ページの本文へ移動

記事ID : 45673
研究用

RNAの翻訳、局在化、安定化等に役割を果たす修飾ヌクレオチドの1つを検出 Pseudouridine(シュードウリジン)抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

Pseudouridine 抗体(anti Pseudouridine antibody)は、Pseudouridine(シュードウリジン、Ψ)を検出するマウスモノクローナル抗体です。

国内在庫あり小包装あり交換保証付き

[4月30日(火)まで]商品購入でもらえる!春の特典キャンペーン2024 キャンペーン中
[オススメ情報]ミニマルな免染試薬!IHC発色キット(ポリマー試薬&基質入り)
[アプリケーションノート公開中]実績急上昇!FlexAble(フレクサブル)抗体標識キット
[IHC染色用のポリマー試薬が登場!]『Multi-rAb(マルチ・ラブ)』二次抗体シリーズ

背景

Pseudouridine(シュードウリジン)とは?

シュードウリジン(pseudouridine、Ψ)は、ヌクレオシド(Nucleosideとは、塩基と糖が結合した化合物です。さらにリン酸基と結合すると核酸(DNAやRNA)を構成するヌクレオチドとなります)の1つである「ウリジン(Uridine:ウラシルとリボース(糖)が結合したリボヌクレオシド)」の異性体(isomer)です。ウリジンはRNAを構成するヌクレオシドの1つです。ウリジンに対してシュードウリジン(pseudouridine)では、ウラシルとリボース環の間のグリコシド結合が異なり、N-C結合がC-C結合に置き換わっています。

転写後・合成後のRNAは、化学的修飾を受けることが知られており、これまでに百種類以上のRNA修飾が特徴付けされています。RNA修飾は、転写後のRNAを潜在的に調節することができ、細胞内のRNAの翻訳、局在化および安定化を含む様々な役割を担います。その中で、シュードウリジン(pseudouridine)は、最も豊富に存在するRNA修飾の1つです[PMID:29104216 外部リンク]。rRNA(リボソームRNA)やtRNA(転移RNA、トランスファーRNA)中のシュードウリジン(pseudouridine)は、RNA構造の微調整および安定化、mRNAのデコーディング、リボソームのアッセンブリ、プロセシングおよび翻訳における機能維持に重要であることが報告されています[PMID:10902565 外部リンク23391857 外部リンク27348156 外部リンク28045575 外部リンク]。snRNA(核内低分子RNA)中のシュードウリジン(pseudouridine)は、スプライソソーム中のsnRNAとmRNA前駆体(pre-mRNA)との相互作用を増強し、スプライシング調節に関わることが示唆されています[PMID:26873591 外部リンク27268497 外部リンク]。シュードウリジン(pseudouridine)は、自然免疫においてRNAを樹状細胞が異物として認識する働きを抑制するため、mRNAワクチンの免疫原性を低下させることが知られています[PMID:16111635 外部リンク18797453 外部リンク20457754 外部リンク、ノーベル賞プレスリリース:https://www.nobelprize.org/prizes/medicine/2023/press-release/ 外部リンク

本抗体(品番:68578-1-IG)は、シュードウリジン(CAS RN®:1445-07-4 外部リンク)に対して作製されたマウスモノクローナル抗体であり、ELISAアッセイやドットブロットによるシュードウリジン(pseudouridine)の検出実験に利用できます。

■ Proteintech Group(プロテインテック)とは?

Proteintech Group, Inc.(プロテインテック)社は、2001年に設立された抗体製造メーカーです。現在までに、米国本社の他、英国、中国、ドイツ、フランス、シンガポール等で支社を展開し、各国で様々なマーカー抗体、タンパク質研究用試薬を供給しています。国内におけるテクニカルサポート等は、2016年より株式会社プロテインテック・ジャパン(www.ptglab.co.jp 外部リンク)が担当しています。

  • 全てオリジナル商品:自社ラボで製造、検証済み(購入後1年間の交換保証付き)
  • 数多くの評判:国内・海外における累計104,300報以上の論文使用実績(2024年4月現在)
  • 迅速な納期:約14,500品目を当社倉庫に国内在庫!
\今なら「春の特典」付き!/

プロテインテックは「日本で成長している抗体サプライヤー」

プロテインテックとChromoTek(クロモテック、ドイツ)は、引用数ランキング付の抗体検索サイトを運営する英国「CiteAb 外部リンク」が主催の「2022 CiteAb Awards」において「Researchers' choice(研究者の選択)外部リンク」部門と「Environmental Initiative of the Year(今年の環境イニシアチブ)外部リンク」部門でそれぞれ受賞者として選出されました。優れた品質およびカスタマーサービス、環境への取り組みが高く評価されています。

また「Which suppliers should you watch in the Japanese antibody market?(日本の抗体市場で注目すべきサプライヤーは?)外部リンク」のブログ記事で、近年発表された論文中の製品引用数を根拠にプロテインテックが「日本で成長している抗体サプライヤー」として「注目に値するシェアの拡大・急上昇」を見せていると言及されています。以下のリンクから、プロテインテックの主なカテゴリー製品をご覧いただけます。

 

特長

■ モノクローナル抗体
商品名Pseudouridine 抗体(Anti Pseudouridine antibody)
品番68578-1-Ig 外部リンク
タイプマウスモノクローナル
交差性Pseudouridine
アプリケーションDot Blot、ELISA
標識非標識
別名5-ribosyluracil, Pseudouridine, Ψ
GeneID
(遺伝子データベース情報)
-
抗原Pseudouridine
アイソタイプIgG1
バッファーPBS with 0.02% sodium azide and 50% glycerol pH 7.3.
精製方法Protein G purification
KD/KO 検証-
保存方法

使用例

■ Pseudouridine モノクローナル抗体(品番:68578-1-Ig)

シュードウリジン抗体を用いたBSAシュードウリジンプレートのELISA検出結果
図1
Indirect ELISA and competitive ELISA results show that this antibody is specific to Pseudouridine. Indirect ELISA was performed by coating BSA conjugated Pseudouridine at 10ng/well followed by blocking with 1% BSA. Serial diluted primary antibody was added to the plates and incubated at 37℃. HRP-goat anti-mouse was used for detection. Competitive ELISA was performed similarly except that different concentration of Pseudouridine or its structure analogue compounds are mixed in primary antibody (fixed at 10 ng/mL).
シュードウリジン抗体を用いたHeLa細胞抽出RNAのドットブロット検出結果
図2
Total RNA was isolated from HeLa cell line and was dotted to NC membrane at different amount as indicated above the dots. The membrane was blocked with BSA and blotted with Pseudouridine antibody 68578-1-Ig at 1:2000 followed by incubation of HRP-goat anti-mouse secondary antibody. Signal was developed by ECL substrate. A parallel dot blot was performed using mouse IgG1 isotype control antibody 66360-1-Ig at the same dose.

■ 全ての評価データはこちらから閲覧できます

Pseudouridine 抗体

■ モノクローナル抗体(20 UL包装の トライアルサイズ 外部リンク あります。150 UL包装は国内在庫あり※

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Pseudouridine, Trial Size: 20 UL,  (Mouse) Unlabeled, 1G7C7 詳細データ PGI 68578-1-IG 20 UL
¥23,000
Anti Pseudouridine,  (Mouse) Unlabeled, 1G7C7 詳細データ PGI 68578-1-IG 150 UL
¥67,000

※ 国内在庫[あり/なし]の最新状況は、↑  品名  クリック先ページ  当社在庫  の表示をご確認ください。タイミングによって[入荷予定あり/当社在庫なし]の場合があります。

◆◇【春の特典キャンペーン】日頃のご愛顧に感謝を込めて、商品発送時にギフトをお届けします ◇◆

プロテインテック 春の特典キャンペーン2024 期間:2024年4月30日(火)まで好評

◆◇【最短翌営業日にお届け!】約2万点の国内在庫をご用意しています ◇◆

◆◇【高感度なIHC染色に!ポリマー試薬も新登場】Multi-rAb(マルチ・ラブ)二次抗体 ◇◆

Multi-rAb(マルチ・ラブ)カクテルタイプの組換え二次抗体バナー

◆◇ トライアルサイズ抗体購入者限定!次回購入時に使えるお得なクーポン配布中 ◇◆

プロテインテック社 一次抗体トライアルサイズ購入者限定!30%オフクーポン配布キャンペーン

◆◇【ELISAキット¥80,000/96ウェル】プロテインテックの免疫アッセイキット ◇◆

◆◇ cGMPグレードも選べる!ヒト細胞由来のサイトカイン・増殖因子 ◇◆

 HumanKine リコンビナントタンパク質

[シームレスな移行を実現!2つのグレードから選べます]

◆◇ 次世代ツールのナノ抗体!アルパカ由来のVHH抗体(Nanobody®)製品 ◇◆

ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

◆◇【アプリケーションノート公開中】実績急上昇!FlexAble抗体標識キット ◇◆

FlexAble(フレクサブル)抗体標識キット

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Pseudouridine(シュードウリジン)抗体」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

オウンドメディア

※当社のWEBサイトはユーザーの利便性を最適にし、それを保証するためにクッキーを使用しています。
 このWEBサイトの利用を継続することで、クッキーの使用に同意することになります。

© COSMO BIO