• ホーム
  • IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

IP3 receptors: Take four IP3 to open

Perspectives

Sci. Signal. 05 Apr 2016:
Vol. 9, Issue 422, pp. pe1
DOI: 10.1126/scisignal.aaf6029

Colin W. Taylor* and Vera Konieczny

Department of Pharmacology, University of Cambridge, Tennis Court Road, Cambridge, CB2 1PD, UK.

* Corresponding author. E-mail: cwt1000@cam.ac.uk

要約  イノシトール1,4,5-三リン酸受容体(IP3R)およびリアノジン受容体は、小胞体および筋小胞体からのCa2+放出を担うチャネルである。Alzayadyらは本誌で発表した研究において、そのチャネルが開く前には四量体IP3R内の全4つのIP3結合部位がIP3に結合する必要があり、細胞内のIP3およびIP3R活性の両方の分布に重要な影響をもつことを明らかにしている。

Citation: C. W. Taylor, V. Konieczny, IP3 receptors, Take four IP3 to open. Sci. Signal. 9, pe1 (2016).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2016年4月5日号

Editor's Choice

B細胞が膵がんを焚きつける

Editorial Guides

古典を超えて:Wntとβ-カテニンのストーリー

Research Article

クラスIヒストンデアセチラーゼの阻害はTSC2依存的なmTORの抑制を介して心肥大を鈍らせる

Ca2+放出の開始に必要なイノシトール1,4,5-三リン酸結合の化学量論を明らかにする

Perspectives

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する