• ホーム
  • 細胞は持続的な運動およびナビゲーションのために仮足をどのように使うのか

細胞は持続的な運動およびナビゲーションのために仮足をどのように使うのか

How Cells Use Pseudopods for Persistent Movement and Navigation

Perspectives

Sci. Signal., 8 February 2011
Vol. 4, Issue 159, p. pe6
[DOI: 10.1126/scisignal.2001708]

Peter J. M. Van Haastert*

Department of Cell Biochemistry, University of Groningen, Nijenborg 7, 9747AG Groningen, Netherlands.

* E-mail, p.j.m.van.haastert@rug.nl

要約:仮足は運動に利用される細胞の伸長である。細胞運動の方向と軌跡は、細胞が仮足をどのように伸長させるのかによって決まる。実験データによると、新たな仮足は多くの場合に、一連の左右の伸長として、既存の仮足の分裂によって形成される。本稿では、仮足の伸長に関するこれらのデータについて、仮足分裂の理論モデルの点から考察する。

P. J. M. Van Haastert, How Cells Use Pseudopods for Persistent Movement and Navigation. Sci. Signal. 4, pe6 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年2月8日号

Editor's Choice

DNA損傷応答
修復と保護

Research Article

自己活性化Gタンパク質αサブユニットの結晶構造から、シグナル開始の別の機構が明らかになる

Perspectives

qとホスホリパーゼC-β:スイッチのオンとオフを素早く

細胞は持続的な運動およびナビゲーションのために仮足をどのように使うのか

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する