• ホーム
  • Ras上のユビキチン:犯罪の監視者か、それとも共犯者か

Ras上のユビキチン:犯罪の監視者か、それとも共犯者か

Ubiquitin on Ras: Warden or Partner in Crime?

Perspectives

Sci. Signal., 8 March 2011
Vol. 4, Issue 163, p. pe12
[DOI: 10.1126/scisignal.2001874]

Cathie M. Pfleger*

Department of Oncological Sciences, The Mount Sinai School of Medicine, New York, NY 10029, USA.

* E-mail, cathie.pfleger@mssm.edu

要約:Rasを介するシグナル伝達は、細胞外シグナルを細胞の増殖や生存、成長、分化などの生物学的応答に変換する。このような理由から、Rasの調節不全は細胞レベルおよび個体レベルで著しい影響を及ぼす可能性がある。Rasのシグナル伝達を亢進させる生殖細胞系列の変異は発生を阻害するのに対して、体細胞におけるRasの変異による活性化はがんの原因となりうる。したがって、Rasを正または負に調節するさらなる機構を同定することが、ヒト疾患の治療に大きな意味をもつと考えられる。新たな研究報告によって、K-Rasのモノユビキチン化が、Rasシグナル伝達を増強するこれまで知られていなかった手段として同定されている。

C. M. Pfleger, Ubiquitin on Ras: Warden or Partner in Crime? Sci. Signal. 4, pe12 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年3月8日号

Editor's Choice

生殖生物学
骨が男性の生殖能力を促進する

Research Article

K-Rasのユビキチン化は活性化を増強し、特定の下流エフェクターへの結合を促進する

Vav1によって仲介される足場相互作用が、SLP-76のマイクロクラスターを安定化し、抗原依存性のT細胞応答に寄与する

Perspectives

Ras上のユビキチン:犯罪の監視者か、それとも共犯者か

最新のPerspectives記事

2017年7月4日号

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

2016年10月18日号

WNKキナーゼに固有の構造的特徴を活用して治療的阻害を達成する

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する