年末〜年度末キャンペーン 「コスモ・バイオの大感謝祭」 絶賛開催中!!

商品情報

記事ID : 42753
研究用

オリジナルの抗体をお手軽価格で作製可能 コスモ・バイオの抗体作製サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加


抗体作製サービスでは、市販されていない抗体や自分だけのオリジナルの抗体をお手ごろな価格で作製可能です。
コスモ・バイオでは様々な選択肢をご用意しておりますので使用用途やご予算に応じてお客様に最適なプランが必ず見つかります。 過去作製に失敗しているような抗体でも、豊富な製造実績からより成功率の高い方法をご提案させていただきます。

cosmobio-custom-antibody-service-cpa_01.png

サービスのご選択や抗体作製でご不明なことお困りのことなどがあれば何でもご相談ください!

コスモ・バイオの抗体作製・ペプチド合成サービスお問い合わせ先

TEL:   03-5632-9744
FAX:   0134-61-2295
E-mail: peptide-ab@cosmobio.co.jp

ポリクローナル抗体とモノクローナル抗体

抗体には大きく分けてポリクロ―ナル抗体とモノクローナル抗体の 2 つの種類があります。
それぞれの特徴を確認し、どちらの抗体を作るかを検討してください。

ポリクロ―ナル抗体

  • 抗原の複数ヵ所を認識する
  • 多様な特異的抗体を含む抗体群
  • 安価に作製可能
  • 短期間で作製可能
  • ロット間の差が大きい
  • IP や ChIP ではシグナルが大きく使い易い
cosmobio-custom-antibody-service-cpa_02.png

モノクロ―ナル抗体

  • 抗原の一ヵ所のみを認識する
  • 単一クローンの特異的抗体
  • 製造コストがかかり高価
  • 製造工程が多く時間がかかることが多い
  • ロット間の差が無い
  • 定量的な研究にも使用可能
cosmobio-custom-antibody-service-cpa_03.png

抗体作製のプランニング

コスモ・バイオの抗体作製は下記に例を挙げたように様々な手法を組み合わせてお客様それぞれのご要望に合ったプランを作りだす ことが可能です。お客様ご自身でプランニングすることももちろん可能ですが、使用条件などをご相談いただければ当社スタッフが 最適なプランをご提案いたします。

cosmobio-custom-antibody-service-cpa_04.png
プランニング例
  抗原は? デザインは? キャリアは? 抗体は? 動物は? 精製は? 修飾は?
ペプチド
コスモにお任せ
KLH
ポリクローナル
ウサギ
ペプチドカラム
[ 不要 ]
ペプチド
モデラゴン
KLH
ポリクローナル
ニワトリ
KLH カラム
[ 不要 ]
[不要]
BSA
モノクローナル
マウス
Protein G カラム
蛍光

上記は一例です。記載の無いような作業もお引き受け出来る場合がございますのでお気軽にご相談ください。

抗原の準備

下記のような物質に対する抗体を作製することが出来ます。

cosmobio-custom-antibody-service-cpa_05.png

タンパク質に対する抗体を作製したい場合は、エピトープペプチドを抗原として免疫することでより効率的にタンパク質に反応する抗 体を得ることが出来ます。エピトープペプチドの配列選定は抗体取得の成功可否に対する最重要のファクターですが、コスモ・バイオ では成功率の高い独自の技術でデザインし、最良の配列をご提案いたします。デザインされたエピトープペプチドはコスモ・バイオの 自社ラボにて合成いたします。

キャリアコンジュゲーション

分子量がおおよそ 5000 Da 以下の小さい物質はそのままでは抗原として認識され難いため、キャリアタンパク質と呼ばれる 抗原性の高いタンパク質と結合させてから免疫を行う必要があります。 主に使用されるキャリアタンパク質は下記の通りです。その他のキャリアタンパク質がご希望の場合はお問い合わせください。 特にご指定がない場合は、抗原性が強く、高い力価が期待できる KLH を使用いたします。

  • KLH(スカシガイ由来ヘモシアニン) 
  • BSA(ウシ血清アルブミン) 
  • OVA( 卵白アルブミン )

すでに抗原をお持ちのお客様は、そちらを免疫にご使用いただくことも可能です。

持ち込み抗原について注意事項

  • 安全性の確認が取れるものに限りお引き受け可能です。
  • ヒト由来のタンパク質の場合は、お引き受けが難しい場合があります。

 発現タンパク質 : 必要量 ( ウサギ 1 羽、49 日免疫の場合 ) 濃度 0.4 mg/mL 以上で 1.5 mg 程度
溶媒として Urea や 塩酸グアニジンを使用する場合、高濃度では動物が弱りますので 6M 以下で出来るだけ低濃度となるよう調製いただくようお願いします。

  菌  : 必要量 ( ウサギ 1 羽、49 日免疫の場合 ) 5×109 個 /mL
不活化されていない菌体については病原性・感染性の恐れがあるためお引き受けできません。 病原性・感染性 を有していない不活化された抗原をご送付ください。

 ゲル断片 : 必要量 ( ウサギ 1 羽、49 日免疫の場合 ) 2~3 mg 程度
タンパク質を抽出せずにゲルをクラッシュして、そのままアジュバンドと混合します。 ゲル断片での ELISA 測定は行っておりません。ELISA 測定をご希望の場合、別途測定用の抗原をご準備ください。

上記以外の抗原での免疫をご希望の場合はご相談ください。

 

お客様の声

実際にサービスをご利用いただいているお客様よりコスモ・バイオの抗体作製についての感想をいただきました。
コスモ・バイオではお客様ひとりひとりの声を大切により良いサービス作りを行ってまいります。

安心して任せられます―ファースト抗体サービスご利用―

大阪大学大学院 生命機能研究科 細胞核ダイナミクス研究室 特任准教授
小川 英知 先生

本サービスは、ユーザーの経験の有無にかかわらず納得いく抗体を作ることができます。抗原 設定、その後の精製まで十分なノウハウがあるため安心して任せられます。精製できた抗体は殆どがウエスタン、免疫染色が可能です。

信頼を置くことができます―ファースト抗体サービスご利用―

京都大学大学院理学研究科 植物分子細胞生物学研究室 教授
松下 智直 先生

本ペプチド抗体作製サービスを長年使い続けていますが、抗原ペプチドの設計から免疫、力価測定、 精製、そして納品後のケアに至るまで、全ての過程に信頼を置くことができます。1つのタンパク質に2種類の抗体を作製するという方法で、これまでに外したことは一度もありません。

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「コスモ・バイオの抗体作製サービス」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO