• ホーム
  • 商品情報
  • Gタンパク質共役型GPCR安定発現細胞株 DiscoverX 社:cAMPおよびカルシウムの検出に最適なGPCR安定発現細胞株

商品情報

記事ID : 11977
研究用

cAMPおよびカルシウムの検出に最適なGPCR安定発現細胞株Gタンパク質共役型GPCR安定発現細胞株
DiscoverX 社:cAMPおよびカルシウムの検出に最適なGPCR安定発現細胞株

DiscoverX 社:cAMPおよびカルシウムの検出に最適なGPCR安定発現細胞株" data-hatena-bookmark-layout="standard-balloon" data-hatena-bookmark-lang="ja" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

drx-20131202_01.jpg

Gタンパク質結合受容体(GPCR)は、ヒトの場合1,000種類近く報告されている7回膜貫通型受容体であり、創薬において重要なターゲットとされています。
GPCRからの刺激は共役するGタンパク質下流のシグナル伝達を経てcAMPまたはカルシウムの細胞質内濃度を変動させるため、GPCRシグナルを制御するリード化合物の評価にはcAMPおよびカルシウム(セカンドメッセンジャー)の濃度変動を指標とする手法が広く用いられています。そのため、GPCRを安定発現した細胞株は、特定のGPCR活性を制御するリード化合物の評価において有用なツールとなります。

drx-20131202_02.jpg

DiscoverX社は、セカンドメッセンジャーによるGPCR活性評価に適した細胞株を130種類以上取り揃えており、アレスチンのリクルートメントを利用した既知GPCRおよびオーファンGPCR活性評価用細胞株、GPCR 内在化を指標とした機能的な活性評価に適した細胞株を合わせると、490種類以上のGPCR研究用の細胞株を提供しています。
cAMP測定用キットおよびカルシウム測定用のキット、本細胞株とcAMP測定用の試薬をまとめたeasy-to-useのアッセイキット(cAMP Hunter® eXpressキット)も販売していますので、下部の関連ページをご参照ください。

また、本細胞株を用いた受託サービスやセカンドメッセンジャー以外のGPCR機能評価用の細胞・アッセイキットなどもございますので、研究の規模や目的に応じてご利用ください。

特長

  • 強制カップリングを行わない内在性のGタンパク質共役による、従来のGPCR反応に近い評価が可能
  • 10継代以上の培養安定性を保証

ターゲットリスト

こちらをご参照ください。  ターゲットリスト

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Gタンパク質共役型GPCR安定発現細胞株 DiscoverX 社:cAMPおよびカルシウムの検出に最適なGPCR安定発現細胞株」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO