• ホーム
  • 単純な合成タンパク質足場は、酵母および哺乳類細胞において調整可能な人工MARK回路を作り出すことができる

単純な合成タンパク質足場は、酵母および哺乳類細胞において調整可能な人工MARK回路を作り出すことができる

Simple synthetic protein scaffolds can create adjustable artificial MAPK circuits in yeast and mammalian cells

Research Article

Sci. Signal. 30 Jun 2015:
Vol. 8, Issue 383, pp. ra66
DOI: 10.1126/scisignal.aab3397

Jihoon Ryu and Sang-Hyun Park*

Department of Biological Sciences, Seoul National University, Seoul 151-742, Korea.

* Corresponding author. E-mail: biopark@snu.ac.kr

要約  真核細胞シグナル伝達のハブとして、足場タンパク質は、シグナル伝達回路を組換え、操作するための魅力的な標的である。われわれは、酵母接合に関与するマイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)カスケードの組換えキナーゼと相互作用する反復PDZドメインを用いて合成足場を設計し、モジュール相互作用がキナーゼカスケードをどのように媒介するかを検討した。合成足場はシグナル伝達回路の論理ゲートとして機能した。われわれは、内因性の酵母足場Ste5を、PDZ結合モチーフを用いて組換えたキナーゼまたはホスファターゼに結合するPDZドメインの数が異なるデザイナー足場に置き換えた。経路の活性には膜との会合が必要であったが、驚いたことに、接合反応は、PDZドメインを2つしか持たない足場が回路に含まれる場合に起こった。この場合、3つのキナーゼのうち2つにしか同時に結合することができない。さらに、MAPK経路の3層は、最上層[MAPKキナーゼキナーゼ(MAPKKK)]から最下層(MAPK)にかけて位置の柔軟性が低下した。これは、浸透圧調節性経路またはプロテインキナーゼC経路から合成足場へのMAPKKK結合が接合反応のレポーターを活性化したが、MAPKはそうではなかったのと同様である。われわれはまた、出力の期間および強度がホスファターゼの動員または動員されたタンパク質の足場に対する親和性を変化させることで変更できること、デザイナーMAPK足場が哺乳類細胞で機能することを示した。このように、デザイナー足場を用いたこの合成アプローチは、シグナル伝達経路の合理的な操作または組換えを可能にし、足場タンパク質の機能的役割に対する洞察を提供するはずである。

Citation: J. Ryu, S.-H. Park, Simple synthetic protein scaffolds can create adjustable artificial MAPK circuits in yeast and mammalian cells. Sci. Signal. 8, ra66 (2015).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年6月30日号

Editor's Choice

がん
がんの痛みを治療する

Research Article

キナーゼABLはDNA損傷に応答してマイクロプロセッサのサブユニットDGCR8をリン酸化することによって一次マイクロRNAのプロセシングを刺激する

未成熟ニューロンではWNK1により調節されるKCC2共輸送体の阻害性リン酸化がGABAの脱分極作用を維持する

単純な合成タンパク質足場は、酵母および哺乳類細胞において調整可能な人工MARK回路を作り出すことができる

最新のResearch Article記事

2017年10月31日号

マウス造血細胞の内在性レチノイドX受容体リガンド

MARK3によるARHGEF2のリン酸化は微小管をアクチン細胞骨格に結合させ細胞極性を確立する

2017年10月24日号

ショウジョウバエにおいて足場タンパク質Cnkは受容体チロシンキナーゼAlkに結合し内臓ファウンダー細胞の特異化を促進する

セラミドは一次繊毛におけるTGF-β受容体I/IIの輸送とシグナル伝達を阻害して細胞遊走と腫瘍転移を減弱させる

TCR刺激性の細胞表面CD46発現の変化が1型制御性T細胞を生成する