商品情報

記事ID : 18313
研究用

ラミンタンパク質を検出!ローディングコントロールとしても有用Lamin A/C 抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

Lamin A/C(ラミン A/C)を検出するポリクローナル抗体です。核タンパク質のローディングコントロールとしても有用です。

国内在庫あり お求めやすい¥29,000 ワークする抗体

[トライアルサイズ 10,000品目]納期1週間ですが、お得なクーポン提供中 キャンペーン中
[新商品]Humankine® リコンビナントタンパク質 新商品

背景

ラミンA/Cについて

ラミンA/C(Lamin A/C)は、別名 LMNA、FPL、LFP、EMD2、FPLD、HGPS、LDP1、LMN1としても知られます。
ラミンファミリーは、マトリックスを構成するタンパク質であり、進化上、高度に保存されています。有糸分裂の間、ラミンタンパク質がリン酸化されることによって、ラミナマトリックス構造は可逆的に分解されることが知られています。ラミンタンパク質は核安定性、クロマチン構造および遺伝子発現に関与していると考えられています。ラミンA/C発現の欠如は、未分化状態の胚性幹細胞の新規マーカーとしての可能性が示唆されており、ラミンA/Cの発現は分化初期の指標であることが示されています(PMID:16179429)。

ラミンA/C遺伝子の突然変異は、Emery-Dreifuss 型筋ジストロフィー、家族性部分型リポジストロフィー(FPL:familial partial lipodystrophy)、肢帯型筋ジストロフィー(LGMD:limb girdle muscular dystrophy)、拡張型心筋症、シャルコー・マリー・トゥース病(Charcot-Marie-Tooth disease)、およびハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群(Hutchinson-Gilford progeria syndrome)を引き起こします。本タンパク質は、選択的スプライシングによって生じる、74kDa、65kDa、70kDaおよび64kDaの分子量を持つ4つの異なるアイソフォームを発現します。

本抗体(10298-1-AP)は、ラミンA/Cの4つのアイソフォームを認識します。

特長

■ ポリクローナル抗体
商品名Lamin A/C 抗体(Anti Lamin A/C antibody)
品番10298-1-AP 外部リンク
タイプウサギポリクローナル
交差種duck、ヒト、マウス、ラット
アプリケーションELISA、FC(フローサイトメトリー)、IF(免疫蛍光染色)、IP(免疫沈降)、WB(ウェスタンブロット)
標識非標識
別名 70 kDa lamin, CDCD1, CDDC, CMD1A, CMT2B1, EMD2, FPL, FPLD, HGPS, IDC, lamin A, lamin A/C, LDP1, LFP, LGMD1B, LMN1, LMNA, LMNC, Prelamin A/C, PRO1, progerin
GeneID
(遺伝子データベース情報)
4000 外部リンク
抗原リコンビナントタンパク質
アイソタイプIgG
バッファーPBS with 0.1% sodium azide and 50% glycerol pH 7.3.
精製方法Antigen affinity purification
KD/KO 検証-
保存方法お届けしたバイアルの状態で -20 ℃ に保存してください。分注は行わないでください。プロテインテックの抗体は、凍結防止剤として、バッファー中に50%グリセロールを含みます。
そのほか、よくあるご質問はこちら 外部リンク

使用例

■ 10298-1-AP:ポリクローナル抗体

Immunofluorescent analysis of ( -20℃ Ethanol ) fixed HepG2 cells using 10298-1-AP( Lamin A/C Antibody) at dilution of 1:200 and Alexa Fluor 488-congugated AffiniPure Goat Anti-Rabbit IgG(H+L)
図1
Immunofluorescent analysis of ( -20℃ Ethanol ) fixed HepG2 cells using 10298-1-AP( Lamin A/C Antibody) at dilution of 1:200 and Alexa Fluor 488-congugated AffiniPure Goat Anti-Rabbit IgG(H+L)
NIH/3T3 cells were subjected to SDS PAGE followed by western blot with 10298-1-AP( Lamin A/C Antibody) at dilution of 1:3000  incubated at room temperature for 1.5 hours
図2
NIH/3T3 cells were subjected to SDS PAGE followed by western blot with 10298-1-AP( Lamin A/C Antibody) at dilution of 1:3000 incubated at room temperature for 1.5 hours
 

■ 全ての評価データはこちらから閲覧できます

Lamin A/C 抗体

■ ウサギポリクローナル抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Lamin A/C, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ PGI 10298-1-AP 150 UL
¥29,000

◆◇ 便利な小サイズ!納期1週間ですが、お得な特典ありキャンペーン実施中 ◇◆

トライアルサイズ購入キャンペーン

◆◇ 新商品です!優れた活性・安定性のリコンビナント◇◆

Humankine ヒトリコンビナントタンパク質

◆◇ 国内実績、急上昇!タグ/コントロール抗体 ◇◆

◆◇ 新製品も続々リリース!プロテインテックのELISAキット!◇◆

Proteintech(プロテインテック)社 ELISAキットのご紹介

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO