サポート情報

技術情報

Advanced Cell Diagnostics(ADC)社 RNAscope® 技術情報

記事ID : 15470

RNAscope® とは?よくわかる原理と手順を解説


RNAscope® は、FFPE 組織、凍結組織、培養細胞等のサンプル中の mRNA を、独自の RNA in situ ハイブリダイゼーション(ISH)法により1コピーから検出・視覚化する新しいテクノロジーです。

RNAscope® の概要

シンプルなワークフロー。
組織・細胞内のRNAを1コピーから検出

RNAscope のワークフロー

  1. 各サンプルに最適化された条件で前処理(脱パラフィン、賦活化等)。
  2. ターゲットmRNAに特異的“ZZ”プローブペアをハイブリダイズ。
  3. PreAMP→AMP→標識プローブを順番に反応させてシグナルを増幅。
  4. 増幅したシグナルを発色法 or 蛍光法により検出、鏡顕。

<参考文献>

RNAscope®: a novel in situ RNA analysis platform for formalin-fixed, paraffin-embedded tissues.
Wang F, et al. (2012). J of Mol Diagnostics, 14(1), 22–29. [PMID:22166544

シグナル増幅の原理

RNA1分子のシグナルを8,000倍に増幅

1,000baseのターゲットRNAターゲットRNAに対して、

  1. ZZプローブが20 ペアのZZプローブZZプローブがハイブリダイズし、
  2. ZZペア上部に結合する1つのPreAmplifierPreAmplifierに対して、20個のAmplifierAmplifierが結合し、
  3. 1つのAmplifierに対して、20のラベルプローブ20のラベルプローブが結合します。

結果、ターゲットRNA1分子に対して (1)x(2)x(3)=20x20x20=8,000倍 にシグナルを増幅!!
これによりターゲットRNA1分子の検出を可能にしています。

RNAscope:シグナル増幅の原理

独自のプローブデザイン

バックグラウンドを低減するプローブデザイン

バックグラウンドを低減するプローブデザイン

RNAscope®では、バックグラウンドを最小限に押さえるために、2つの独立したプローブ(ZZプローブ)が隣り合わせに結合した場合のみ、PreAmplifierが結合するようデザインされています。

片方のプローブのみ結合している場合(右図)は、PreAmplifierの結合が起こらないので、シグナルが増幅されず、プローブの非特異的な結合によるバックグラウンドノイズを低減し、シングル/ノイズ比を最大限に高めます。

 

 

Zプローブの構造

RNAscope:Zプローブの構造

1つのZプローブは3つのパートから構成されています。

  • Zプローブの下部はターゲットRNA配列に特異的な18-25 baseの相補的配列です。
    この配列はターゲットへの特異性や均一なハイブリダイゼーション条件になるように選択されます。
  • プローブの2つの領域をつなぐスペーサー領域
  • Zプローブの上部は14 baseのtail領域です。
    2つの隣接したZZプローブからなる2つのtail領域がPreAmplifierの結合領域を形成します。
pagetop
  • カタログ請求
  • お問い合わせ

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては
使用しないように、十分ご注意ください。


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO