• ホーム
  • Hippoが解き放たれた!プロテオームスケールでの解析によってHippo経路の生物学の新たな展望が明らかに

Hippoが解き放たれた!プロテオームスケールでの解析によってHippo経路の生物学の新たな展望が明らかに

Hippo Unleashed! Proteome-Scale Analysis Reveals New Views of Hippo Pathway Biology

Perspectives

Sci. Signal., 19 November 2013
Vol. 6, Issue 302, p. pe36
[DOI: 10.1126/scisignal.2004857]

Eric L. Weiss*

Molecular Biosciences, Northwestern University, Evanston, IL 60208, USA.

* Corresponding author. E-mail: elweiss@northwestern.edu

要約:動物において、Hippo経路は細胞の増殖と形態形成を制御し、組織構造を調節し、腫瘍形成を抑制する。最近の関心の高まりによって、これらの経路は、細胞結合部タンパク質や細胞極性タンパク質、さらには微小管細胞骨格に結びつけられている。今週号に掲載されたCouzensらの研究も含む、3件の大規模タンパク質相互作用研究によって、Hippo経路に関する情報の範囲は劇的に広がっている。これらの研究によって、すでに知られていたまたは疑われていた機構的相互作用にニュアンスが加わるだけでなく、膜輸送、ホスファターゼPP6の活性、細胞質分裂の調節のHippoシグナル伝達への関与が示されている。エンドソーム-リソソーム系が関与する経路阻害の機構が判明し、ホスファターゼ阻害時のタンパク質相互作用の著しい再構築が明らかにされている。全体としてこれらの研究は、この高度に保存された経路の研究を拡張するための新たなリソースを豊富に提供している。

E. L. Weiss, Hippo Unleashed! Proteome-Scale Analysis Reveals New Views of Hippo Pathway Biology. Sci. Signal. 6, pe36 (2013).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2013年11月19日号

Editor's Choice

発生神経科学
ママが感染した場合に予測すべきこと

Research Article

アグロバクテリウム(Agrobacterium)により分泌されるサイトカイニンは植物Myb転写因子を抑えることにより形質転換を促進する

Research Resources

哺乳類Hippo経路のタンパク質相互作用ネットワークからキナーゼ−ホスファターゼ相互作用の機構が解明される

Perspectives

Hippoが解き放たれた!プロテオームスケールでの解析によってHippo経路の生物学の新たな展望が明らかに

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する