• ホーム
  • 膜脱分極はROCKによるβ1サブユニット表面輸送を介してBKチャネルを活性化し、血管収縮を制限する

膜脱分極はROCKによるβ1サブユニット表面輸送を介してBKチャネルを活性化し、血管収縮を制限する

Membrane depolarization activates BK channels through ROCK-mediated β1 subunit surface trafficking to limit vasoconstriction

Research Article

Sci. Signal. 09 May 2017:
Vol. 10, Issue 478, eaah5417
DOI: 10.1126/scisignal.aah5417

M. Dennis Leo1, Xue Zhai1, Padmapriya Muralidharan1, Korah P. Kuruvilla1, Simon Bulley1, Frederick A. Boop2, and Jonathan H. Jaggar1,*

1 Department of Physiology, University of Tennessee Health Science Center, Memphis, TN 38163, USA.
2 Department of Neurosurgery, University of Tennessee Health Science Center, Memphis, TN 38163, USA.

* Corresponding author. Email: jjaggar@uthsc.edu

要約
局所臓器血流を調節する小動脈平滑筋細胞(筋細胞)の膜脱分極は、血管収縮を引き起こす。膜脱分極はまた、大コンダクタンスカルシウム(Ca2+)活性化カリウム(BK)チャネルを活性化し、それは血管収縮を促進するCa2+チャネル活性を制限し、したがって血管拡張を引き起こす。われわれは、ヒトおよびラットの動脈筋細胞において、膜脱分極が、補助BK β1サブユニットの細胞表面存在量を急速に増加させるが、孔形成BKαチャネルの細胞表面濃度は増加させないことを示した。膜脱分極は、電位依存性Ca2+チャネルを刺激し、Ca2+流入およびRhoキナーゼ(ROCK)1および2の活性化を導いた。ROCK1/2によるRab1Aの活性化は、Rab11A陽性リサイクルエンドソームによる細胞膜へのβ1サブユニットの送達を促進した。これらの付加的なβ1サブユニットは、既に細胞膜に存在するBKαチャネルに結合し、加圧された動脈筋細胞におけるチャネルの見かけのCa2+感受性および活性化の増加と血管拡張を導いた。したがって、膜脱分極は、ROCKの刺激および動脈筋細胞表面へのβ1サブユニットのRab11A依存的輸送を介してBKチャネルを活性化する。

Citation: M. D. Leo, X. Zhai, P. Muralidharan, K. P. Kuruvilla, S. Bulley, F. A. Boop, J. H. Jaggar, Membrane depolarization activates BK channels through ROCK-mediated β1 subunit surface trafficking to limit vasoconstriction. Sci. Signal. 10, eaah5417 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年5月9日号

Editor's Choice

上皮細胞は異常な隣接細胞を拒絶する

Research Article

膜脱分極はROCKによるβ1サブユニット表面輸送を介してBKチャネルを活性化し、血管収縮を制限する

アミロイドβオリゴマーのAβ*56はタウのリン酸化と凝集を引き起こす神経シグナル伝達において特異的な変化を誘導する

テトラスパニンのマイクロドメインがB細胞における局在プロテインキナーゼCのシグナル伝達を制御する

最新のResearch Article記事

2017年10月31日号

マウス造血細胞の内在性レチノイドX受容体リガンド

MARK3によるARHGEF2のリン酸化は微小管をアクチン細胞骨格に結合させ細胞極性を確立する

2017年10月24日号

ショウジョウバエにおいて足場タンパク質Cnkは受容体チロシンキナーゼAlkに結合し内臓ファウンダー細胞の特異化を促進する

セラミドは一次繊毛におけるTGF-β受容体I/IIの輸送とシグナル伝達を阻害して細胞遊走と腫瘍転移を減弱させる

TCR刺激性の細胞表面CD46発現の変化が1型制御性T細胞を生成する