• ホーム
  • 注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

Focus Issue: Autophagy as hero and villain

Editorial Guides

Sci. Signal. 28 Feb 2017:
Vol. 10, Issue 468,
DOI: 10.1126/scisignal.aam9622

Wei Wong*

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA.

* Corresponding author. Email: wwong@aaas.org

要約
このFocus Issueでは、心代謝疾患におけるストレスに対するオートファジー応答を探求し、オートファジーが心臓の病的肥大をどのように制限するかを明らかにし、さらにオートファジー自体がストレスに対する転写応答をどのように調節するかを説明する。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年2月28日号

Editor's Choice

がん細胞遊走の低酸素で誘導される可塑性

Editorial Guides

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

Research Article

DDiT4Lはストレスに応答してオートファジーを促進し病的心肥大を抑制する

Reviews

オートファジーからの逆行性シグナル伝達がストレス応答を調節する

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割