商品情報

記事ID : 36637
研究用

サイクリン/CDKを解説!関連するマーカー抗体をご紹介細胞周期とチェックポイント制御因子

このエントリーをはてなブックマークに追加

細胞周期とチェックポイント関連タンパク質について解説します。また細胞周期解析に有用なマーカー抗体を紹介します。

背景

■ 細胞周期とは?

細胞周期(cell cycle/cell-division cycle、細胞分裂周期)とは、1つの細胞が分裂・複製されて、2つの娘細胞を生じる際に、細胞内で起こる一連の事象です。細胞が細胞周期を通過するかどうかは、細胞質内のタンパク質によって制御されています。

サイクリン依存性キナーゼ(CDK:Cyclin-dependent kinase)とがん抑制タンパク質(腫瘍抑制タンパク質、tumor suppressor proteins) は、細胞分裂の刺激因子および調節因子です。これまでに、細胞周期の制御とエピジェネティックマークに焦点を当てた研究によって、細胞分裂と癌の関連が多く報告されています。それらの知見は、細胞分裂プロセスが遺伝子損傷を避けるために、正確なチェックポイントを必要とすることを強調しています。

細胞周期は、4つの期(Phase)に分類され、それぞれG1期、S期、G2期、M期と呼ばれます。それぞれのチェックポイントでは、次の2つの制御分子が重要な役割を果たします。

  1. サイクリン(Cyclin)
    :サイクリン依存性キナーゼ(CDK)を活性化することによって、細胞が細胞周期の次の段階へ進むかどうかを制御するタンパク質群
  2. サイクリン依存性キナーゼ(CDK)
    :転写、mRNAプロセシング、神経細胞分化の調節に関与するプロテインキナーゼファミリー

■ 細胞周期チェックポイントとは?

細胞周期の進行を監視(チェック)するために、次の3つの期において、主要なチェックポイントが存在します。細胞周期チェックポイントの役割は、細胞が細胞周期の次の段階に進む準備ができているかどうかを判定することです。また、チェックポイントタンパク質の重大な役割は、DNA損傷を検出し、損傷した染色体が修復されるまで細胞周期の進行を遅らせるようシグナルを送ることです(図1)。

  1. G1期―G1チェックポイント
    :DNA完全性と細胞サイズ
  2. G2期―G2/Mチェックポイント
    :DNA損傷と染色体複製
  3. M期―紡錘体形成チェックポイント(スピンドルチェックポイント/Spindle assembly checkpoint)
    :動原体(kinetochore/キネトコア)と紡錘体(Spindle/スピンドル)の結合

図1. 細胞周期とそのチェックポイント
図1. 細胞周期とそのチェックポイント

細胞周期マーカー:サイクリン-CDKタンパク質

■ G1/S期

サイクリンD(Cyclin D)-CDK4/CDK6複合体は、G1期からS期への移行に重要な因子です。サイクリンD-CDK4/CDK6は、Rbタンパク質をリン酸化することによって、サイクリンE等のS期開始に重要な因子を誘導します。サイクリンDは、G2/Mチェックポイントではその発現が減少します。

製品フォーカス | Cyclin D1 抗体

サイクリンD1(cyclin D1、CCND1)は、細胞周期のG1/S移行において、CDK4またはCDK6と複合体を形成することで、それらの活性化に必要とされます。

Cyclin D1
品番 60186-1-Ig
タイプ マウスモノクローナル
適用 WB(ウェスタンブロット)、ELISA
交差種 ヒト、マウス、ハムスター、ウシ、ゼブラフィッシュ
室温で1.5時間インキュベートした1:10000の希釈倍率のサイクリンD1抗体(品番:60186-1-Ig)を使用した、HepG2、SW 1990、およびNIH/3T3細胞株のウエスタンブロット。

室温で1.5時間インキュベートした1:10000の希釈倍率のサイクリンD1抗体(品番:60186-1-Ig)を使用した、HepG2、SW 1990、およびNIH/3T3細胞株のウエスタンブロット。

btn_detail_g.png

製品フォーカス | Cyclin D2 抗体

サイクリンD2(cyclin D2、CCND2)は、細胞周期のG1/S移行において、CDK4またはCDK6と複合体を形成することで、それらの活性化に必要とされます。また、サイクリンD2は、卵巣腫瘍および精巣腫瘍において高発現することが報告されています。

Cyclin D2
品番 10934-1-AP
タイプ ウサギポリクローナル
適用 WB(ウェスタンブロット)、ELISA
交差種 ヒト、マウス、ヤギ、ブタ
室温で1.5時間インキュベートした1:600の希釈倍率のサイクリンD2抗体(品番:10934-1-AP)を使用した、NIH/3T3細胞株のウエスタンブロット。

室温で1.5時間インキュベートした1:600の希釈倍率のサイクリンD2抗体(品番:10934-1-AP)を使用した、NIH/3T3細胞株のウエスタンブロット。

btn_detail_g.png

製品フォーカス | Cyclin D3 抗体

サイクリンD3(cyclin D3)は、CDK4またはCDK6の調節サブユニットとして機能します。サイクリンD3は、細胞周期のG1/S移行において、CDK4またはCDK6と複合体を形成することで、それらの活性化に必要とされます。また、サイクリンD3-CDK4の活性は、紫外線照射実験によって、G2期から有糸分裂への細胞周期進行にも必要である可能性が示唆されています。

Cyclin D3 抗体
品番 26755-1-AP
タイプ ウサギポリクローナル
適用 WB(ウェスタンブロット)、IP(免疫沈降)、IHC(免疫組織化学)、IF(免疫蛍光染色)、ELISA
交差種 ヒト、ラット
Cyclin D3 抗体(品番:26755-1-AP、希釈倍率 1:200)を用いた、ヒト膵臓(パラフィン包埋切片)の免疫組織化学染色(10X)。

Cyclin D3 抗体(品番:26755-1-AP、希釈倍率 1:200)を用いた、ヒト膵臓(パラフィン包埋切片)の免疫組織化学染色(10X)。

btn_detail_g.png

製品フォーカス | CDK4 抗体

サイクリン依存性キナーゼ4(CDK4:Cyclin-dependent kinase-4)は、細胞周期に関与するプロテインセリンキナーゼです。CDK4は、細胞周期中のG1期からS期への移行に必須であり、その発現は主として転写レベルで制御されます。

CDK4 抗体
品番 11026-1-AP
タイプ ウサギポリクローナル
適用 WB(ウェスタンブロット)、IP(免疫沈降)、IHC(免疫組織化学)、IF(免疫蛍光染色)、FC(フローサイトメトリー)、CoIP(共免疫沈降)、ELISA
交差種 ヒト、マウス、ラット
CDK4 抗体(品番:11026-1-AP、希釈倍率 1:50)を用いた、MCF-7細胞の免疫蛍光染色。二次抗体は FITC-labeled donkey anti-rabbit IgG 抗体(緑)を用いた。疑似カラー(青)はDAPI。

CDK4 抗体(品番:11026-1-AP、希釈倍率 1:50)を用いた、MCF-7細胞の免疫蛍光染色。二次抗体は FITC-labeled donkey anti-rabbit IgG 抗体(緑)を用いた。疑似カラー(青)はDAPI。

btn_detail_g.png

■ S期、G2/M期

サイクリンA(Cyclin A)は、S期においてCDK2と複合体を形成し、S期の進行に関与します。また、サイクリンAは、CDK1(CDC2)と結合することもでき、G2期からM期への移行に関与します。

製品フォーカス | Cyclin A2 抗体

サイクリンA2(Cyclin A2)は、CDK1(CDC2)またはCDK2キナーゼと結合してそれらを活性化するため、細胞周期G1/S、G2/M移行の両方を促進します。生殖細胞にのみ存在するサイクリンA1(cyclin A1)とは対照的に、サイクリンA2(cyclin A2)は試験したすべての組織で発現しています。

cyclin A2 抗体
品番 18202-1-AP
タイプ ウサギポリクローナル
適用 WB(ウェスタンブロット)、IP(免疫沈降)、IF(免疫蛍光染色)、ELISA
交差種 ヒト、サル、マウス
Cyclin A2 抗体(品番:18202-1-AP、希釈倍率 1:50)を用いた、HeLa細胞(10% Formaldehyde 固定)の免疫蛍光染色。二次抗体は Alexa Fluor 488-congugated AffiniPure Goat Anti-Rabbit IgG(H+L) 抗体を用いた。

Cyclin A2 抗体(品番:18202-1-AP、希釈倍率 1:50)を用いた、HeLa細胞(10% Formaldehyde 固定)の免疫蛍光染色。二次抗体は Alexa Fluor 488-congugated AffiniPure Goat Anti-Rabbit IgG(H+L) 抗体を用いた。

btn_detail_g.png

■ G2/M期

サイクリンB(Cyclin B)-CDK1(CDC2)複合体は、成熟/M期促進因子(MPF)とも呼ばれる、M期の開始に重要な因子です。サイクリンB/CDK1発現量はM期で最大になり、核内に高蓄積したサイクリンBは、G2/M期の研究に使用できるマーカーです。

製品フォーカス | Cyclin B1 抗体

サイクリンB1(Cyclin B1)は、有糸分裂に関与する調節タンパク質です。遺伝子産物は、p34(cdc2/CDK1)と複合体を形成し、成熟/M期促進促進因子(MPF:maturation-promoting factor、またはmitosis-promoting factor、M-Phase-promoting factor)を形成します。

Cyclin B1 抗体
品番 55004-1-AP
タイプ ウサギポリクローナル
適用 WB(ウェスタンブロット)、IP(免疫沈降)、IF(免疫蛍光染色)、ELISA
交差種 ヒト、マウス、ラット
1:200の希釈倍率でサイクリンB1抗体(品番:55004-1-AP)を使用したパラフィン包埋ヒト乳癌組織スライドの免疫組織化学(10x)。Tris-EDTAバッファー(pH9) で加熱抗原賦活化を行った。

1:200の希釈倍率でサイクリンB1抗体(品番:55004-1-AP)を使用したパラフィン包埋ヒト乳癌組織スライドの免疫組織化学(10x)。Tris-EDTAバッファー(pH9) で加熱抗原賦活化を行った。

btn_detail_g.png

製品フォーカス | CDK1-Specific 抗体

サイクリン依存性キナーゼ1(CDK1:Cyclin-dependent kinase1)は、CDC2とも呼ばれる、細胞周期に関与するプロテインキナーゼです。CDK1は、成熟/M期促進因子(MPF:M-phase promoting factor)として知られる高度に保存されたタンパク質キナーゼ複合体の触媒サブユニットであり、真核細胞周期のG2/M期移行に必須とされます。

CDK1-Specific 抗体
品番 19532-1-AP
タイプ ウサギポリクローナル
適用 WB(ウェスタンブロット)、IHC(免疫組織化学)、IF(免疫蛍光染色)、CoIP(共免疫沈降)、ELISA
交差種 ヒト、マウス、ラット
1:200の希釈倍率でCDC2抗体(品番:19532-1-AP)を使用したパラフィン包埋ヒト子宮頚部癌組織スライドの免疫組織化学(10x)。

1:200の希釈倍率でCDC2抗体(品番:19532-1-AP)を使用したパラフィン包埋ヒト子宮頚部癌組織スライドの免疫組織化学(10x)。

btn_detail_g.png
CDK抗体
抗体名品番機能
CDK1-Specific 19532-1-AP 細胞周期(G2-M期)
CDK2 10122-1-AP 細胞周期(G1-S期)
CDK2 60312-1-Ig 細胞周期(G1-S期)
CDK3 55103-1-AP 細胞周期(G0-G1-S期)
CDK4 11026-1-AP 細胞周期(G1-S期)
CDK6 14052-1-AP 細胞周期(G1-S期)
CDK6 19117-1-AP 細胞周期(G1-S期)
CDK8 22067-1-AP 転写調節
CDK9 11705-1-AP 転写調節
CDK10 7182-1-AP 転写調節、細胞周期(G2-M期)

細胞周期マーカー:サイクリン-CDKタンパク質調節因子

CDC25A/B/Cは、CDK1(CDC2)の脱リン酸化酵素であり、M期の開始に関与します。CDC25Aは、G1/S期でも働きます。

製品フォーカス | CDC25A 抗体

CDC25Aは、CDK1(CDC2)を直接脱リン酸化し、CDK1キナーゼ活性を刺激します。また、in vitroでは、サイクリンEと複合体を形成するCDK2を脱リン酸化することが示されています。ヒト癌におけるCDC25A過剰発現は、腫瘍形成に寄与する可能性が示唆されています。

CDC25A 抗体
品番 55031-1-AP
タイプ ウサギポリクローナル
適用 WB(ウェスタンブロット)、IP(免疫沈降)、IHC(免疫組織化学)、IF(免疫蛍光染色)、ELISA
交差種 ヒト、マウス
1:50の希釈倍率のCDC25A抗体(品番:55031-1-AP) およびAlexa Fluor 488コンジュゲートAffiniPureヤギ抗ウサギIgG(H+L) を使用した、ヒト乳癌組織(4% PFA固定)の免疫蛍光染色結果。

1:50の希釈倍率のCDC25A抗体(品番:55031-1-AP) およびAlexa Fluor 488コンジュゲートAffiniPureヤギ抗ウサギIgG(H+L) を使用した、ヒト乳癌組織(4% PFA固定)の免疫蛍光染色結果。

btn_detail_g.png

製品フォーカス | CDC25B 抗体

CDC25Bは、CDK1(CDC2)を直接脱リン酸化し、CDK1キナーゼ活性を刺激します。

CDC25B 抗体
品番 10644-1-AP
タイプ ウサギポリクローナル
適用 WB(ウェスタンブロット)、IP(免疫沈降)、IHC(免疫組織化学)、IF(免疫蛍光染色)、ELISA
交差種 ヒト、マウス
btn_detail_g.png

製品フォーカス | CDC25C 抗体

CDC25C(cell division cycle 25 homolog C)は、哺乳類細胞におけるCDC25の3つのアイソフォームの1つです。CDC25Cは、非同期的に増殖するヒト細胞の細胞質に存在します。また、CDC25C自身の基質である、活性型CDK1(CDC2)-サイクリンB複合体によってリン酸化され、自己活性化のループを形成することが報告されています。

CDC25C
品番 16485-1-AP
タイプ ウサギポリクローナル
適用 WB(ウェスタンブロット)、IP(免疫沈降)、IHC(免疫組織化学)、ELISA
交差種 ヒト
btn_detail_g.png

[関連]細胞増殖マーカー

免疫組織化学において、Ki-67抗原に特異的な抗体は、G1期からM期までのすべての周期細胞を標識します。また、有糸分裂装置の標識には、リン酸化ヒストン3(pHH3:phospho histone 3)に対する抗体が使用されます。

製品フォーカス | Ki67 抗体

Ki-67タンパク質(別名:MKI67)は、細胞増殖能マーカーです。Ki67は、増殖中の細胞の全ての細胞周期(G1期、S期、G2期、M期)で存在する一方、細胞増殖を休止している静止期(G0期)では存在しません。Ki-67タンパク質の細胞含有量は、細胞周期の合成期(S期)を通じて細胞周期進行中に著しく増加します。そのため、Ki67の核発現は、腫瘍の増殖能を評価するために免疫組織化学染色(IHC)を用いて検証されます。

Ki67 抗体
品番 27309-1-AP
タイプ ウサギポリクローナル
適用 IHC(免疫組織化学)、IF(免疫蛍光染色)、ELISA
交差種 ヒト、イヌ
1:1000の希釈倍率でKI67抗体(品番:27309-1-AP)を使用したパラフィン包埋ヒト扁桃炎組織スライドの免疫組織化学(40x)。Tris-EDTAバッファー(pH9)で加熱抗原賦活化を行った。

1:1000の希釈倍率でKI67抗体(品番:27309-1-AP)を使用したパラフィン包埋ヒト扁桃炎組織スライドの免疫組織化学(40x)。Tris-EDTAバッファー(pH9)で加熱抗原賦活化を行った。

btn_detail_g.png

製品フォーカス | PHH3(phospho histone H3) 抗体

ヒストンH3は、Ser10(セリン10)またはSer28(セリン28)でリン酸化されます。ヒストンH3のSer10のリン酸化は、哺乳類の有糸分裂細胞におけるG2期からM期への後期移行と強く相関しています。ヒストンH3セリン10上のリン酸化は、有糸分裂に特異的です。そのため、リン酸化ヒストンH3(PHH3)は、増殖マーカーとして、様々な腫瘍における増殖を評価するために使用されることが増えています。

PHH3(phospho histone H3/H3S10)抗体
品番 66863-1-Ig
タイプ マウスモノクローナル
適用 WB(ウェスタンブロット)、IHC(免疫組織化学)、IF(免疫蛍光染色)、ELISA
交差種 ヒト、マウス、ラット
1:2000の希釈倍率でH3S10-phospho抗体(品番:66863-1-Ig)を使用したパラフィン包埋ヒト扁桃炎組織スライドの免疫組織化学(40x)。Tris-EDTAバッファー(pH9)で加熱抗原賦活化を行った。

1:2000の希釈倍率でH3S10-phospho抗体(品番:66863-1-Ig)を使用したパラフィン包埋ヒト扁桃炎組織スライドの免疫組織化学(40x)。Tris-EDTAバッファー(pH9)で加熱抗原賦活化を行った。

btn_detail_g.png

サイクリン抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Cyclin A2, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 18202-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin A2, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 27242-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin B1, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 55004-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin B2, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 21644-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin D1, Human (Mouse) Unlabeled, 2G3G5詳細データ PGI 60186-1-IG 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin D1, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 26939-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin D2, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10934-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin D2, Human (Mouse) Unlabeled, 1A12A8詳細データ PGI 67048-1-IG 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin D3, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 26755-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin D3, Human (Mouse) Unlabeled, 1F2C6詳細データ PGI 66357-1-IG 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin E1, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 11554-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin E2, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 11935-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin G, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10897-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin H, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10718-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin H, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10718-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti cyclin I, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 16357-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti Cyclin T1, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 20992-1-AP 150 UL
¥64,000

CDK抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti CDK1-Specific, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 19532-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDK2, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10122-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDK2, Human (Mouse) Unlabeled, 4E2E10詳細データ PGI 60312-1-IG 150 UL
¥64,000
Anti CDK3, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 55103-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDK4, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 11026-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDK6, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 14052-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDK6, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 19117-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDK8, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 22067-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDK9, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 11705-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDK10, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 17182-1-AP 150 UL
¥64,000

[関連]CDC25抗体、増殖マーカー抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti CDC25A, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 55031-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDC25B, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10644-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDC25B, Human (Mouse) Unlabeled, 1H3A4詳細データ PGI 67145-1-IG 150 UL
¥64,000
Anti CDC25B, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 28109-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDC25C, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 16485-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti CDC25C, Human (Mouse) Unlabeled, 2B6B12詳細データ PGI 66912-1-IG 150 UL
¥64,000
Anti KI67, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 27309-1-AP 150 UL
¥64,000
Anti H3S10, phospho, Human (Mouse) Unlabeled, 4C7G2詳細データ PGI 66863-1-IG 150 UL
¥64,000
Anti PCNA, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10205-2-AP 150 UL
¥29,000
Anti PCNA, Human (Mouse) Unlabeled, 10D10E11詳細データ PGI 60097-1-IG 150 UL
¥29,000

◆◇ 国内在庫あります!最短翌日お届け、一次抗体通常サイズ ◇◆

プロテインテック社抗体全商品、国内在庫あります!

◆◇ お求めやすい¥29,000!タグ抗体・コントロール抗体 ◇◆

◆◇ 優れた活性・安定性のリコンビナントタンパク質 Humankine® ◇◆

◆◇ 毒劇物非該当・冷蔵保管が便利!扱いやすいELISAキット ◇◆

Proteintech(プロテインテック)のELISAキット

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「細胞周期とチェックポイント制御因子」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO