• ホーム
  • K-Rasのユビキチン化は活性化を増強し、特定の下流エフェクターへの結合を促進する

K-Rasのユビキチン化は活性化を増強し、特定の下流エフェクターへの結合を促進する

Ubiquitination of K-Ras Enhances Activation and Facilitates Binding to Select Downstream Effectors

Research Article

Sci. Signal., 8 March 2011
Vol. 4, Issue 163, p. ra13
[DOI: 10.1126/scisignal.2001518]

Atsuo T. Sasaki1,2, Arkaitz Carracedo3,4, Jason W. Locasale1,2, Dimitrios Anastasiou1,2, Koh Takeuchi5,6, Emily Rose Kahoud1, Sasson Haviv1, John M. Asara1,7, Pier Paolo Pandolfi3, and Lewis C. Cantley1,2*

1 Division of Signal Transduction, Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, Boston, MA 02115, USA.
2 Department of Systems Biology, Harvard Medical School, Boston, MA 02115, USA.
3 Cancer Genetics Program, Beth Israel Deaconess Cancer Center, Division of Genetics, Department of Medicine and Pathology, Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, Boston, MA 02215, USA.
4 CIC bioGUNE, Technology Park of Bizkaia, 48160 Derio, Bizkaia, Spain.
5 Department of Biological Chemistry and Molecular Pharmacology, Harvard Medical School, Boston, MA 02115, USA.
6 Biomedicinal Information Research Center, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, 2-3-26 Aomi, Koto, Tokyo 135-0064, Japan.
7 Department of Medicine, Harvard Medical School, Boston, MA 02115, USA.

* To whom correspondence should be addressed. E-mail: lcantley@hms.harvard.edu

要約: GTP(グアノシン三リン酸)アーゼであるRasのGTP結合型は、Rafキナーゼやホスファチジルイノシトール3キナーゼ(PI3K)などの多様なエフェクターに結合することによって、複数のシグナル伝達経路を開始させる。Rasの活性は、グアノシン二リン酸の放出とGTPの結合を促進するグアニンヌクレオチド交換因子によって増大し、またGTP加水分解を促進するGTPアーゼ活性化タンパク質によって抑制される。KRASは、がんにおいて最も頻繁に突然変異がみられるRAS遺伝子である。今回われわれは、野生型K-Rasのグアニンヌクレオチド結合モチーフ中のリジン-147がモノユビキチン化されることによって、GTP結合の亢進が起こりうることについて報告する。さらに、ユビキチン化によって、K-Rasの発がん性Gly12Val変異体の、下流エフェクターであるPI3KとRafへの結合が亢進した。したがって、モノユビキチン化はK-RasへのGTP結合を増強し、特異的な下流エフェクターへの親和性を増大させる可能性があり、未知のRas活性化機構をもたらすかもしれない。

A. T. Sasaki, A. Carracedo, J. W. Locasale, D. Anastasiou, K. Takeuchi, E. R. Kahoud, S. Haviv, J. M. Asara, P. P. Pandolfi, L. C. Cantley, Ubiquitination of K-Ras Enhances Activation and Facilitates Binding to Select Downstream Effectors. Sci. Signal. 4, ra13 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年3月8日号

Editor's Choice

生殖生物学
骨が男性の生殖能力を促進する

Research Article

K-Rasのユビキチン化は活性化を増強し、特定の下流エフェクターへの結合を促進する

Vav1によって仲介される足場相互作用が、SLP-76のマイクロクラスターを安定化し、抗原依存性のT細胞応答に寄与する

Perspectives

Ras上のユビキチン:犯罪の監視者か、それとも共犯者か

最新のResearch Article記事

2020年3月17日号

ストレス顆粒は細胞膜で代謝ストレスを感知し、活性型Pkc1の貯蔵によって回復を増強する

PTPN22リン酸化はTCRシグナル伝達の阻害の分子レオスタットとして機能する

SERP1は代謝ストレス状態におけるγ-セクレターゼの集合調節因子である

2020年3月10日号

アポトーシスシグナル調節キナーゼによる優先的な複合体形成の構造に基づく機構

モータリン(HSPA9)はANT3に媒介されるミトコンドリア膜透過性を低下させることで、BRAF変異型細胞の生存を促す