商品情報

研究用

自動染色も可能な超高感度 RNA in situ ハイブリダイゼーション
RNAscope® (トップページ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

RNAscope® とは、FFPE 組織、凍結組織、培養細胞等のサンプル中の mRNA を、独自の RNA in situ ハイブリダイゼーション(ISH)法により検出・視覚化する新しい技術です。

よくある質問はこちら
各キットの日本語版簡易マニュアルはこちら
  (こちらのページ下部"User Manuals"内に英文マニュアルがございますのでこちらも併せてご覧ください) 
キットの選択方法はこちら

特長

  • 高感度 - 従来の Digoxigenin-ISH 法よりも 100 倍以上高感度
  • 特異的 - ユニークな Z 型プローブとシグナル増幅法で高いS/N 比を実現
  • 汎用的 - 様々な生物種で使用可能
  • 定量的 - ドット数をカウントすることでコピー数の定量が可能
  • 約20,000 種類のカタログプローブをご用意
  • 発色(Brown、Red、二重染色) および蛍光多重染色用のキットをご用意
  • 自動染色にも対応 (ベンタナディスカバリーULTRA、BOND RX)

ADC_RNAscope_workflow_01.png

RNA1分子のシグナル増幅原理

  1. Zプローブと呼ばれるプローブが2つ並んでターゲットRNAにハイブリダイズすることでZZペアZZプローブ (50塩基程度/1ペア) を形成します。
    ※RNAscope®で検出するためには少なくとも6ZZ分 (300塩基程度) の配列が必要となります。
    ※ペア数はプローブ (品番) ごとに決まっております。
      最大で20ZZペア/ターゲットですがペア数を指定することはできません。
      メーカー独自のメカニズムにより各ターゲットごとにペア数が決定されます。
    ※提供されるプローブは、複数のZプローブの混合物 (例: 20ZZペアの場合は40種類のZプローブの混合物) となります。
    ※申し訳ございませんが、各Zプローブが認識する配列は非開示となっております。

  2. その後、ZZペア上部に1つのPreAmplifierPreAmplifierが結合し、そこに20個のAmplifierAmplifierが結合します。
  3. 最終的に、1つのAmplifierに対して、20のラベルプローブ20のラベルプローブが結合します。

このシグナル増幅の原理により、ターゲットRNA1分子の検出を可能にしています。

RNAscope:シグナル増幅の原理

キットの種類

アッセイタイプ マニュアルアッセイ
マニュアルアッセイ
キット種類 発色BROWN 発色RED 発色GREEN&RED 蛍光 Ver.1 蛍光 Ver.2
個別詳細ページ
(同時購入試薬等の説明)
こちら こちら こちら
検出系 発色 (Fast Redのみ蛍光観察可) 蛍光
検出系(チャネル)*1 DAB (C1) Fast Red(C1) HRP-Green(C1)
Fast Red(C2)
Alexa 488
Atto 550
Atto 647
(C1~C3)
TSA plusか
Opal 色素
(C1~C4)
同時検出可能数 1
(どちらもC1チャネルのみ対応の為、BROWNとREDの同時染色は不可)
2 3 4
適応サンプル パラフィン切片 - *3
凍結組織(固定・新鮮) *2 *3
接着細胞
染色可能スライド数/キット 20

*1:C1, C2等の、チャネルとはZプローブの上部の配列(PreAmplifier結合配列)の違いを示しています。異なるチャネルを持つプローブを使用することで多色での検出を可能にしています。

*2: 別売りのTarget Retrieval Reagents(品番:322000) が必要です。新鮮凍結切片、接着細胞、PBMCでは必要ございません。

*3: 別途Akoya Biosciences社の蛍光色素をご購入頂く必要がございます。

使用文献

RNAscope®を使用した文献が6,200報を突破しました (2022年6月現在)。
「こちら」から、研究分野、生物種、アッセイタイプ毎に使用文献を検索いただけます。

アプリケーション

  • 発現量の低い遺伝子 (mRNA) の解析
  • ノンコーディング RNA の発現解析
  • 新型コロナウイルスなどのウイルスの検出 【nCoV2019検出用プローブ
  • 免疫組織染色に最適な抗体がない場合の代替法として
  • 抗体との二重染色 【補助試薬キット

サポート情報

RNAscope®

キット選択ガイド

サンプルの種類や検出方法から最適なキットをお選びいただけます。

マニュアルダウンロード

日本語クイックガイドをご用意しています。アッセイを始める前にご確認ください。

動画で見る、実験操作

実験操作や注意点について動画で解説します。

FAQ

 
 
よくあるご質問と回答を掲載しています。

研究者が使ってみました! アプリケーションノート

RNAscope®を用いた心筋梗塞病変の組織学的評価と注意点
名古屋大学医学系研究科 腫瘍病理学 原 昭壽 様
 
RNAscope®を用いたin situ hybridization法による脳内ストレスホルモンmRNA発現検出
芝浦工業大学 食品栄養学研究室 藤井 靖之 様

関連商品

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO