商品情報

 細胞内オルガネラの機能応答は、形態に加え、細胞生理を評価するための有用なパラメーターです。
機能応答には、細胞周期進行中の核DNAの複製、小胞体からの受容体を介したカルシウム動態、ミトコンドリアでの活性酸素種の生成、増殖時における娘細胞の原形質膜へのリン脂質の再分布などの現象が含まれます。これらの現象は全て、化学物質、生物学的物質、環境因子によって調節されています。

細胞周期

 細胞周期の進行は、さまざまな細胞周期調節因子間の複雑な相互作用によって、細胞周期の各段階に進むよう刺激したり、あるいはその進行を阻害するよう制御されています。これらの調節因子は転写因子を活性化し、それにより活性化した転写因子はDNAに結合することで、細胞分裂を誘起するタンパク質の生産をオンまたはオフにします。この調節カスケードの任意のステップの機能不全は、ガンなどの多くのヒト疾病の根底にある異常な細胞増殖を惹起します。これらの状態を理解するには、細胞周期の変化のメカニズムを理解することです。

カルシウム動態

酸化ストレスカルシウムイオンは、細胞内の多くの生理学的およびシグナル伝達プロセスに関与する重要なセカンドメッセンジャーです。Gαq共役GPCRの活性化に応答した細胞内貯蔵からのカルシウム動態は、受容体や化合物の薬理学的特性評価への標準的なアプローチと考えられています。また、リード化合物の化合物構造活性相関(SAR)の他、一次スクリーニングでも頻繁に利用されています。

酸化ストレス

 酸化ストレスは、成長、分化、およびアポトーシスを含む死のプロセスの調節に関与しています。多くの疾病が過剰なROS生成に関与し、ROSは細胞呼吸の副産物として主にミトコンドリアで生成される場合と循環好中球の活性化によって生じる場合があります。細胞内で生成されたフリーラジカルは、タンパク質、脂質、DNAなど、様々な細胞成分を損傷する可能性があります。しかし、低濃度では、細胞内シグナル伝達のセカンドメッセンジャーとして機能する場合があります。

 親油性蛍光プローブを細胞膜に組み込むことは、細胞増殖の観察には便利で簡単なアプローチです。新たに標識された細胞は、細胞分裂ごとに半減する特定の蛍光強度を持ち、フローサイトメトリーで容易に定量化できます。

■ 細胞周期

■ カルシウム動態

■ 酸化ストレス

■ 低酸素ストレス

■ 多剤耐性

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO