商品情報

内臓脂肪分化メディウムは、前駆脂肪細胞から脂肪細胞へと分化誘導できるように成分調整をおこなった血清入り培地です。
内臓脂肪分化メディウムver.1 は、内臓脂肪細胞(品番:VAC01C,VACH1C)用の専用培地です。

内臓脂肪分化メディウムver. 2 は、ラット以外にヒト内臓脂肪細胞にもご使用いただける培地です。

内臓脂肪分化メディウムver.2の特長

1.インスリンシグナルの解析に最適

内臓脂肪分化メディウムver.2は、内臓脂肪分化メディウムver.1と比べて生理的なインスリン濃度になっています。
さらに他のグロースホルモンも生理的な濃度になるように添加しているため、より生体内に近い環境になっています。

成分内容 内臓脂肪分化メディウム
ver.1
内臓脂肪分化メディウム
ver.2
強制分化剤 無添加 無添加
脂肪酸 添加 添加
血清 添加 添加
インスリン濃度 10,000 ng/mL 1 ng/mL
その他のグロースホルモン 無添加 添加(生理的濃度)

2.使用している脂肪細胞の分化効率に満足していますか?

内臓脂肪分化メディウムver.2で培養した脂肪前駆細胞は、高い分化効率になります。
使用する培地を代えることによって、今より脂肪細胞の分化効率が高まる可能性があります。

実験例

ヒト内臓脂肪細胞(SCR社 品番: 7210)を下記の条件下でメーカー推奨培地と内臓脂肪分化メディウムver.2で培養しました。

実験例

その結果、メーカー推奨培地では約10%の分化効率に対して、内臓脂肪分化メディウムver.2では約40%の分化効率まで高めることができました。

メーカー推奨培地で培養した ヒト内臓脂肪細胞
メーカー推奨培地で培養したヒト内臓脂肪細胞
内臓脂肪分化メディウムver.2で培養したヒト内臓脂肪細胞
内臓脂肪分化メディウムver.2で培養したヒト内臓脂肪細胞
 

(画像はクリックで拡大されます)

ヒト皮下脂肪細胞(SCR社 品番: 7220)でも同条件で培養をおこないました。
その結果、推奨培地では10%の分化効率に対して、内臓分化メディウムver.2では約50%の分化効率まで高めることができました。

メーカー推奨培地で培養したヒト皮下脂肪細胞
メーカー推奨培地で培養したヒト皮下脂肪細胞
内臓脂肪分化メディウムVer.2で培養したヒト皮下脂肪細胞
内臓脂肪分化メディウムVer.2で培養したヒト皮下脂肪細胞
オイルレッドO染色
オイルレッドO染色
 

(画像はクリックで拡大されます)

※ 実験の詳しいプロトコールはこちらをご覧下さい。

3.動物細胞にも利用可能

内臓脂肪分化メディウムver.2は、ラット・マウスなどの動物由来の脂肪細胞を培養することができます。

下図はそれぞれの脂肪前駆細胞を所定の培養条件※1 で培養させた細胞になります。

ラット内臓脂肪細胞
ラット内臓脂肪細胞
マウス精巣上体周囲脂肪細胞
マウス精巣上体周囲脂肪細胞
 

(画像はクリックで拡大されます)

※1 ラット・マウス由来の脂肪細胞は、内臓脂肪分化メディムver.2のみ(強制分化剤を未添加な状態)で脂肪分化します。

内臓脂肪分化メディウム

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
内臓脂肪分化メディウムVer.1 
Visceral Adipocyte Culture Midium Ver.1詳細データ
PMC VACMR 250 ML
¥27,500
内臓脂肪分化メディウムVer.2
Visceral Adipocyte Culture Medium Ver.2詳細データ
PMC VACM2 250 ML
¥36,500

本商品のご注文には、専用の申込みフォームが必要です。

コスメディウム

コスメディウムVAC SF-V1 およびVAC SF-V2 は、ラット内臓脂肪細胞用の低血清・無血清培地です。コスメディウム3T3-L1 は、株化細胞である3T3-L1 細胞用の無血清培地です。
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Cosmedium VAC SF-V1詳細データ CSR COS-PM01 250 ML
¥14,000
Cosmedium VAC SF-V2詳細データ CSR COS-PM02 250 ML
¥22,000
Cosmedium 3T3-L1詳細データ CSR COS-PM03 250 ML
¥19,000
Cosmedium 3T3-L1詳細データ CSR COS-PM03 500 ML
¥38,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO