• ホーム
  • シグナル伝達界における保存されたAAA+ ATPアーゼPontinとReptinの登場

シグナル伝達界における保存されたAAA+ ATPアーゼPontinとReptinの登場

The Emergence of the Conserved AAA+ ATPases Pontin and Reptin on the Signaling Landscape

Meeting Reports

Sci. Signal., 12 March 2013
Vol. 6, Issue 266, p. mr1
[DOI: 10.1126/scisignal.2003906]

Jean Rosenbaum1,2*, Sung Hee Baek3†, Anindya Dutta4†, Walid A. Houry5†, Otmar Huber6†, Ted R. Hupp7†, and Pedro M. Matias8†

1 Universit? Bordeaux, Physiopathologie du Cancer du Foie, U1053, F-33000 Bordeaux, France.
2 INSERM, Physiopathologie du Cancer du Foie, U1053, F-33000 Bordeaux, France.
3 Department of Biological Sciences, Creative Research Initiatives Center for Chromatin Dynamics, Seoul National University, Seoul 151-742, South Korea.
4 Department of Biochemistry and Molecular Genetics, University of Virginia School of Medicine, Charlottesville, VA 22908, USA.
5 Department of Biochemistry, University of Toronto, 1 King's College Circle, Medical Sciences Building, Toronto, Ontario M5S 1A8, Canada.
6 Department of Biochemistry II, Jena University Hospital, Friedrich Schiller University, Jena, Germany.
7 Institute of Genetics and Molecular Medicine, University of Edinburgh, Edinburgh EH4 2XR, UK.
8 Instituto de Tecnologia Qu?mica e Biol?gica, Universidade Nova de Lisboa, Apartado 127, 2780 Oeiras, Portugal.

† These authors contributed equally to this work.

Meeting Information:The First International Workshop on Pontin (RUVBL1) and Reptin (RUVBL2) took place at the European Institute for Chemistry and Biology in Pessac, France, 16 to 19 October 2012.

* Corresponding author. E-mail: jean.rosenbaum@inserm.fr

要約:Pontin(RUVBL1、RVB1としても知られる)とReptin(RUVBL2、RVB2とも呼ばれる)は、保存されたタンパク質から成る大きなAAA+(さまざまな細胞活動に関連するアデノシントリホスファターゼ)スーパーファミリーの近縁のメンバーである。さまざまな細胞機能がPontinとReptinに依存しており、その主な理由は、これらのタンパク質が、細胞のエネルギー代謝、転写、クロマチンリモデリング、DNA損傷応答の調節に関与するタンパク質複合体の集合に機能することにある。しかしながら、これらの多様な機能間の相互接続や、関連するシグナル伝達経路が調節される仕組み、ヒトの疾患において相互接続が影響を受けているかどうか、これらの経路の構成成分が治療的介入の適切な標的となるかどうかは、ほとんど分かっていない。2012年10月16〜19日に開催されたFirst International Workshop on Pontin (RUVBL1) and Reptin (RUVBL2)では、これらのタンパク質のオリゴマー形成の性質、構造、種々のタンパク質複合体におけるパートナーとしての役割、細胞調節やシグナル伝達および病態生理への関与、さらに治療標的としての可能性が議論された。この会合の重要な成果は、PontinとReptinの機能の大部分が、大きなシグナル伝達タンパク質複合体の集合と機能に重要なシャペロンまたはアダプタータンパク質としての役割に関連するという、全体的な合意が得られたことであった。

J. Rosenbaum, S. H. Baek, A. Dutta, W. A. Houry, O. Huber, T. R. Hupp, P. M. Matias, The Emergence of the Conserved AAA+ ATPases Pontin and Reptin on the Signaling Landscape. Sci. Signal. 6, mr1 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年3月12日号

Editor's Choice

神経変性
グリアの死兆星

Research Article

p38 MAPKによるシグナル伝達は、選択的なprimaryマイクロRNAのプロセッシングのために、マイクロプロセッサ構成要素p68の核局在化を促進する

細胞間多様性解析がT細胞における共通γ鎖サイトカインのシグナル伝達の可塑性を解明する

Meeting Reports

シグナル伝達界における保存されたAAA+ ATPアーゼPontinとReptinの登場

最新のMeeting Reports記事

2016年8月30日号

定量的ヒト細胞百科事典

2013年3月12日号

シグナル伝達界における保存されたAAA+ ATPアーゼPontinとReptinの登場

2012年12月11日号

Wntシグナル伝達30周年

2012年10月30日号

ストレス反応と小児の健康

2011年9月6日号

クラウドソーシングネットワーク推測:DREAM予測シグナル伝達ネットワークの挑戦