.)
タンパク質濃度0.5 - 1 mg/mL (conjugates)
参考希釈倍率IF/ICC/IHC: 1:200 Optimal working concentration is application-dependent and should be determined by testing a range of dilutions from 1:50 to 1:1,600
別名Recombinant, monoclonal anti-Green Fluorescent Protein (GFP) single domain antibody (sdAb) fragment
バッファー・保存剤Purified recombinant protein in PBS supplemented with preservative 0.09 % sodium azide
保存方法
  • ATTO蛍光色素標識抗体は4℃、Alexa Fluor蛍光色素標識抗体は-20℃で遮光して保管してください。
  • ATTO蛍光色素標識抗体は凍結しないよう注意してください。

その他

■ アルパカ由来GFP抗体の高い親和性

アルパカ由来の組換えVHH抗体は、高い親和性、特異性、安定性を発揮します。実績多数のGFP-Trap®(IP用)やGFP-Booster®(IF用)に使用されているVHH抗体は、ピコモラー(pM)レベルのKD値であり、特に高い親和性を示します。

図. 抗GFP抗体(アルパカ由来VHH抗体)の解離定数(KD)[Molar]
図. 抗GFP抗体(アルパカ由来VHH抗体)の解離定数(KD)[Molar]

■ GFP-Booster® アプリケーション参考資料

よくある質問 FAQ

【01】超解像顕微鏡法に使用できますか?

はい、Nano-BoosterおよびNano-Labelは超解像顕微鏡法に最適です。小サイズ(2~3 nm)であるため、結合誤差が最小限に抑えられ、従来の抗体(直線寸法:15 nm)よりも正確で高密度の染色が可能です。Nano-BoosterまたはNano-Labelの蛍光色素の選択は、顕微鏡のセットアップとレーザーによって異なります。以下をおすすめします。

  • STED:ATTO647N、Abberior STAR 635P
  • STORM:Alexa Fluor® 647、ATTO488
  • SIM:ATTO488/594

【02】生細胞イメージングに使用できますか?

はい、細胞表面に融合タンパク質が発現している場合に使用可能です。
Nano-BoosterとNano-Labelはタンパク質であり、透過処理されていない細胞膜は透過しません。したがって、融合タンパク質が細胞内にある場合は、エレクトロポレーション等のタンパク質導入法やタンパク質導入試薬の使用が必要です。旧クロモテック社の経験上、最も効率的な方法はマイクロインジェクション法です。

【03】2つ以上のターゲットを同時染色できますか?

はい、Nano-BoosterまたはNano-Labelを2つ以上組み合わせて使用できます。
例えば、通常1:200希釈でNano-Boosterを使用する場合、200 µLのブロッキング溶液に、ATTO488標識GFPモノクローナル抗体(品番:gba488-10/-100)とATTO594標識RFPモノクローナル抗体(品番:rba594-10/-100)をそれぞれ1 µLずつ添加します。

【04】いくつの蛍光色素分子が結合していますか?

各Nano-BoosterまたはNano-Label分子は、平均して1~2個の蛍光色素分子を有します。Alexa Fluor®蛍光色素標識Nano-Boosterは、部位特異的方法によって、VHHあたり合計2つの蛍光色素が標識されています。Atto647N蛍光色素標識Nano-Boosterは、VHHあたり最大1つの蛍光色素がC末端に標識されています。

【05】GFP-BoosterとRFP-Boosterを組み合わせて2色超解像顕微鏡法に利用できますか?

はい、dual-color STORMによる使用報告があります[PMID: 25099357 外部リンク25806422 外部リンク]。

【06】メタノール固定サンプルで使用できますか?

はい、Nano-Boosterを用いた染色は、一般的なパラホルムアルデヒド(PFA)、グルタルアルデヒド、メタノール固定後も良好に機能します[PMID: 26068895 外部リンク22543348 外部リンク]。

【07】細胞外融合タンパク質の生細胞染色プロトコールを教えてください。

増殖培地中で1:25希釈のNano-Booster/Nano-Labelを細胞と4℃、15分間インキュベートして、洗浄後、画像化します。

【08】生細胞の細胞膜を透過しますか?

いいえ、透過処理されていない細胞膜は透過しません。

【09】他の蛍光色素に結合させることは可能ですか?

はい、未標識VHH抗体(抗GFP組換えVHH/品番:gt-250、抗RFP組換えVHH/品番:rt-250、抗Spot-tag組換えVHH/品番:etb-250)を利用できます。NHS活性化蛍光色素を選択して、色素メーカーのマニュアルに従って標識してください。
(注:抗Spot-tag組換えVHHは、C末端にSortase-tag(sortase認識モチーフ:LPETG)が付加されており、標識に使用できます。)

【10】酵母サンプルの免疫蛍光染色(IF)に使用できますか?

はい、Nano-BoosterまたはNano-Labelは小サイズであるため、酵母の細胞壁に浸透しやすく、従来型抗体(IgG)を利用した場合よりも容易です。Nano-Booster(GFP VHH)を用いて最適化された酵母染色プロトコールは文献を参照してください[PMID: 26068895 外部リンク]。

使用例

■ GFP-Booster®(蛍光標識GFP抗体)

STED microscopy of Vimentin filaments. Vero cells expressing Vimentine-Citrine were immunostained with GFP-Booster (image kindly provided by F. Winter, dept. NanoBiophotonics, MPI-bpc, Goettingen).
図1
STED microscopy of Vimentin filaments. Vero cells expressing Vimentine-Citrine were immunostained with GFP-Booster (image kindly provided by F. Winter, dept. NanoBiophotonics, MPI-bpc, Goettingen).
Confocal image of HeLa cells transiently transfected with Tom70-eGFP and immunostained with GFP-Booster Alexa Fluor 488 (green). Nuclei were stained with DAPI (blue). Scale bar, 10 µm. Images were recorded at the Core Facility Bioimaging at the Biomedical Center, LMU Munich
図2
Confocal image of HeLa cells transiently transfected with Tom70-eGFP and immunostained with GFP-Booster Alexa Fluor 488 (green). Nuclei were stained with DAPI (blue). Scale bar, 10 µm. Images were recorded at the Core Facility Bioimaging at the Biomedical Center, LMU Munich
 
Tissue penetration rate: The comparison of conventional anti-GFP antibody and GFP-Booster shows the superior tissue penetration rate of GFP-Booster. Fluorescent images of transgenic mouse tissue expressing Cx3Cr1-EGFP. EGFP signal was enhanced either with conventional anti-GFP antibody (top image) or with the GFP-Booster (bottom image).
図3
Tissue penetration rate: The comparison of conventional anti-GFP antibody and GFP-Booster shows the superior tissue penetration rate of GFP-Booster. Fluorescent images of transgenic mouse tissue expressing Cx3Cr1-EGFP. EGFP signal was enhanced either with conventional anti-GFP antibody (top image) or with the GFP-Booster (bottom image).
Confocal images of HeLa cells transiently transfected with MannosidaseII-GFP (green) and immunostained with GFP-Booster Alexa Fluor 568 (red). Nuclei were stained with DAPI (blue). Scale bar, 10 µm. Images were recorded at the Core Facility Bioimaging at the Biomedical Center, LMU Munich.
図4
Confocal images of HeLa cells transiently transfected with MannosidaseII-GFP (green) and immunostained with GFP-Booster Alexa Fluor 568 (red). Nuclei were stained with DAPI (blue). Scale bar, 10 µm. Images were recorded at the Core Facility Bioimaging at the Biomedical Center, LMU Munich.
 
Immunostaining of Tubulin-GFP: HeLa cells low expressing Tubulin-GFP. Top: GFP signal of Tubulin-GFP (green) and DAPI stain (blue); Bottom: Tubulin-GFP detection by GFP-Booster coupled to Alexa Fluor 647
図5
Immunostaining of Tubulin-GFP: HeLa cells low expressing Tubulin-GFP. Top: GFP signal of Tubulin-GFP (green) and DAPI stain (blue); Bottom: Tubulin-GFP detection by GFP-Booster coupled to Alexa Fluor 647
Central nervous system of a 3-day-old Drosophila larvae. GFP-Booster was used to enhance the signal of dopamine neurons expressing GFP. (Image kindly provided by Kayvan Forouhesh Tehrani, the Kner Lab, University of Georgia; the Drosophila sample was supplied by the Shen lab, University of Georgia, Athens.)
図6
Central nervous system of a 3-day-old Drosophila larvae. GFP-Booster was used to enhance the signal of dopamine neurons expressing GFP. (Image kindly provided by Kayvan Forouhesh Tehrani, the Kner Lab, University of Georgia; the Drosophila sample was supplied by the Shen lab, University of Georgia, Athens.)
 
Enhancement of GFP signal with GFP-Booster Atto488: Comparison of signal intensity of a cell line stably expressing a nuclear GFP-fusion protein before and after GFP-Booster treatment.
図7
Enhancement of GFP signal with GFP-Booster Atto488: Comparison of signal intensity of a cell line stably expressing a nuclear GFP-fusion protein before and after GFP-Booster treatment.
 

GFP-Booster®(蛍光標識GFP抗体)

• Alexa Fluor® 488標識モノクローナル抗体(組換えVHH抗体)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) Alexa FluorTM 488詳細データ PGI GB2AF488-10 10 UL
¥44,000
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) Alexa FluorTM 488詳細データ PGI GB2AF488-50 50 UL
¥93,000

• Alexa Fluor® 568標識モノクローナル抗体(組換えVHH抗体)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) Alexa FluorTM 568詳細データ PGI GB2AF568-10 10 UL
¥44,000
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) Alexa FluorTM 568詳細データ PGI GB2AF568-50 50 UL
¥93,000

• Alexa Fluor® 647標識モノクローナル抗体(組換えVHH抗体)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) Alexa FluorTM 647詳細データ PGI GB2AF647-10 10 UL
¥44,000
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) Alexa FluorTM 647詳細データ PGI GB2AF647-50 50 UL
¥93,000

• ATTO488標識モノクローナル抗体(組換えVHH抗体)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) ATTO 488詳細データ PGI GBA488-10 10 UL
¥25,000
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) ATTO 488詳細データ PGI GBA488-100 100 UL
¥85,000

• ATTO594標識モノクローナル抗体(組換えVHH抗体)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) ATTO 594詳細データ PGI GBA594-10 10 UL
¥25,000
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) ATTO 594詳細データ PGI GBA594-100 100 UL
¥85,000

• ATTO647N標識モノクローナル抗体(組換えVHH抗体)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) ATTO 647N詳細データ PGI GBA647N-10 10 UL
¥28,000
Anti GFP, GFP-Booster, recombinant VHH (Alpaca) ATTO 647N詳細データ PGI GBA647N-100 100 UL
¥93,000

[関連]EGFP リコンビナントタンパク質

■ 組換えタンパク質(各アプリケーションのコントロール等に使用できます。)

  • 免疫沈降(IP):25μLのGFP-Trap®あたり約5µg
  • SDS-PAGE:1レーンあたり約1µg
  • ウェスタンブロット(WB):1レーンあたり約25ng-100ng
  • ELISA:96ウェルプレートのウェルあたり約1ng-50ng コーティング
  • その他用途:蛍光標準およびキャリブレーション用
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Enhanced Green Fluorescent Protein EGFP, purified protein詳細データ PGI EGFP-250 250 UG
[1mg/ml]
¥67,000

[関連]GFP 抗体(主にWBやIF染色に!非標識製品)

[関連]GFP-Trap®(免疫沈降に最適!担体結合GFP抗体)

[関連]NanoBooster®/NanoLabel®(ナノブースター&ナノラベル)一覧

◆◇ 国内在庫あります!最短翌日お届け、一次抗体通常サイズ ◇◆

プロテインテック社抗体全商品、国内在庫あります!

◆◇ 実績豊富&一律¥36,000!タグ抗体・コントロール抗体 ◇◆

◆◇ ヒト細胞由来リコンビナントタンパク質 HumanKine® ◇◆

 HumanKine リコンビナントタンパク質

◆◇ 毒劇物非該当、冷蔵保管もできて便利!ELISAキットシリーズ ◇◆

Proteintech(プロテインテック)のELISAキット

◆◇ アルパカVHHの実績増えてます!ChromoTek®(クロモテック)製品 ◇◆

ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

◆◇ 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)研究用試薬も好評販売中! ◇◆

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「GFP-Booster®(蛍光標識GFP抗体)」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO