商品情報

記事ID : 14478
研究用

DNAやRNAを抽出したとき、DNAを増幅したとき、遺伝子確認をするとき特集:アガロースゲル電気泳動

このエントリーをはてなブックマークに追加

コスモ・バイオは、電気泳動装置、核酸(DNA/RNA)染色試薬、トランスイルミネーターなど、アガロースゲル電気泳動をトータルでサポートする製品を販売しています。

背景

アガロースゲル電気泳動の原理と方法

アガロースゲル電気泳動は、寒天の主成分であるアガロースを使用する電気泳動で、核酸をその大きさに応じて分離する手法です。DNA、RNAなどの核酸分子はそれぞれに大きさ(長さ)と荷電を持っており、泳動距離は分子量の大きいものほど流れにくく、小さいものほど流れやすくなります。

  1. TAEやTBEなどのバッファー(緩衝液)に高純度のアガロースを加え、加熱して溶かした後、型枠に入れて固めます(ゲルの作製)。
    • アガロースの量は分離したい核酸の大きさに応じて変更しますが、濃度にして0.8-4%がよく用いられます。
    • ゲル作製の際に樹脂製で櫛(くし)状になったパーツ(コームと呼ぶ)を型枠にさしておき、後にサンプル(核酸)溶液を注入するための穴(wellと呼ばれる)を作製します。
  2. ゲルが固まったら同じバッファーの入った水槽(電気泳動槽)に入れ、サンプル(核酸)溶液を静かに注入します。準備ができたら一方から電圧をかけ、電気泳動を開始します。
  3. 一定時間後、ゲルを取り出し、臭化エチジウム(EtBr)などの核酸染色溶液に沈めます(後染め)。
    • 染色液をあらかじめサンプル(核酸)溶液やアガロースゲルに添加しておく場合もあります(先染め)。
  4. EtBrなど染色色素は二本鎖DNAの隙間に入り込み(インターカレート)、この状態で紫外線等の励起光を照射すると蛍光が発せられ、核酸の存在が確認できることになります。
    • EtBrの量はDNAの分子の長さと量に比例することになるため、蛍光の強さによってDNA量を確認することもできます。

生物から核酸(DNAやRNA)を抽出した際、その確認のためにアガロースゲル電気泳動を行います。またPCRによりDNAを増幅したときや、プラスミドベクターに組み込んだ目的の遺伝子を確認するため、制限酵素処理を行った後、電気泳動を実施することもあります。

[技術情報]アガロースゲル

アガロースゲル電気泳動製品

高品質、安価、長い歴史、豊富なラインナップのアガロース

CONDA社アガロース

※各種サンプルのご用意があります。

計らなくていい! 入れる!溶かす!それだけ! 「アガロースタブレット」

Bio-Helix(GDX)社 アガロースタブレット_画像1Bio-Helix(GDX)社 アガロースタブレット_画像2

TAEバッファー、TBEバッファー

ハンディタイプの小型紫外線(UV)ランプ

紫外線ランプ

紫外線(UV)トランスイルミネーター

トランスイルミネータートランスイルミネーター

白色光イルミネーター

トランスイルミネーター

スマートフォンがゲル撮影装置になるフード

スマートフォン用ゲル撮影フード Imagel

ゲル切り出し用 消耗品/器具

ゲル断片回収ツールゲル断片回収ツール

臭化エチジウム除去スプレー

臭化エチジウム除去スプレー

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO