サポート情報

技術情報

セルバイオラボ社 アデノウイルスによる遺伝子デリバリー

記事ID : 6960
研究用

3. アデノウイルスの定量


使用するキットおよび試薬

● QuickTiter™ Adenovirus Titer Immunoassay Kit(品番:VPK-109)

【構成内容】
1.Anti-Hexon Antibody
2.Secondary Antibody, HRP Conjugate
3.DAB Substrate
4.Diluent (10X)
5.Ad-β gal Positive Control

<< キットに含まれないもの>>
1.Recombinant adenovirus of interest
2.HEK 293 cells and cell culture growth medium
3.Methanol
4.1% BSA/PBS
5.H2O2
6.Light Microscope
7.(optional) β-Galactosidase Staining Kit (Cat.# AKR-100)

プロトコール

ご希望のウイルスを準備します。

免疫染色

1. プレートを傾け,プレートの縁から培地をアスピレートします。
0.5mLの冷メタノールをゆっくりと加え,感染させた293細胞を固定します。
-20℃で20分インキュベートします。

2. 固定した細胞を3回1xPBS,5分間洗浄します。

3. 1% BSA in PBS で室温で1時間ブロックします。(orbital shaker をご使用ください)

4. 0.25 mL のHexon 抗体をそれぞれのウェルに加え,室温で1時間インキュベートします(orbital shaker をご使用ください)。

5. 固定した細胞を3回1xPBS,5分間洗浄します。

6. 0.25 mL の希釈したHRP標識した二次抗体をそれぞれのウェルに加え,室温で1時間インキュベートします(orbital shaker をご使用ください)。

7. 固定した細胞を3回1xPBS,5分間洗浄します。

8. 0.25mLの1X DAB working solution をそれぞれのウェルに加え,室温で10分間インキュベートしますorbital shaker をご使用ください)。
※インキュベーション後5分以内にアデノウイルス感染細胞は濃茶色に染色されます。

9. DABをアスピレートし,1xPBSで二回洗浄します。

10.染色された細胞をカウントします。
※ 1ウェルあたり少なくとも5つのフィールドに分けてカウントしてください。

11.染色された細胞の平均をとり,ウイルスのタイターを計算します。(infectious units/mL).

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO