商品情報

AAT Bioquest社 細胞生存・増殖アッセイ

細胞は、分泌、シグナル伝達、細胞増殖など、成長、維持、生存に不可欠な多くの重要な機能を果たします。これらのプロセスは、多くの場合、細胞内ラジカル、膜電位、および遊離イオン濃度の変化と関連しています。妥当な刺激物質を用いることで同様の変化が引き起こされ、適切な応答性蛍光指示薬を利用することでこれらの変化をモニターし、細胞生存率、細胞毒性、およびアポトーシスを評価することができます。このアプローチは、がん生物学、創薬、および様々な細胞ベースの研究に頻繁に利用されています。細胞生存率、細胞毒性、および細胞増殖のアッセイは、しばしば一つにまとめられていますが、それぞれ異なるパラメーターをモニターし測定するよう設計されています。

例:

  • 細胞生存率と細胞毒性アッセイでは、細胞代謝、または酵素活性といった現行の細胞活性を測定し、細胞溶解や膜漏出を試験します。
  • 細胞増殖と細胞周期アッセイでは、細胞集団の増殖をモニターしたり、娘細胞世代を検出したりします。
細胞集団の健全性を包括的に評価できる単一アッセイは存在しないため、実験を行う際は複数の手法(アポトーシスアッセイも含め)を組み合わせて用いることが最も効果的です。
AAT Bioquest(ABD)社では、細胞生存率、細胞毒性、および細胞増殖を評価するための広範な試薬とキットを取り揃えております。

細胞生存 および 細胞毒性アッセイ試薬・キット

細胞生存率と細胞毒性アッセイは、細胞ベースの研究や創薬研究の様々な段階において細胞集団の健康評価のために頻繁に併用されます。細胞生存率アッセイは、細胞代謝や酵素活性といった健康な細胞機能に関連する特性をモニターしてサンプル集団における生細胞の割合を評価するために用いられます。正確で信頼できる結果を得るために健康な細胞が必要なため、細胞を利用する研究を始める前には細胞集団の生存率を確認することが非常に重要です。細胞毒性アッセイは、細胞膜の損傷を評価することで細胞集団における生細胞と死細胞の比率を定量するよう設計されています。創薬研究では、細胞生存率と細胞毒性アッセイの両方が新規薬理化合物の有効性の評価に役立ちます。

細胞生存率と細胞毒性評価に向けたABD社の蛍光ベースアッセイ試薬とキットは信頼性が高く簡単に使用できます。放射性物質を利用した技術よりも安価で危険性が低く、呈色アッセイに比べて高感度です。本特集では、様々な細胞タイプや検出形式に適した生存率と細胞毒性評価用にABD社がご用意している一連の独立型試薬とキットに焦点を当ててご紹介します。(細胞生存率と細胞毒性評価に関する手法の概要と対応する試薬等について表1をご参照ください。)

表1:細胞生存率と細胞毒性の評価に使用される一般的なパラメーターと手法
アッセイ パラメーター 手法 適切な試薬/キット例
細胞生存率 細胞生存率を定量するため進行中の細胞代謝と酵素活性を分析 細胞酵素活性応答性色素 ・ReadiUse™ WST-8 (品番: 5705)
・Cell Meter™ Colorimetric WST-8 Kit (品番: 22770)
電位差滴定色素を用いたミトコンドリアの膜電位勾配の検出 ・JC-1 (品番: 22200)
・JC-10™ (品番: 22204)
細胞内エステラーゼ切断型蛍光色素 ・Calcein, AM (品番: 22002)
ATPとADP アッセイ ・D-Luciferin (品番: 12507)
・Luciferase (品番: 12500)
酸化/還元の測定 ・Resazurin (品番: 15700)
細胞毒性 細胞集団における生細胞と死細胞数決定に向けた細胞膜損傷の分析 細胞内酵素活性の測定 ・Cell Meter™ Cell Cytotoxicity Assay Kit (品番: 22781)
細胞膜非透過性核酸染色を用いた膜損傷評価 ・Nuclear Blue™ DCS1 (品番: 17548)
細胞集団において蛍光強度により生細胞を死細胞と区別するアミン反応性色素 ・Live or Dead™ Fixable Dead Cell Staining Kit (品番: 22600)

細胞生存 および 細胞毒性アッセイ試薬

細胞生存 および 細胞毒性アッセイキット

細胞増殖 および 細胞周期アッセイ試薬 および キット

細胞増殖と細胞周期アッセイは、細胞集団の成長評価や娘細胞産生の検出を行うよう設計されています。細胞毒性試験と組み合わせて行う場合、増殖アッセイでは新規薬理学的化合物の細胞増殖や細胞毒性への影響を特徴付けることができます。これは、がん生物学研究や創薬研究において重要な分野です。下記リンクにてABD社の細胞増殖や細胞周期アッセイ試薬やキットについてご紹介します。

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO