• ホーム
  • 変動原因:動物の微生物叢

変動原因:動物の微生物叢

Sources of variation: Animal microbiota

Editorial Guides

Sci. Signal. 21 Feb 2017:
Vol. 10, Issue 467,
DOI: 10.1126/scisignal.aam9011

Alexandra A. Mushegian

Editorial intern, Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA. Email: sciencesignalingeditors@aaas.org

要約
微生物叢が動物の生理に及ぼす様々な影響が実験のばらつきの一因となっている。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年2月21日号

Editor's Choice

新たなつながり:脂肪肝と闘うための新たな標的

Editorial Guides

変動原因:動物の微生物叢

Research Article

フラボノイドのシアニジンはサイトカインのインターロイキン(IL)17AとIL-17RAサブユニットの結合を阻害してin vivoにおける炎症を緩和する

鎮痛特性をもつ1型アデニル酸シクラーゼ活性の選択的低分子阻害剤の同定

ペントラキシン-3は基底細胞様乳がんの幹細胞様特性を促進するPI3Kシグナル伝達の標的である

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割