商品情報

記事ID : 41992
研究用

ストレプトアビジン固定化バイオセンサーに!表面プラズモン共鳴(SPR)、バイオレイヤー干渉法(BLI)、ELISA検出に有用 Nano-CaptureLigand™ Anti-mouse IgG2b 抗体(ビオチン標識)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nano-CaptureLigand™(ナノキャプチャーリガンド)Alpaca anti-mouse IgG2b 抗体(Nano-CaptureLigand™ mouse IgG2b, VHH, biotinylated)は、表面プラズモン共鳴(SPR)やバイオレイヤー干渉法(BLI)を原理とするバイオセンサー、またはELISAアッセイに利用できるビオチン標識済みのアルパカ由来抗マウスIgG2b抗体です。

高親和性&高特異性アルパカ組換えVHHバイオセンサー/ELISA開発に最適

背景

■ VHH抗体とは?

VHH抗体は、Nanobody® としても知られるラクダ科動物の「重鎖抗体(Heavy chain-only antibody)」由来の抗原結合ドメインです。一般的な抗体と比べて、10分の1程度とサイズが小さく、高い特異性と親和性を示すことで知られます。

図. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図. ラクダ科動物のユニークな重鎖抗体・VHH
図. 従来の1/10ほどの分子量
図. 従来の1/10ほどの分子量
 

■ Nano-CaptureLigand™(ナノキャプチャーリガンド)とは?

Nano-CaptureLigand™(ナノキャプチャーリガンド)は、ビオチンを標識したアルパカ由来抗Ig(イムノグロブリン)抗体です。アビジンやストレプトアビジンでコーティングされたバイオセンサー上に固定化し、その上に「非ビオチン化抗体(マウスIgG2b)」を添加してキャプチャーすることで、目的抗原の分子間相互作用解析、検出および定量に使用できます。

  • SPR(表面プラズモン共鳴)
  • BLI(バイオレイヤー干渉法)
  • ELISA

■ Proteintech Group(プロテインテック)とは?

Proteintech Group, Inc.(プロテインテック)社は、2001年に設立された抗体製造メーカーです。現在までに、米国本社の他、英国、中国、ドイツ、フランス、シンガポール等で支社を展開し、各国で様々なマーカー抗体、タンパク質研究用試薬を供給しています。国内におけるテクニカルサポート等は、2016年より株式会社プロテインテック・ジャパン(www.ptglab.co.jp 外部リンク)が担当しています。

  • 全てオリジナル商品:自社ラボで製造、検証済み(購入後1年間の交換保証付き)
  • 数多くの評判:国内・海外における累計70,500報以上の論文使用実績(2022年7月現在)
  • 迅速な納期:約12,500品目を当社倉庫に国内在庫!

プロテインテックグループにChromoTek®(クロモテック)が加わりました!

旧ChromoTek社製品はプロテインテックがお届けします

主に『アルパカ抗体(組換えVHH)』の製造を行う旧ChromoTek®(クロモテック、ドイツ)社(www.chromotek.com 外部リンク)は、2020年10月よりProteintech Group(プロテインテック 、米国)ブランドの一部になりました。緑色蛍光タンパク質(GFP)の免疫沈降(IP)実験で3,170報以上の文献実績を有する GFP-Trap® をはじめ、アルパカ由来の組換えVHH抗体は、高い親和性、特異性、および安定性を発揮します。

商品価格改定(値上げ)に関するお知らせ

Proteintech Group(メーカー略号:PGI)社の商品につきまして、2022年8月1日(月)弊社受注分より、希望販売価格を改定致します。詳細に関しましては、以下のご案内をご参照ください。何卒事情をご賢察の上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

特長

■ Nano-CaptureLigand™ Anti-mouse IgG2b 抗体(ビオチン標識)
商品名Alpaca anti-mouse IgG2b 抗体
(Nano-CaptureLigand™ alpaca anti-mouse IgG2b, recombinant VHH, biotinylated)
(アルパカ由来抗マウスIgG2bナノ二次抗体)
品番smsG2bB-1-10/smsG2bB-1-100  外部リンク
交差性マウスIgG2b
特異性マウスIgG2bのFcフラグメント
宿主動物/免疫動物アルパカ(組換えVHHモノクローナル抗体、バクテリア発現)
交差性
交差動物種・交差サブクラス]マウス(IgG1, IgG2a, IgG2c, IgG3)、ヒト(IgG1, IgG2, IgG3, IgG4, IgA)、ラット(IgG1, IgG2a, IgG2b)、ヤギ、ヒト、マカクザル/カニクイザル、ヒツジ血清
クローン番号CTK0106
抗体タイプアルパカ由来シングルドメイン一価抗体
(Alpaca single domain antibodies, monovalent)
抗体親和性(KD値)0.2 nM
(Apparent affinity may be higher for full IgGs due to avidity effects(1 antibody captured by 2 Nanobodies))
容量10 µL/100 µL
フォーマット液体
アプリケーションBLI(バイオレイヤー干渉法)、SPR(表面プラズモン共鳴)、ELISA
標識ビオチン(Biotin)
標識度
(Degree of biotinylation)
On average 1-2 biotin molecules per Nanobody
精製方法リコンビナント抗体として発現およびHisタグを介して精製済み
製品検証
  • Application validated for ELISA and BLI(FortéBio Octet® systems)
  • Determination of cross-reactivity, subclass specificity, sequence, affinity, and melting temperature
別名Alpaca single domain antibody, VHH, Nanobody, binding domain of single domain antibody, Nano-antibody
バッファー・保存剤25 mM TAPS pH 8.5, 500 mM NaCl, 5 mM EDTA, Preservative: 0.09 % sodium azide
濃度1 g/L(65 µM)
保存方法
  • 到着後、冷蔵(4℃)で保管してください。
    (適宜:必要に応じて小分けし、冷凍(-20℃)で保管してください。)

その他

■ Nano-CaptureLigand™ Anti-mouse IgG2b 抗体アプリケーション参考資料

使用例

■ Nano-CaptureLigand™ Anti-mouse IgG2b 抗体(ビオチン標識)(品番:SMSG2BB-1-10/-100)

BLI binding kinetics of a mouse IgG2b anti-SARS Spike antibody to SARS-CoV2 Spike RBD. A mouse IgG2b anti-SARS Spike antibody was immobilized using Nano-CaptureLigand mouse IgG2b, Fc-specific VHH, biotinylated on FortéBio Streptavidin (SA) Biosensors and assayed with different concentrations of SARS-CoV2 Spike receptor binding domain (RBD).
図1
BLI binding kinetics of a mouse IgG2b anti-SARS Spike antibody to SARS-CoV2 Spike RBD. A mouse IgG2b anti-SARS Spike antibody was immobilized using Nano-CaptureLigand mouse IgG2b, Fc-specific VHH, biotinylated on FortéBio Streptavidin (SA) Biosensors and assayed with different concentrations of SARS-CoV2 Spike receptor binding domain (RBD).
ELISA capture of mouse IgG2b antibody using Nano-CaptureLigand mouse IgG2b, Fc-specific VHH, biotinylated. 50 nM Nano-CaptureLigand mouse IgG2b, Fc-specific VHH, biotinylated was used for coating on an avidin-coated MaxiSorp plate. Mouse IgG2b antibody was titrated in a 1:2 dilution series and detected with an alkaline phosphatase-conjugated detection antibody.
図2
ELISA capture of mouse IgG2b antibody using Nano-CaptureLigand mouse IgG2b, Fc-specific VHH, biotinylated. 50 nM Nano-CaptureLigand mouse IgG2b, Fc-specific VHH, biotinylated was used for coating on an avidin-coated MaxiSorp plate. Mouse IgG2b antibody was titrated in a 1:2 dilution series and detected with an alkaline phosphatase-conjugated detection antibody.
 

Nano-CaptureLigand™ Anti-mouse IgG2b 抗体(ビオチン標識)

■ アルパカ由来の抗マウスIgG2b抗体(ビオチン標識、組換えVHHモノクローナル抗体)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti IgG2b Fc-specific, Nano-CaptureLigandTM, recombinant VHH, Mouse (Alpaca) Biotin, CTK0106詳細データ PGI SMSG2BB-1-10 10 UL
¥29,000
Anti IgG2b Fc-specific, Nano-CaptureLigandTM, recombinant VHH, Mouse (Alpaca) Biotin, CTK0106詳細データ PGI SMSG2BB-1-100 100 UL
¥108,000

[関連]Nano-CaptureLigand™(ナノキャプチャーリガンド)一覧

◆◇ 国内在庫あります!最短翌日お届け、一次抗体通常サイズ ◇◆

プロテインテック社抗体全商品、国内在庫あります!

◆◇ 実績豊富&一律¥36,000!タグ抗体・コントロール抗体 ◇◆

◆◇ ヒト細胞由来リコンビナントタンパク質 HumanKine® ◇◆

 HumanKine リコンビナントタンパク質

◆◇ 毒劇物非該当、冷蔵保管もできて便利!ELISAキットシリーズ ◇◆

Proteintech(プロテインテック)のELISAキット

◆◇ アルパカVHHの実績増えてます!ChromoTek®(クロモテック)製品 ◇◆

ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

◆◇ 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)研究用試薬も好評販売中! ◇◆

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Nano-CaptureLigand™ Anti-mouse IgG2b 抗体(ビオチン標識)」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO