• ホーム
  • 商品情報
  • RNAscope® /BaseScope ™ Pharma Assay Service Advanced Cell Diagnostics社;超高感度ISHテクノロジー、RNAscope®およびBaseScope™の受託解析サービス

商品情報

記事ID : 17098
研究用

1コピーの RNA から検出可能!超高感度 in situ hybridization システムの受託サービスRNAscope® /BaseScope ™ Pharma Assay Service
Advanced Cell Diagnostics社;超高感度ISHテクノロジー、RNAscope®およびBaseScope™の受託解析サービス

Advanced Cell Diagnostics社;超高感度ISHテクノロジー、RNAscope®およびBaseScope™の受託解析サービス" data-hatena-bookmark-layout="standard-balloon" data-hatena-bookmark-lang="ja" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

Advanced Cell Diagnostics社で開発されたRNAscope® /BaseScope™ は、FFPE 組織、凍結組織、培養細胞等のサンプル中の mRNA を、独自のプローブ、増感法により検出するテクノロジーです。 RNAscope® /BaseScope™ Pharma Assay Serviceでは、ISH技術のエキスパートがRNAscope® /BaseScope™テクノロジーを用いて、高品質なデータをご提供します

  • RNAscope®の詳細についてはコチラ

特長

  • あらゆる mRNA に対応:特異的なエクソン、アイソフォームの検出、ポイントミューテーションの識別も可能
  • 様々な組織に対応:FFPE や TMA、凍結組織、細胞ペレット等
  • 定量解析が可能:HALO® Imaging Analysisを用いた、定量的な発現解析
  • トータルサポート:様々な検体の入手から染色、解析までを一括で対応可能

アプリケーション例

免疫チェックポイントマーカーの解析

RNAscope® では PD-L1 をはじめとした各種免疫チェックポイント関連遺伝子発現を網羅的に解析が可能です。

ヒト非小細胞肺癌組織における各チェックポイントマーカーの発現を RNAscope(R) Duplex Assay を用いて検証

図1: ヒト非小細胞肺癌組織における各チェックポイントマーカーの発現を RNAscope® Duplex Assay を用いて検証した。各ターゲットの発現パターンや共発現状態の解析が可能。矢印は 2 種類のターゲットが共発現している細胞を示す。

 

HALO Imaging Analysisを用いた、定量的な発現解析

図2: HALO® Imaging Analysisを用いた、定量的な発現解析。組織全体/腫瘍領域/ストローマ領域それぞれにおける%positive, %co-expression等のデータが算出可能。

〜関連アプリケーションノート〜

 

遺伝子治療

RNAscope®を用いることで、AAVベクターの局在および導入遺伝子発現を組織内で同時に可視化することが可能です。

霊長類の眼組織におけるAAVベクターおよび導入遺伝子(GFP)発現

図3: 霊長類の眼組織におけるAAVベクターおよび導入遺伝子(GFP)発現をRNAscope®により検出した。
左上:プローブ設計。CB promoter配列に結合するプローブと導入遺伝子mRNAに結合するプローブを設計した。
左下:網膜組織全体図。AAV感染部位特異的にシグナルの検出を確認した。
右:拡大画像。AAV Vectorの局在と導入遺伝子の発現を確認した。

 

CRISPR/Cas9によるin vivoゲノム編集効果

図4: CRISPR/Cas9によるin vivoゲノム編集効果をBaseScope Duplex Assayにて検出した。49塩基欠損を引き起こすLNP based CRISPR/Cas9を投与したマウス肝臓組織では、改変された遺伝子の特異的なシグナルが確認された。

GPCR の検出

RNAscope® では GPCR や Ion Channel をはじめとしたあらゆる膜タンパク質の mRNA を検出可能です。

マウス線条体新鮮凍結切片において、RNAscope(R) Multiplex Fluorescent Assay によるDRD1(赤), DRD2(緑)の染色

図5:マウス線条体新鮮凍結切片において、RNAscope® Multiplex Fluorescent Assay によるDRD1(赤), DRD2(緑)の染色を行った。組織中における、それぞれの中型有棘ニューロン(DRD1陽性、DRD2陽性)の分布および割合を鮮明に可視化した。

〜関連アプリケーションノート〜

ターゲットリスト

  •  既存のプローブのリストはコチラ
    既存ブローブが無い場合、カスタムでプローブを作製します。

 

納期

  • サンプルがメーカーに到着後約 4〜10 週間

 

創薬に関するご相談 フォームでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「RNAscope® /BaseScope ™ Pharma Assay Service Advanced Cell Diagnostics社;超高感度ISHテクノロジー、RNAscope®およびBaseScope™の受託解析サービス」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO