今週のScience Signaling 2017年8月8日号

Editor's Choice

新たなつながり:間質を通して腫瘍を理解する

New connections: Understanding the tumor through the stroma

Research Article

チロシンホスファターゼSHP-1は免疫シナプスにおいてアダプタータンパク質CrkIIを活性化することによってT細胞接着を促進する

The tyrosine phosphatase SHP-1 promotes T cell adhesion by activating the adaptor protein CrkII in the immunological synapse

TRIF依存性のToll様受容体シグナル伝達は肝細胞におけるScd1転写を抑制し、食餌誘発性脂肪肝を予防する

TRIF-dependent Toll-like receptor signaling suppresses Scd1 transcription in hepatocytes and prevents diet-induced hepatic steatosis

Research Resources

乳がんは個別的かつ協調的に間質組織のプロテオームを教育する

Breast tumors educate the proteome of stromal tissue in an individualized but coordinated manner

2017年8月1日号

Editor's Choice

裸のRNAでメッセージを送る

Research Article

高グルコース誘導性ROSはTRPM2を活性化しリソソーム膜の透過化およびZn2+媒介ミトコンドリア分裂を引き起こす

Research Resources

ヒト血中の免疫収束のクラスターが凝固と自然宿主防御を結び付ける

2017年7月25日号

Editor's Choice

嗅覚による代謝調節

Research Article

脂肪組織のナトリウム利尿ペプチドシグナル伝達を増強させると食餌誘発性肥満およびインスリン抵抗性を予防するが、筋肉ではそのような効果はみられない

グルココルチコイド-Angptl4-セラミド軸はPP2AおよびPKCζを介してインスリン抵抗性を誘導する

2017年7月18日号

Editor's Choice

疼痛に対するPD-L1の作用

Research Article

白血球におけるPI3Kγの活性は肥満時の脂肪組織炎症および早期発症インスリン抵抗性を促進する

STINGは外来性DNAに応答したKu70を介するIFN-λ1産生に必須のメディエーターである

パーキンソン病では変異型LRRK2によるアミロイド前駆体タンパク質のリン酸化によってAICD活性と神経毒性が亢進される

2017年7月11日号

Editor's Choice

心不全の抑制剤

Research Article

可溶性アミロイドβ1-42によるCaMKIVの活性化が軸索小胞輸送を妨害して活性依存的なシナプス形成を損なう

後根神経節における転写因子C/EBPβが末梢神経外傷による侵害受容過敏に寄与する

Research Resources

胚発生中の脳内皮細胞におけるバルクおよび単一細胞レベルでの遺伝子発現プロファイリング

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016:Signaling Breakthroughs of the Year

日本語訳][英文原文]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2016
Japanese Scientists in Science 2016

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2016年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2016(2017年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

サイエンス誌に載った日本人研究者

サイエンス誌に載った日本人研究者 2015
Japanese Scientists in Science 2015

コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2015年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2015(2016年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。
[冊子を請求する]

Science Signaling -ダイジェスト版-

Science Signaling は、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScience の姉妹誌です。コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。

Science Signaling Vol.22

Science Signaling
Vol.22

2014年7月-2014年9月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.21

Science Signaling
Vol.21

2014年1月-2014年4月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]

Science Signaling Vol.20

Science Signaling
Vol.20

2013年6月-2013年8月の
掲載記事
[PDFでご覧になれます]