商品情報

記事ID : 10649
研究用

Hepatic Cell System正常ヒト初代培養細胞 - 肝臓関連

このエントリーをはてなブックマークに追加

ScienCell社では、肝類洞内皮細胞(HHSEC)、肝単核細胞(LMC)、肝細胞(HH)、肝星状細胞(HHSteC)、肝マクロファージ(HHMa)などのヒト由来肝細胞(Hepatic Cell System)を販売しています。

【ご注意】ScienCell Research Laboratories社では、推奨の培地及び試薬を用いて、推奨プロトコルに従い培養された場合のみ品質を保証しております。

商品紹介トップへ 脂肪細胞 腎臓・膀胱・尿道 肺・気管
脳・神経 肝臓 皮膚・毛 生殖器・乳腺・卵巣
眼球 口腔 骨格・骨格筋 臍帯
心臓 食道・胃腸 間葉系幹細胞 リンパ系・扁桃
内分泌系(副腎・膵臓・胸腺) 脾臓 甲状腺  
正常動物初代細胞 正常初代細胞用培地

パンフレットあります!無料配布中!

サイエンセル社 正常ヒト初代細胞・動物細胞/専用培地 パンフレット 2018年改訂版
請求する[無料]
正常ヒト初代細胞・動物細胞/専用培地 パンフレット

肝類洞内皮細胞 (HHSEC)

肝臓は、2つの異なる内皮細胞型:血管および正弦波を含みます。正弦波状内皮細胞(SEC)は、樹状細胞を連想させるユニークな表現型を有する微小血管内皮細胞であり、CD4 + T細胞の抗原提示細胞として独特の機能を有します。SECは、免疫応答の局所的制御および肝臓における免疫寛容の誘導に関与すると思われる新しいタイプの臓器常在型「非専門的」抗原提示細胞です。門脈静脈構成要素および正弦波細胞集団からの可溶性メディエーターを含む肝臓微小環境は、免疫介在損傷を避けるためにSECによる抗原提示を強く制御しています。 SECは、よく特徴付けられた表面受容体を発現し、大血管内皮細胞と形態的および代謝的に異なります。これまでの研究では、SECは、肝臓の再生中に環境的な帯状刺激に迅速かつ局所的に応答する多孔質の動的調整剤であることが示されています。 SECの機能不全および構造の変化は、肝臓全体に広範囲に波及しています。

 

【商品詳細】

  • 由来組織: ヒト肝臓
  • 凍結時の状態: 精製した後すぐ
  • バイアル中の細胞数: >5 x 10^5細胞/mL
  • ウィルスおよび細菌検査: HIV-1、HBV、HCV、マイコプラズマ、細菌、酵母、真菌について陰性
  • ScienCell社の推奨プロトコールに沿って培養した場合、5回の 細胞分裂(population doubling)が保証されています
ヒト肝細胞(HH) 位相差顕微鏡画像 100×
ヒト肝静脈内皮細胞(HHSEC)
位相差顕微鏡画像 100×
ヒト肝静脈内皮細胞(HHSEC) レリーフコントラスト画像 100×
ヒト肝静脈内皮細胞(HHSEC)
レリーフコントラスト画像 100×
ヒト肝静脈内皮細胞(HHSEC) ファクターVIIIの免疫蛍光染色 100×
ヒト肝静脈内皮細胞(HHSEC)
ファクターⅧの免疫蛍光染色 200×
 

画像はクリックで拡大されます

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
肝類洞内皮細胞 (HHSEC)
Hepatic Sinusoidal Endothelial Cells, Human詳細データ
SCR 5000 1 VIAL
[5 x 10^5 cells/vial]
¥189,000
pagetop

肝単核細胞(LMC)

肝単核細胞(LMC)は、肝臓に存在し、自然検疫系および獲得免疫系で重要な働きをします。初代培養肝単核細胞は、小リンパ球、大型顆粒リンパ球、単球、顆粒球の不均一な集団です。自然免疫系および獲得免疫系の研究にご使用いただけます。

 

【商品詳細】

  • 由来組織: ヒト肝臓
  • 凍結時の状態: 赤血球および肝マクロファージを除去し、精製した後すぐ
  • バイアル中の細胞数: >1 x 10^7/mL
  • Tリンパ球、Bリンパ球、NK細胞、単球を含む細胞の混合集団
  • ウィルスおよび細菌検査: HIV-1、HBV、HCV、マイコプラズマ、細菌、酵母、真菌について陰性
  • ScienCell社の提示する条件を用いて短時間の維持が可能。長期培養は想定していません。

ヒト肝単核細胞(HLMC) レリーフコントラスト画像 200×
ヒト肝単核細胞(HLMC)
レリーフコントラスト画像 100×

画像はクリックで拡大されます

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
肝臓単核細胞
Liver Mononuclear Cells, Human詳細データ
SCR 5050 1 VIAL
[10 million cells in 1 ml volume]
¥177,000
pagetop

肝細胞 (HH)

肝臓は、エネルギー代謝、生体異物の分解、血漿タンパク質の合成等の重要な働きを担う器官です[1]。ヒト初代肝細胞培養は、このような肝臓特異的機能を研究するための重要な実験モデルとなります。また、遺伝子治療、細胞移植、肝臓サポートシステム等にも重要となります[2, 3]。肝細胞培養は肝機能や代謝、肝疾患研究における優れた in vitro モデルであり、肝臓の分子メカニズムを理解することで、肝臓病の新たな治療法を解明する糸口となる可能性があります。

 

【商品詳細】

  • 由来組織: ヒト肝臓
  • 凍結時の状態: 精製した後すぐ
  • バイアル中の細胞数: >1 x 10^6/mL
  • ウィルスおよび細菌検査: HIV-1、HBV、HCV、マイコプラズマ、細菌、酵母、真菌について陰性
  • 本商品は増殖しないため、拡大培養や長期培養は推奨しません
ヒト肝細胞(HH) 位相差顕微鏡画像 100×
ヒト肝細胞(HH)
位相差顕微鏡画像 100×
ヒト肝細胞(HH) レリーフコントラスト画像 100×
ヒト肝細胞(HH)
レリーフコントラスト画像 100×
ヒト肝細胞(HH) CK-18 抗体の免疫蛍光染色 100×
ヒト肝細胞(HH)
CK-18 抗体の免疫蛍光染色 100×
 

画像はクリックで拡大されます

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
肝細胞 (HH)
Hepatocytes, Human詳細データ
SCR 5200 1 VIAL
[1 x 10^6 cells/vial]
¥174,000
Hepatocytes, Human詳細データ SCR 5200-2 1 VIAL
[2 x 10^6 cells/vial]
納期未定
¥269,000
pagetop

肝星状細胞 (HHSteC)

肝星状細胞 (HSteC)は、筋線維芽細胞様または脂質細胞の表現型を持つ小葉内の結合組織細胞で、肝臓の細胞外マトリックスの恒常性維持、修復、再生、線維化、レチノールの代謝、貯蔵、放出の制御に関与しています。肝損傷の後、HSteC は、筋線維芽細胞様細胞に形質転換し、線維症の肝臓において I 型コラーゲンの主要な供給源となります。これらの特徴の他に、HSteC は細胞収縮を介して肝臓の微小環境のレギュレーターとして働き、病態下では、肝内性門脈圧亢進症の原因となります[1, 2]。HSteC の増殖や移動、および、ケモカインの発現は、肝臓の炎症や線維症の発病に関与します。HSteC 活性化の調節機構に関する新しい知見は、慢性肝障害を有する患者の罹患率および死亡率の減少につながります。

 

【商品詳細】

  • 由来組織: ヒト肝臓
  • 凍結時の状態: 精製した後すぐ
  • バイアル中の細胞数: >5 x 10^5/mL
  • ウィルスおよび細菌検査: HIV-1、HBV、HCV、マイコプラズマ、細菌、酵母、真菌について陰性
  • 保証する細胞分裂回数: 15 (継代数での保証はしておりません)
ヒト肝星状細胞 (HHSteC) 位相差顕微鏡画像 100×
ヒト肝星状細胞 (HHSteC)
位相差顕微鏡画像 100×
ヒト肝星状細胞 (HHSteC) レリーフコントラスト画像 400×
ヒト肝星状細胞 (HHSteC)
レリーフコントラスト画像 400×
ヒト肝星状細胞 (HHSteC) α-SMA 抗体の免疫蛍光染色 400×
ヒト肝星状細胞 (HHSteC)
α-SMA 抗体の免疫蛍光染色 400×
 

画像はクリックで拡大されます

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
肝星状細胞 (HHSteC)
Hepatic Stellate Cells, Human詳細データ
SCR 5300 1 VIAL
[5 x 10^5 cells/vial]
¥174,000
pagetop

肝マクロファージ(HHMa)

マクロファージは、循環している骨髄由来の単球から分化した細胞です。マクロファージの主な機能は、細胞破片を除去し、侵入する病原体を破壊することです。ヒト肝マクロファージ(HHMa)は、クッパー細胞としても知られ、肝類洞腔中に存在します。ヒト肝マクロファージは、病原体および転移細胞に応答し、同時に、自己抗原と門脈および肝動脈を介して流入する無害な外来抗原に対して免疫寛容を誘導することで、肝臓を保護します[1]。また、最近の研究では、線維症、肝炎、脂肪性肝疾患、肝移植において重要な役割を果たすことが示されています[2-4]。肝マクロファージは、正常な生理学的・病理学的条件下で、マクロファージの機能を研究するための優れたモデルです。

 

【商品詳細】

  • 由来組織: ヒト肝臓
  • 凍結時の状態: 精製した後すぐ
  • バイアル中の細胞数: >1 x 10^6/mL
  • ウィルスおよび細菌検査: HIV-1、HBV、HCV、マイコプラズマ、細菌、酵母、真菌について陰性
  • ScienCell社が提示する条件での培養を保証しますが、肝マクロファージは通常の培養で増殖しないため、拡大培養や長期培養は推奨しません。
ヒト肝マクロファージ(HHMa) 位相差顕微鏡画像 100×
ヒト肝マクロファージ(HHMa)
位相差顕微鏡画像 100×
ヒト肝マクロファージ(HHMa) レリーフコントラスト画像 100×
ヒト肝マクロファージ(HHMa)
レリーフコントラスト画像 100×
ヒト肝マクロファージ(HHMa) F4/80 抗体の免疫蛍光染色 100×
ヒト肝マクロファージ(HHMa)
F4/80 抗体の免疫蛍光染色 100×
 

画像はクリックで拡大されます

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
肝マクロファージ
Hepatic Macrophages, Human詳細データ
SCR 5340 1 VIAL
[1 x 10^6 cells]
納期未定
¥177,000
pagetop

肝内胆管上皮細胞

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
肝内胆管上皮細胞
Intrahepatic Biliary Epithelial Cells, Human詳細データ
SCR 5100 1 VIAL
[5 x 10^5 cells]
¥201,000
pagetop

胚嚢線維芽細胞

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Gallbladder Fibroblasts, Human詳細データ SCR 5430 1 VIAL
[5 x 10^5 cells/vial]
¥177,000
pagetop

推奨培地

推奨培地は各細胞品番のデータシートをご参照ください。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
内皮細胞用培地
Endothelial Cell Medium詳細データ
SCR 1001 500 ML
¥28,000
肝細胞用培地
Hepatocyte Medium詳細データ
SCR 5201 500 ML
¥28,000
星状細胞用培地
Hepatic Stellate Cell Medium詳細データ
SCR 5301 500 ML
¥26,000
HematoGro Medium詳細データ SCR 5501 500 ML
¥29,000
HematoGro Medium-Animal Component Free詳細データ SCR 5521 500 ML
¥35,000

推奨培地の希望販売価格等は「ScienCell Research Laboratories社 初代培養細胞用培地」のページでご確認ください。

  • ScienCell Research Laboratories社の倫理指針はこちら
  • ScienCell Research Laboratories社各商品のLot毎のCoAはこちら

参考文献

【肝細胞 (HH)】

  1. Runge, D., Michalopoulos, G. K., Strom, S. C. and Runge, D. M. (2000) Recent advances in human hepatocyte culture systems. Biochem. Biophysi. Res. Comm. 274:1-3. 
  2. Chen, H. L., Wu, H. L., Fon, C. C., Chen, P. J., Lai, M. Y. and Chen, D. S. (1998) Long-term culture of hepatocytes from human adults. J. Biomed. Sci. 5:435-440.
  3. Fitzpatrick, E., Mitry, R. R. and Dhawan, A. J. (2009) Human hepatocyte transplantation: state of the art. Intern. Med. 266:339-57.
  4. Okamoto, M., Ishida, Y., Keogh, A. and Strain, A. (1998) Evaluation of the function of primary human hepatocytes co-cultured with the human hepatic stellate cell (HSC) line LI90. Int. J. Artif. Organs 21:353-359.

【肝星状細胞 (HHSteC)】

  1. Runge, D., Michalopoulos, G. K., Strom, S. C. and Runge, D. M. (2000) Recent advances in human hepatocyte culture systems. Biochem. Biophysi. Res. Comm. 274:1-3.
  2. Chen, H. L., Wu, H. L., Fon, C. C., Chen, P. J., Lai, M. Y. and Chen, D. S. (1998) Long-term culture of hepatocytes from human adults. J. Biomed. Sci. 5:435-440.
  3. Fitzpatrick, E., Mitry, R. R. and Dhawan, A. J. (2009) Human hepatocyte transplantation: state of the art. Intern. Med. 266:339-57.
  4. Okamoto, M., Ishida, Y., Keogh, A. and Strain, A. (1998) Evaluation of the function of primary human hepatocytes co-cultured with the human hepatic stellate cell (HSC) line LI90. Int. J. Artif. Organs 21:353-359.

【肝マクロファージ(HHMa)】

  1. Liaskou E, Wilson DV, Oo YH. (2012) "Innate immune cells in liver inflammation." Mediators Inflamm. 2012: 949157.
  2. Bieghs V, Verheyen F, van Gorp PJ, Hendrikx T, Wouters K, Lutjohann D, Gijbels MJ, Febbraio M, Binder CJ, Hofker MH, Shiri-Sverdlov R. (2012) "Internalization of modified lipids by CD36 and SR-A leads to hepatic inflammation and lysosomal cholesterol storage in Kupffer cells." PLoS One. 7: e34378.
  3. Tian Y, Jochum W, Georgiev P, Moritz W, Graf R, Clavien PA. (2006) "Kupffer cell-dependent TNF-alpha signaling mediates injury in the arterialized small-for-size liver transplantation in the mouse." Proc Natl Acad Sci U S A. 103: 4598-603.
  4. Seki E, de Minicis S, Inokuchi S, Taura K, Miyai K, van Rooijen N, Schwabe RF, Brenner DA. (2009) "CCR2 promotes hepatic fibrosis in mice." Hepatology. 50: 185-97.

特集:マイコプラズマ対策

マイコプラズマ対策:検出・除去・感染予防試薬

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO