ページの本文へ移動

記事ID : 45322
研究用

カクテルタイプの新しい二次抗体!ヤギ抗マウス免疫グロブリンG Multi-rAb Goat Anti-Mouse IgG 組換え抗体(HRP標識)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Multi-rAb(マルチ・ラブ)シリーズ』の「HRP標識 Goat Anti-Mouse IgG 組換え抗体(Multi-rAb HRP-Goat Anti-Mouse IgG(H+L)/(H&L) Recombinant Secondary Antibody)」は、ヤギ(Goat)を宿主動物(免疫動物)として作製されたマウスIgG(Mouse IgG (H+L))を検出するHRP標識済みのリコンビナントモノクローナル二次抗体です。

Multi-rAb(マルチ・ラブ)カクテルタイプの組換え二次抗体バナー
[3月29日(金)まで]新タイプの二次抗体『Multi-rAb(マルチ・ラブ)』最大約42%OFFキャンペーン キャンペーン中
[はじまりました!]商品購入でもらえる!春の特典キャンペーン2024 キャンペーン中
[オススメ情報]ミニマルな免染試薬!IHC発色キット(ポリマー試薬&基質入り)
[アプリケーションノート公開中]実績急上昇!FlexAble(フレクサブル)抗体標識キット

背景

■ Multi-rAb(マルチ・ラブ)とは?

カクテルタイプの新しい二次抗体

『Multi-rAb(マルチ・ラブ)』は、複数クローンのリコンビナント(組換え)抗体を混合したカクテルタイプの二次抗体です。Multi-rAbに含まれる各クローンは、プロテインテックラボにおける厳格なスクリーニング戦略を介して取得され、厳密な特性解析によって選抜されました。各クローンは同一の免疫グロブリン(IgG)上に位置する重複しないエピトープを正確かつ高感度に認識します。ウェスタンブロット(WB)等のアプリケーション検証と最適化によって、カクテル化する複数クローンの組み合わせのパターンが選択/決定され、最高水準のパフォーマンスを発揮する『新タイプの二次抗体』は完成しました。

Multi-rAb(マルチ・ラブ)の開発プロセス
図1. 『Multi-rAb(マルチ・ラブ)』の開発プロセス

高いロット間一貫性

『Multi-rAb(マルチ・ラブ)』は「リコンビナント(組換え)モノクローナル抗体」を混合して製造されます。遺伝子配列を取得して作製されたリコンビナント抗体発現用の各クローンは、同質かつ均一な抗体群を産生するため、高いロット間一貫性と安定的な供給能を提供します。ロット間変動を最小限に抑えられるため、研究結果の一貫性/再現性が重要となる長期的プロジェクトにおいても有用です。

最小限の種間交差反応性

二次抗体の非特異的な交差反応性は二次抗体が本来標的としていない免疫グロブリン(Ig)と結合することで生じます。組織中の内在性の免疫グロブリン(Ig)や、マルチプレックス(多重)染色で併用される複数の動物種由来/アイソタイプの一次抗体に対して非特異的に結合した場合、高いバックグラウンドにつながります。『Multi-rAb(マルチ・ラブ)』の開発プロセスでは、ターゲット動物種以外のIgGへの交差反応性が最小限のクローンをスクリーニングし、厳選されたクローンから発現させたリコンビナントモノクローナル抗体を混合しています。そのため、高い種特異性と低いバックグラウンドを実現します

特長

■ Goat anti Mouse IgG 抗体
商品名Multi-rAb Goat Anti-Mouse IgG 組換え抗体, HRP標識
(Multi-rAb HRP-Goat Anti-Mouse IgG(H+L) Recombinant Secondary Antibody)
ヤギ由来抗マウス二次抗体
品番RGAM001 外部リンク
検出ターゲットマウスIgG(Mouse IgG (H+L))
宿主動物/免疫動物ヤギ(Goat)由来(リコンビナントモノクローナル抗体)
特異性(交差性/交差性)[交差動物種・交差アイソタイプ(specificity, cross-reactivity)]マウスIgG(全サブクラス)/マウスIgM/マウスIgA、ラットIgG
交差動物種・交差アイソタイプ(minimal cross-reactivity)]ウサギIgG、ヒトIgG、ブタIgG、ウシIgG
容量200 µL/1 mL
フォーマット液体(Liquid)
アプリケーションWB(ウェスタンブロット)、Dot blot、ELISA
標識HRP 標識済み
精製アフィニティ精製
(The antibody was purified from culture media supernatant by immunoaffinity chromatography using Protein G beads)
保存剤0.1% Proclin-300
保存バッファーPBS with 50% glycerol, 10 mg/mL BSA, 0.1% Proclin-300, pH 7.4.
保存方法

その他

  • WB、IF、FC、ELISA等の各種アプリケーションで検証されています。
  • モノクローナル抗体の「優れた特異性」&ポリクローナル抗体のような「高い検出感度」を発揮します。
  • 安定的な供給能、高いロット間一貫性、再現性を備えるため、長期的プロジェクトにも最適です。
  • 対象動物種以外への交差反応性が最小限のクローンを選抜しています。
  • 液体フォーマット/グリセロールバッファー入り(-20 ℃の冷凍庫で凍らず便利!)で提供されます。

使用例

■ Multi-rAb Goat Anti-Mouse IgG 組換え抗体(HRP標識)(品番:RGAM001)

• ウェスタンブロット(WB)検証データ

様々なライセートとMulti-rAb HRP標識抗マウスIgG二次抗体を用いたU2AF2の化学発光ウェスタンブロット(WB)結果
図. Various lysates were subjected to SDS-PAGE followed by western blot with U2AF2 mouse monoclonal antibody (68166-1-Ig) at 1:20000. Multi-rAb HRP-Goat Anti-Mouse Recombinant Secondary Antibody (H+L) RGAM001 were used at 1:20000 for detection.
様々なライセートとMulti-rAb HRP標識抗マウスIgG二次抗体を用いたCACYBPの化学発光ウェスタンブロット(WB)結果
図. Various lysates were subjected to SDS-PAGE followed by western blot with CACYBP mouse monoclonal antibody (68161-1-Ig) at 1:20000. Multi-rAb HRP-Goat Anti-Mouse Recombinant Secondary Antibody (H+L) RGAM001 were used at 1:20000 for detection.

• 競合他社製品との比較データ

Multi-rAb HRP標識抗マウスIgG二次抗体と競合他社製品(非吸着処理製品)を用いたEFTUD2の化学発光ウェスタンブロット(WB)結果の比較
図. Various lysates were subjected to SDS-PAGE followed by western blot with Beta actin mouse monoclonal antibody (60008-1-Ig, isotype IgM) at dilution of 1:50000. RGAM001 (left) and competitor’s non cross-adsorbed HRP-Goat anti-mouse (H+L) secondary antibody (right) were both used at 0.05μg/mL for detection.
Multi-rAb HRP標識抗マウスIgG二次抗体と競合他社製品(非吸着処理製品)を用いたBeta Actinの化学発光ウェスタンブロット(WB)結果の比較
図. Various lysates were subjected to SDS-PAGE followed by western blot with EFTUD2 mouse monoclonal antibody (67855-1-Ig, isotype IgG1) at dilution of 1:10000. RGAM001 (left) and competitor’s non cross-adsorbed HRP-Goat anti-mouse (H+L) secondary antibody (right) were both used at 0.05μg/mL for detection.
Multi-rAb HRP標識抗マウスIgG二次抗体と競合他社製品(非吸着処理製品)を用いたFlag tag抗体免疫沈降後サンプルの化学発光ウェスタンブロット(WB)結果の比較
図. Various lysates were subjected to SDS-PAGE followed by western blot with Flag tag mouse monoclonal antibody (sigma M2, isotype IgG1) at dilution of 1:50000. RGAM001 (left) and competitor’s non cross-adsorbed HRP-Goat anti-mouse (H+L) secondary antibody (right) were both used at 0.05μg/mL for detection.
Multi-rAb HRP標識抗マウスIgG二次抗体と競合他社製品(非吸着処理製品)を用いたGelsolinの化学発光ウェスタンブロット(WB)結果の比較
図. Various lysates were subjected to SDS-PAGE followed by western blot with Gelsolin mouse monoclonal antibody 66280-1-Ig (isotype IgA) at dilution of 1:5000. RGAM001 (left) and competitor’s non cross-adsorbed HRP-Goat anti-mouse (H+L) secondary antibody (right) were used at 1:20000 for detection.

• ロット間一貫性/特異性検証データ

様々なライセートとMulti-rAb HRP標識抗マウスIgG二次抗体を用いたEIF3Eのウェスタンブロットによる2バッチのロット間一貫性検証
図. Various lysates were subjected to SDS-PAGE followed by western blot with EIF3E mouse monoclonal antibody (67095-1-Ig) at dilution of 1:50000. Three batches of Multi-rAb HRP-Goat Anti-Mouse Recombinant Secondary Antibody (H+L) (RGAM001) were used at 1:20000 for detection.
Multi-rAb HRP標識抗マウスIgG二次抗体の各動物種IgGに対する交差反応性と特異性
図. Mouse total IgG, Mouse IgG1, IgG2a, IgG2b, IgG2c, IgG3, IgM, IgA monoclonal antibodies, Rat total IgG, Pig total IgG, Human total IgG, Bovine total IgG were coated at 100 ng/well. 0.125 μg/mL Multi-rAb HRP-Goat Anti-Mouse Recombinant Secondary Antibody (H+L) (RGAM001) was used for detection. The result indicates that RGAM001 strongly binds to all Mouse IgGs, Mouse IgM and IgA as well as Rat IgG. It shows weak reactivity for pig IgG and does not react with other species tested in the experiment.

■ 全ての製品詳細はこちらから閲覧できます

Multi-rAb Goat Anti-Mouse IgG 組換え抗体(HRP標識)

■ HRP標識ヤギ由来抗マウスIgG二次抗体(カクテル化リコンビナントモノクローナル抗体)(国内在庫あり※

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti IgG (H+L), Multi-rAb, Recombinant Secondary Antibody, Mouse (Goat) Horseradish Peroxidase 詳細データ PGI RGAM001 200 UL
¥10,000(キャンペーン中)
¥17,000(通常希望販売価格)
Anti IgG (H+L), Multi-rAb, Recombinant Secondary Antibody, Mouse (Goat) Horseradish Peroxidase 詳細データ PGI RGAM001 1 ML
¥20,000(キャンペーン中)
¥32,000(通常希望販売価格)

※ 国内在庫[あり/なし]の最新状況は、↑  品名  クリック先ページ  当社在庫  の表示をご確認ください。タイミングによって[入荷予定あり/当社在庫なし]の場合があります。

[関連]10分間ラベリング!FlexAble(フレクサブル)マウスIgG 抗体標識キット

[関連]IHC発色キット(マウス抗体用、ウサギ/マウス抗体用)

[関連]優れた浸透性と解像度Nano-Secondary®(ナノセカンダリー)

[関連]豊富な標識/動物種!従来型の二次抗体

[関連]Multi-rAb(マルチ・ラブ)二次抗体

◆◇【春の特典キャンペーン】日頃のご愛顧に感謝を込めて、商品発送時にギフトをお届けします ◇◆

プロテインテック 春の特典キャンペーン2024 期間:2024年4月30日(火)まで開始

◆◇【最短翌営業日にお届け!】約2万点の国内在庫をご用意しています ◇◆

◆◇【3月29日までお得!】Multi-rAb(マルチ・ラブ)二次抗体 最大約42%OFFキャンペーン ◇◆

プロテインテック社『Multi-rAb(マルチ・ラブ)』二次抗体 最大約42%OFFキャンペーン  期間:2024年3月29日(金)まで早く!

◆◇ トライアルサイズ抗体購入者限定!次回購入時に使えるお得なクーポン配布中 ◇◆

プロテインテック社 一次抗体トライアルサイズ購入者限定!30%オフクーポン配布キャンペーン

◆◇【ELISAキット¥80,000/96ウェル】プロテインテックの免疫アッセイキット ◇◆

◆◇ cGMPグレードも選べる!ヒト細胞由来のサイトカイン・増殖因子 ◇◆

 HumanKine リコンビナントタンパク質

[シームレスな移行を実現!2つのグレードから選べます]

◆◇ 次世代ツールのナノ抗体!アルパカ由来のVHH抗体(Nanobody®)製品 ◇◆

ChromoTek(クロモテック)抗体・関連製品

◆◇【アプリケーションノート公開中】実績急上昇!FlexAble抗体標識キット ◇◆

FlexAble(フレクサブル)抗体標識キット

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Multi-rAb Goat Anti-Mouse IgG 組換え抗体(HRP標識)」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

オウンドメディア

※当社のWEBサイトはユーザーの利便性を最適にし、それを保証するためにクッキーを使用しています。
 このWEBサイトの利用を継続することで、クッキーの使用に同意することになります。

© COSMO BIO