商品情報

記事ID : 36139
研究用

死細胞の染色に細胞膜非透過性 核酸染色色素

このエントリーをはてなブックマークに追加

死細胞の染色を行い、全細胞数に対する死細胞の割合測定や生細胞の間接的な測定をします。

AAT Bioquest社 細胞生存・増殖アッセイ

 

背景

色素排除アッセイの原理では、健常な細胞膜をもつ生細胞はトリパンブルーや細胞膜非透過性核酸染色といった複数の極性色素を透過しないことが前提となっています。この手法は、細胞を非透過性色素に懸濁し、蛍光顕微鏡、マイクロプレートリーダー、またはフローサイトメータを用いて全細胞集団に対する染色細胞数を測定することが基本となります。染色細胞数は全集団における死細胞の割合を表します。色素排除アッセイと他の細胞毒性アッセイは、細胞生存率を間接的に測定するためにも使用されます。同一の技術を利用しつつ、全細胞数に対する未染色細胞数を比較するとサンプルにおける生細胞の割合が得られます。

特長

  • 細胞膜非透過性
  • 死細胞の指示薬に
  • 生細胞指示薬との組み合わせによる多色分析に
  • さまざまな波長の色素を取り揃えております

商品ラインアップ

各色素の仕様

品名 Ex/Em
(nm)
フィルター 多重染色 細胞
透過性
生細胞 固定細胞 サイズ 品番
Nuclear Blue™ DCS1 344/465 DAPI × 0.5 mL 17548
DiYO™-1 [equivalent to YOYO®-1] 491/508 FITC         1 mg 17575
DiYO™-1 [equivalent to YOYO®-1] 491/508 FITC         0.2 mL 17580
Nuclear Green™ DCS1 501/526 FITC         0.5 mL 17550
DiTO™-1 [equivalent to TOTO®-1] 514/531 FITC         0.2 mL 17575
TWO-PRO™ 1 [equivalent to TO-PRO®-1] 515/531 FITC         0.2 mL 17571
Nuclear Orange™ DCS1 512/554 TRITC         0.5 mL 17551
Propidium Iodide *CAS 25535-16-4* 537/618 Texas Red         5 mL 17516
Propidium Iodide *CAS 25535-16-4* 537/618 Texas Red         25 mL 17515
Propidium Iodide *10 mM aqueous solution* 537/618 Texas Red         1 mL 17517
DiYO™-3 [equivalent to YO-YO?-3] 612/631 Cy5         0.2 mL 17580
7-AAD [7-Aminoactinomycin D] *CAS 7240-37-1* 549/648 Cy5         1 mL 17501
TWO-PRO™ 3 [equivalent to TO-PRO®-3] 642/657 Cy5         0.2 mL 17572
DiTO™-3 [equivalent to TOTO®-3] 642/661 Cy5         0.2 mL 17576
Nuclear Red™ DCS1 651/681 Cy5         0.5 mL 17552

製品データ

スペクトル分離
図1:Nuclear Blue™ DCS1 (品番:17548, Blue) と CytoTrace™ Red CFDA (品番:22016, Yellow) の励起と発光スペクトルより明瞭なスペクトル分離が見られ、細胞集団における生細胞と死細胞の2色評価が可能であることがわかる。Nuclear Blue™ DCS1は一般的な350nm UV励起で効率よく励起されDAPIフィルターセットで画像化できる。CytoTrace™ Red CFDA は543nmヘリウムネオンレーザーで効率よく励起されCy3/TRITCフィルターセットで画像化できる。

HeLa細胞の蛍光画像
図2:Costar黒色/クリアボトム96穴プレートにおいてNuclear Red™ DCS1 (品番:17552) を用いて染色したHeLa細胞の蛍光画像。細胞は蛍光顕微鏡のCy5フィルターセットでモニターした。

DCS1色素による固定HeLa細胞の核染色
図3:核とF-アクチンをそれぞれ以下のように染色した。
(A) Nuclear Blue™ DCS1(品番:17548)とPhalloidin-iFluor™ 488(品番:23115
(B) Nuclear Green™ DCS1(品番:17550)と Phalloidin-iFluor™ 594(品番:23122
(C) Nuclear Red™ DCS1 (品番:17552)と Phalloidin-iFluor™ 488(品番:23115

細胞集団における生細胞と死細胞を同時に画像化
図4:Calcein UltraGreen™ AM (品番: 21905, 緑色) と 7-AAD (品番:17501, 赤色) の励起と発光スペクトルより明瞭な分離が確認でき、細胞集団における生細胞と死細胞を同時に画像化できることが示された。Calcein UltraGreen™ AM と 7-AADは何れも488nmアルゴンイオンレーザーで効率よく励起できた。Calcein UltraGreen™ AMはFITCフィルターセットで画像化できる。7-AADはCy5フィルターセットで画像化できる。

細胞生存率と細胞毒性の2色アッセイが可能
図5:DiTO™-1 (品番:17576,緑色) and Nuclear Red™ LCS1 (品番:17542, 赤色) の励起と発光スペクトルより明瞭な分離が確認でき、細胞生存率と細胞毒性の2色アッセイが可能であることが示唆された。DiTO™-1 と488nmアルゴンイオンレーザーで効率よく励起でき、FITCフィルターセットで画像化できた。Nuclear Red™ LCS1は633nmのヘリウムネオンレーザーで効率よく励起できCy5フィルターセットで画像化できた。

Nuclear DCS1 核酸染色

Nuclear DCS1色素は、蛍光性かつ細胞膜非透過性核酸染色色素です。
これらの色素は、死細胞の損傷した膜に浸透し、DNAと結合すると、非常に明るいシグナルを生成します。Nuclear DSC1色素は、これらの特性から蛍光顕微鏡、フローサイトメトリー、または蛍光マイクロプレートリーダーを利用するシンプルかつ定量的な死細胞指示薬となります。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Nuclear BlueTM DCS1詳細データ ABD 17548 0.5 ML
¥20,000
Nuclear GreenTM DCS1詳細データ ABD 17550 0.5 ML
¥20,000
Nuclear OrangeTM DCS1詳細データ ABD 17551 0.5 ML
¥20,000
Nuclear RedTM DCS1詳細データ ABD 17552 0.5 ML
¥20,000
pagetop

ヨウ化プロピジウム

ヨウ化プロピジウム(PI)は、赤色蛍光で細胞膜非透過性の核酸染色色素であり、エチジウムブロマイド(EtBr)と同一の化学的分類に属します。PIは、核酸に結合するとエチジウムブロマイドに比べて20 - 30倍高い蛍光増強を示します。PIは比較的大きなストロークシフトをもつため、カルセインAMといった蛍光性指示薬と組み合わせて細胞集団における生細胞と死細胞の多色分析に使うことができます。PIは488nmアルゴンレーザー線で励起するため、フローサイトメトリーを用いた死細胞検出や選別に使うこともできます。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Propidium iodide詳細データ ABD 17515 25 MG
¥20,000
pagetop

7-アミノアクチノマイシン D (7-AAD)

7-AAD は細胞膜非透過性の蛍光指示薬であり、非生存細胞の同定に使用できます。7-AADはDNAに結合すると、488nmアルゴンレーザーによる励起を受けて647nmの波長で発光します。そのため、カルセインAMといった他の488nm励起指示薬と組み合わせによる多色分析に適しています。7-AADは蛍光顕微鏡、共焦点レーザー顕微鏡、およびフローサイトメトリーとともに使えます。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
7-AAD [7-Aminoactinomycin D]詳細データ ABD 17501 1 MG
¥16,000
pagetop

二量体シアン色素

DiTO™、DiYO™、およびTWO-PRO™色素は一連の細胞膜非透過性二量体カルボシアニン色素であり、死細胞指示薬や核対比染色として使用できます。これらの色素は核酸が存在しない状態では非蛍光性です。DiTO™、DiYO™、およびTWO-PRO™色素はDNAと結合することで明るい蛍光シグナルを生成し、その吸光係数はDNA結合ヨウ化プロピジウムに比べより大きいことが特徴です。DiTO™、DiYO™、およびTWO-PRO™色素は培養細胞やパラフィン切片に対して強力かつ選択的に染色が行えます。これらの色素は、Nuclear Red™ LCS1といった細胞透過性核酸染色色素とともに使用することで細胞生存率や細胞毒性の2色アッセイを行うことができます。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
TWO-PROTM 1 [equivalent to TO-PRO(R)-1] *5 mM DMSO Solution*詳細データ ABD 17571 0.2 ML
¥41,000
TWO-PROTM 3 [equivalent to TO-PRO(R)-3] *5 mM DMSO Solution*詳細データ ABD 17572 0.2 ML
¥41,000
DiTOTM-1 [equivalent to TOTO(R)-1] *5 mM DMSO Solution*詳細データ ABD 17575 0.2 ML
¥41,000
DiTOTM-3 [equivalent to TOTO(R)-3] *5 mM DMSO Solution*詳細データ ABD 17576 0.2 ML
¥41,000
DiYOTM-1 [equivalent to YOYO(R)-1] *5 mM DMSO Solution*詳細データ ABD 17580 0.2 ML
¥41,000
DiYOTM-3 [equivalent to YO-YO(R)-3] *5 mM DMSO Solution*詳細データ ABD 17581 0.2 ML
¥41,000
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


© COSMO BIO