商品情報

記事ID : 39406
研究用

免疫蛍光染色(IF)に最適!色素標識VHH抗体Nano-Booster®/Nano-Label®(ナノブースター&ナノラベル)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nano-Booster®(ナノブースター)またはNano-Label®(ナノラベル)は、免疫蛍光染色(IF:Immunofluorescence)実験に最適な蛍光色素標識済みのアルパカ由来のVHH抗体です。

高浸透性&高親和性アルパカ組換えVHH免疫蛍光染色(IF)に最適

背景

■ VHH抗体とは?

VHH抗体は、Nanobody® としても知られるラクダ科動物の「重鎖抗体(Heavy chain-only antibody)」由来の抗原結合ドメインです。一般的な抗体と比べて、10分の1程度とサイズが小さく、高い特異性と親和性を示すことで知られます。

図1. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図1. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図2. 従来の1/10ほどの分子量
図2. 従来の1/10ほどの分子量
 

■ Nano-Booster®/Nano-Label®とは?

Nano-Booster®(ナノブースター)およびNano-Label®(ナノラベル)は、蛍光タンパク質や細胞内タンパク質を標識する蛍光プローブです。蛍光色素(Alexa Fluor®またはAtto色素)に共有結合したVHH抗体で構成されます。

■ Nano-Booster®/Nano-Label®のアプリケーション

  • IF(免疫蛍光染色)/ ICC(免疫細胞化学)
  • IHC(免疫組織化学)
  • 超解像顕微鏡観察(SRM:Super-resolution microscopy)

■ Nano-Booster®/Nano-Label®の標的タンパク質

  • GFP-Booster®およびRFP-Booster®は、蛍光タンパク質のシグナルを増強します。
  • Histone-Label®およびVimentin-Label®は、ヒストンおよびビメンチンタンパク質を蛍光標識します。
  • Spot-Label®は、12アミノ酸からなるペプチドタグであるSpot-Tagを蛍光標識します。
図3. Nano-Booster®の概要。GFP/RFP融合タンパク質の蛍光シグナルは、細胞固定後に減少します。GFP/RFP-Booster®は、蛍光シグナルの増幅に利用できます
図3. Nano-Booster®の概要。GFP/RFP融合タンパク質の蛍光シグナルは、細胞固定後に減少します。GFP/RFP-Booster®は、蛍光シグナルの増幅に利用できます。
 

特長

  • 高い解像度、高い標識率
  • 高い浸透性、エピトープへの優れたアクセス性能
  • 小サイズ(2nm)であり、従来の抗体よりもエピトープの近位を蛍光標識
  • 蛍光シグナルの安定化、増強、再活性化
図4. Nano-Booster/Nano-Label(蛍光標識ナノ抗体)と一次抗体/二次抗体(一般的なIgG)複合体のサイズ比較
図4. Nano-Booster/Nano-Label(蛍光標識ナノ抗体)と一次抗体/二次抗体(一般的なIgG)複合体のサイズ比較
 

Nano-Booster®/Nano-Label® 製品一覧

[関連]ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

◆◇ 国内在庫あります!最短翌日お届け、一次抗体通常サイズ ◇◆

◆◇ お求めやすい\29,000!タグ抗体・コントロール抗体 ◇◆

◆◇ 優れた活性・安定性のリコンビナントタンパク質 Humankine® ◇◆

 Humankine リコンビナントタンパク質

◆◇ 毒劇物非該当・冷蔵保管が便利!扱いやすいELISAキット ◇◆

Proteintech(プロテインテック)のELISAキット

◆◇ 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)研究用試薬を幅広くラインアップ ◇◆

◆◇ アルパカVHH抗体!ChromoTek(クロモテック)製品開始 ◇◆

ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Nano-Booster®/Nano-Label®(ナノブースター&ナノラベル)」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO