• ホーム
  • WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

Leveraging unique structural characteristics of WNK kinases to achieve therapeutic inhibition

Perspectives

Sci. Signal. 18 Oct 2016:
Vol. 9, Issue 450, pp. pe3
DOI: 10.1126/scisignal.aaj2227

Jinwei Zhang1, Xianming Deng2, and Kristopher T. Kahle3,*

1 MRC Protein Phosphorylation and Ubiquitylation Unit, College of Life Sciences, University of Dundee, Dundee DD1 5EH, Scotland.
2 State Key Laboratory of Cellular Stress Biology, Innovation Center for Cell Signaling Network, School of Life Sciences, Xiamen University, Xiamen, Fujian 361102, China.
3 Department of Cellular and Molecular Physiology and Centers for Mendelian Genomics, Yale School of Medicine, New Haven, CT 06510, USA.

* Corresponding author. Email: kristopher.kahle@yale.edu

要約  無リジン(K)WNKキナーゼは、腎固有のNCCやNKCC2共輸送体などのNa+-(K+)-Cl共輸送体のマスター調節因子である。高親和性およびキナーゼ選択性を獲得するためにWNKの触媒ドメインに固有の構造的特性を利用した、経口投与可能な汎WNKキナーゼ阻害剤、WNK463の発見は、特異的阻害剤を開発するために固有のキナーゼ特性を活用する戦略を例示し、WNK阻害のin vivo薬理学の遺伝的予測の正しさを確認する。

Citation: : J. Zhang, X. Deng, K. T. Kahle, Leveraging unique structural characteristics of WNK kinases to achieve therapeutic inhibition. Sci. Signal. 9, pe3 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年10月18日号

Editor's Choice

長鎖RNAの中心にある短いループ

Research Article

環状di-GMP結合アダプタータンパク質は走化性メチルトランスフェラーゼと相互作用して鞭毛モーターの回転方向の切り替えを調節する

Research Resources

EML4-ALK中心のインタラクトームをRNA干渉とつないでALK阻害剤の増感剤を同定する

Perspectives

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する