• ホーム
  • 特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

Focus Issue: Cancer—Beyond tumor genetics to protein landscapes

Editorial Guides

Sci. Signal. 14 Mar 2017:
Vol. 10, Issue 470,
DOI: 10.1126/scisignal.aan0430

Leslie K. Ferrarelli1,* and Nancy R. Gough2

1 Associate Editor, Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA.
2 Editor, Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA.

* Corresponding author. Email: lferrare@aaas.org

要約
細胞の増殖、転移能、循環血中での生存および免疫回避を制御するタンパク質が、がんの治療的介入の大半の標的である。さらに、がん細胞そのもののゲノムプロファイリングでは、腫瘍微小環境に関する重要な情報は闇の中に残されたままである。本特集に取り上げている論文は、ゲノムデータを、理論的には標的とすることができる異常なシグナル伝達につなげるための取り組み、さらに、腫瘍のタンパク質ランドスケープのみならず、腫瘍微小環境のタンパク質プロファイルに生じている変化を検討する戦略について記述している。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年3月14日号

Editor's Choice

sTREM2と神経炎症

Editorial Guides

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

Research Article

SPPL3に媒介されるADAM10の活性化がメラノサイトの形質転換の重要なステップであることがマルチエピトープ組織解析によって明らかに

PSMAはMAPKからPI3K-AKT経路へ細胞生存シグナル伝達を切り替えて前立腺がんの進行を促進する

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割