商品情報

記事ID : 34357
研究用

ヒアルロン酸分解に関与し、癌進行への関連も示唆されている因子を検出KIAA1199 抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

KIAA1199 抗体(anti KIAA1199 antibody)は、KIAA1199 タンパク質を検出するウサギポリクローナル抗体です。

国内在庫ありKD/KO 検証済みワークする抗体

[タグ抗体]HisタグやDDDDKタグ融合タンパク質の検出に!
[コントロール抗体]Beta ActinやGAPDHのルーチン実験に!
[二次抗体]28品目のベーシックな二次抗体、プロテインA、ストレプトアビジン

背景

KIAA1199とは?

KIAA1199(別名:CEMIP)は、内耳タンパク質として最初に発見され、その遺伝子変異は、非症候性難聴と関連付けられました。KIAA1199は、ヒアルロン酸分解に関与します。複数の研究により、KIAA1199が多くの種類の癌で過剰発現していることが示されており、癌の進行におけるKIAA1199の重要な役割が示唆されています。

特長

■ ポリクローナル抗体
商品名KIAA1199 抗体(Anti KIAA1199 antibody)
品番21129-1-AP 外部リンク
タイプウサギポリクローナル
交差種ヒト、マウス、ラット、マーモセット
アプリケーションWB(ウェスタンブロット)、IP(免疫沈降)、IHC(免疫組織化学)、IF(免疫蛍光染色)、ELISA
標識非標識
別名 CEMIP, KIAA1199, Protein KIAA1199, TMEM2L
GeneID
(遺伝子データベース情報)
57214 外部リンク
抗原リコンビナントタンパク質
アイソタイプIgG
バッファーPBS with 0.02% sodium azide and 50% glycerol pH 7.3.
精製方法Antigen affinity purification
KD/KO 検証KDまたはKOサンプルによる特異性検証済み
保存方法

使用例

■ KIAA1199 ポリクローナル抗体(品番:21129-1-AP)

human brain tissue were subjected to SDS PAGE followed by western blot with 21129-1-AP (CEMIP antibody) at dilution of 1:500  incubated at room temperature for 1.5 hours
図1
human brain tissue were subjected to SDS PAGE followed by western blot with 21129-1-AP (CEMIP antibody) at dilution of 1:500 incubated at room temperature for 1.5 hours
Immunohistochemical of  paraffin-embedded human stomach cancer using 21129-1-AP (CEMIP antibody) at dilution of 1:50 (under 10x lens)
図2
Immunohistochemical of paraffin-embedded human stomach cancer using 21129-1-AP (CEMIP antibody) at dilution of 1:50 (under 10x lens)
 

■ 全ての評価データはこちらから閲覧できます

KIAA1199 抗体

■ ポリクローナル抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti KIAA1199, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 21129-1-AP 150 UL
¥64,000

◆◇ 国内在庫あります!最短翌日お届け、一次抗体通常サイズ ◇◆

プロテインテック社抗体全商品、国内在庫あります!

◆◇ お求めやすい¥29,000!タグ抗体・コントロール抗体 ◇◆

◆◇ 優れた活性・安定性のリコンビナントタンパク質 Humankine® ◇◆

◆◇ 毒劇物非該当・冷蔵保管が便利!扱いやすいELISAキット ◇◆

Proteintech(プロテインテック)のELISAキット

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO