商品情報

記事ID : 10703
研究用

Lymphatic Cell System | Tonsil Cell System正常ヒト初代培養細胞 - リンパ管 / 扁桃

このエントリーをはてなブックマークに追加

ScienCell社ではリンパ管内皮細胞(HLEC)、リンパ管線維芽細胞(HLF)などのヒト由来リンパ関連細胞(Lymphatic Cell System)やヒト扁桃上皮細胞、ヒト扁桃維芽細胞などのヒト由来扁桃細胞(Tonsil Cell System)を販売しています。

【ご注意】ScienCell Research Laboratories社では、推奨の培地及び試薬を用いて、推奨プロトコルに従い培養された場合のみ品質を保証しております。

商品紹介トップへ 脂肪細胞 腎臓・膀胱・尿道 肺・気管
脳・神経 肝臓 皮膚・毛 生殖器・乳腺・卵巣
眼球 口腔 骨格・骨格筋 臍帯
心臓 食道・胃腸 間葉系幹細胞 リンパ系・扁桃
内分泌系(副腎・膵臓・胸腺) 脾臓 甲状腺  
正常動物初代細胞 正常初代細胞用培地

パンフレットあります!無料配布中!

サイエンセル社 正常ヒト初代細胞・動物細胞/専用培地 パンフレット 2018年改訂版
請求する[無料]
正常ヒト初代細胞・動物細胞/専用培地 パンフレット

リンパ関連細胞

リンパ単核細胞(HLyMC)

リンパ単核細胞は、リンパ節に存在し、自然免疫系と適応免疫系に重要な機能を果たしています[1]。初代リンパ単核細胞は、T細胞[ヘルパーT細胞、細胞障害性T細胞、γδ(ガンマ・デルタ)T細胞]、B細胞、ナチュラルキラー(NK)細胞などを含む単核細胞の混合集団です。自然免疫系および適応免疫系の研究にご利用いただけます。

【商品詳細】

  • 由来組織: ヒトリンパ節
  • 赤血球を枯渇させ、単離した直後に凍結保存
  • T細胞、B細胞、NK細胞を含む細胞の混合集団
  • バイアル中の細胞数: >1 x 10^7/mL
  • ウィルスおよび細菌検査: マイコプラズマ、細菌、酵母、真菌について陰性
  • ScienCell社の提示する条件を用いて限られた期間の維持が可能。長期培養は想定していません。

Phase Contrast, 200x
リンパ単核細胞の明視野写真, 200倍

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Lymphatic Mononuclear Cells, Human詳細データ SCR 2540 1 VIAL
[10 million cells in 1 ml volume]
納期未定
¥159,000

正常ヒト初代培養細胞 - リンパ管

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
リンパ管内皮細胞 (HLEC)
Lymphatic Endothelial Cells, Human詳細データ
SCR 2500 1 VIAL
[5 x 10^5 cells/vial]
¥186,000
リンパ管線維芽細胞 (HLF)
Lymphatic Fibroblasts Cells, Human詳細データ
SCR 2530 1 VIAL
[5 x 10^5 cells/vial]
¥162,000

推奨培地(リンパ関連細胞)

推奨培地は各細胞品番のデータシートをご参照ください。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
内皮細胞用培地
Endothelial Cell Medium詳細データ
SCR 1001 500 ML
¥28,000
線維芽細胞用培地
Fibroblast Medium詳細データ
SCR 2301 500 ML
¥26,000
HematoGro Medium詳細データ SCR 5501 500 ML
¥29,000

推奨培地の希望販売価格等は「ScienCell Research Laboratories社 初代培養細胞用培地」のページでご確認ください。

  • ScienCell Research Laboratories社の倫理指針はこちら
  • ScienCell Research Laboratories社各商品のLot毎のCoAはこちら

扁桃細胞

扁桃内皮細胞(HTEC)

扁桃はリンパ系に分類され、咽頭に位置しています。扁桃は外来病原体に対して最初に防御する免疫系の一部であり、呼吸器感染症や胃腸感染症の予防に役立ちます。扁桃内皮細胞は血管を覆い、体液バランス、細胞輸送、免疫に能動的に関与します[1]。また、血液からのリンパ球のリクルートなど、扁桃において特殊な機能を果たしています [2, 3]。さらに、扁桃内皮細胞は、リンパ球の接着および血管外への漏出を促進するタンパク質を発現することが報告されています[3]。ヒトTEC(HTEC)の形態的および生理的な変化は、扁桃炎の発症を引き起こす可能性があります。HTECは、扁桃の炎症を研究するために有用なモデルとなります。

【商品詳細】

  • 由来組織:ヒト扁桃
  • 凍結時の継代数: P1
  • バイアル中の細胞数: >5 x 10^5/mL
  • ウィルスおよび細菌検査: HIV-1、HBV、HCV、マイコプラズマ、細菌、酵母、真菌について陰性
  • 保証する細胞分裂回数: 10 (継代数での保証はしておりません)
扁桃内皮細胞(HTEC) 扁桃内皮細胞(HTEC) 扁桃内皮細胞(HTEC)

左:扁桃内皮細胞 (HTEC) - 形態写真(位相差), 100倍
中央:扁桃内皮細胞 (HTEC) - レリーフコントラスト, 200倍
右:扁桃内皮細胞 (HTEC) - Factor VIIIの免疫蛍光染色写真, 200倍

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Tonsil Endothelial Cells, Human詳細データ SCR 2550 1 VIAL
[5 x 10^5 cells]
¥176,000

扁桃上皮細胞(HTonEpiC)

扁桃上皮は、活発に分化する二つの異なる上皮タイプ(重層扁平上皮、腺窩上皮、リンパ上皮)を含む不均一なリンパ系器官です。扁桃陰窩は、上皮およびリンパ系組織に近接するため、扁桃の免疫機能において重要で特殊化された区画です[1]。扁桃上皮のin situ 染色では、上皮ケラチンである K8、 K18およびK19の発現が陰窩の上皮細胞に局在していることを示します[2]。扁桃上皮細胞の培養では分化実験や、in situ染色で見られるケラチン発現パターンと一致した不均一な扁平上皮培養系が実現できます[3]。

【商品詳細】

  • 由来組織:ヒト正常扁桃
  • 凍結時の継代数: P1
  • バイアル中の細胞数: >5 x 10^5/mL
  • ウィルスおよび細菌検査: HIV-1、HBV、HCV、マイコプラズマ、細菌、酵母、真菌について陰性

扁桃腺上皮細胞(HTonEpiC)扁桃腺上皮細胞(HTonEpiC)

左:Human Tonsil Epithelial Cells (HTEpiC) - Phase contrast, 200x.
右:Human Tonsil Epithelial Cells (HTEpiC) - Relief contrast, 100x.

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
扁桃上皮細胞
Tonsil Epithelial Cells, Human詳細データ
SCR 2560 1 VIAL
[5 x 10^5 cells/vial]
¥192,000

扁桃線維芽細胞(HTF)

線維芽細胞は、胚性中胚葉由来の間葉系細胞で、細胞および分子研究で広く使用されています。その主な理由は、細胞培養系での増殖が簡単で、なおかつ耐久性があるため、遺伝子トランスフェクションからマイクロインジェクションに至る多様な操作が可能であることです。身体中の異なる部位の線維芽細胞は本質的には異なっています[1]。組織中の線維芽細胞は、軟部組織の修復と健常な構造に影響する動的な機械的環境にさらされています。線維芽細胞は、 I型および/またはIII型コラーゲンを多く含む細胞外マトリクス(non-rigid)を分泌し[2]、結合組織中の細胞外マトリックスの合成の多くに関与して創傷治癒における主要な役割を果たします。また、線維芽細胞は、組織中の他の細胞種への損傷を伴う線維症の原因になるなど、多くの疾患と関連しています。線維芽細胞は、正常な哺乳類細胞の中で、in vitroで培養に最も利用しやすい細胞の一つです。

【商品詳細】

  • 由来組織:ヒト扁桃
  • 凍結時の継代数: P1
  • バイアル中の細胞数: >5 x 10^5/mL
  • その他確認:紡錘状の形態
  • ウィルスおよび細菌検査: HIV-1、HBV、HCV、マイコプラズマ、細菌、酵母、真菌について陰性
  • 保証する細胞分裂回数: 15 (継代数での保証はしておりません)

扁桃腺線維芽細胞扁桃腺線維芽細胞扁桃腺線維芽細胞

左:Human Tonsil Fibroblasts (HTF) - Phase contrast, 100x.
中央:Human Tonsil Fibroblasts (HTF) - Relief contrast, 100x
右:Human Tonsil Fibroblasts (HTF) - Immunostaining for Fibronectin, 100x

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Tonsil Fibroblasts, Human詳細データ SCR 2570 1 VIAL
[5 x 10^5 cells/vial]
¥174,000

推奨培地(扁桃細胞)

推奨培地は各細胞品番のデータシートをご参照ください。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
内皮細胞用培地
Endothelial Cell Medium詳細データ
SCR 1001 500 ML
¥28,000
Tonsil Epithelial Cell Medium SCR 2561NZ 500 ML
¥49,000
線維芽細胞用培地
Fibroblast Medium詳細データ
SCR 2301 500 ML
¥26,000

推奨培地の希望販売価格等は「ScienCell Research Laboratories社 初代培養細胞用培地」のページでご確認ください。

  • ScienCell Research Laboratories社の倫理指針はこちら
  • ScienCell Research Laboratories社各商品のLot毎のCoAはこちら

参考文献

【リンパ単核細胞(HLyMC)】

  1. Willard-Mack C. (2006) "Normal structure, function, and histology of lymph nodes." Toxicol Pathol 34(5): 409-424.

【扁桃内皮細胞(HTEC)】

  1. Kelley P, Tempero R. (2010) “Lymphatic vessel hypertrophy in in inflamed human tonsils.” Lymphat Res Biol. 8(2): 121-126
  2. Garrafa E, Alessandri G, Benetti A, Turetta D, Corradi A, Cantoni A, Cervi E, Bonardelli S, Parati E, Giulini S, Ensoli B, Caruso A. (2006) “Isolation and characterization of lymphatic microvascular endothelial cells from human tonsils”. J Cell Physiol. 207(1): 107-113.
  3. Palmeri D, Zuo F, Rosen S, Hemmerich S. (2004) “Differential gene expression profile of human tonsil high endothelial cells: implications for lymphocyte trafficking.” J Leukoc Biol. 75(5): 910-927.

【扁桃上皮細胞(HTonEpiC)】

  1. Perry, M. E. (1994) The specialized structure of crypt epithelium in the human palatine tonsil and its functional significance. J. Anat. 185:111-127.
  2. Clark, M. A., C. Wilson, A. Sama, J. A. Wilson, and B. H. Hirst. (2000) Differential cytokeratin and glycoconjugate expression by the surface and crypt epithelia of human palatine tonsils. Histochem. Cell Biol. 114:311-321.
  3. Dirk M. Pegtel, Jaap Middeldorp, and David A. Thorley-Lawson (2004) Epstein-Barr virus infection in ex vivo tonsil epithelial cell cultures of asymptomatic carriers. J. Virology. 78(22):12613-12624.

【扁桃線維芽細胞(HTF)】

  1. Conrad, G. W., Hart, G. W., Chen, Y. (1977) Differences in vitro between fibroblast-like cells from cornea, heart, and skin of embryonic chicks. J. Cell Sci. 26:119-137.
  2. Gabbiani, G., Rungger-Brandle, E., The fibroblast. In Tissue Repair and Regeneration (L. E. Glynn, ed.), pp 1-50. Handbook of Inflammation, Vol. 3. Amsterdam, Elsevier, 1981.

特集:マイコプラズマ対策

マイコプラズマ対策:検出・除去・感染予防試薬

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「正常ヒト初代培養細胞 - リンパ管 / 扁桃」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO