• ホーム
  • 細胞生物学 IKKはPI3Kを標的にする

細胞生物学
IKKはPI3Kを標的にする

Cell Biology
IKK Targets PI3K

Editor's Choice

Sci. Signal., 3 April 2012
Vol. 5, Issue 218, p. ec100
[DOI: 10.1126/scisignal.2003101]

John F. Foley

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

W. C. Comb, J. E. Hutti, P. Cogswell, L. C. Cantley, A. S. Baldwin, p85α SH2 domain phosphorylation by IKK promotes feedback inhibition of PI3K and Akt in response to cellular starvation. Mol. Cell 45, 719–730 (2012). [PubMed]

R. F. Lamb, Negative feedback loops: Nutrient starvation employs a new tr(IKK) to inhibit PI3K. Mol. Cell 45, 705–706 (2012). [PubMed]

ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ(PI3K)は、p110触媒サブユニットとp85調節サブユニットで構成されており、細胞膜でホスファチジルイノシトール3,4,5-トリスリン酸(PIP3)を生成し、このPIP3が標的タンパク質の動員を誘発する。PI3Kの活性化を受ける部位である細胞膜への局在化は、そのSrc相同2(SH2)ドメインと、受容体およびアダプタータンパク質のリン酸化チロシン残基との相互作用に依存する。PI3Kの下流では、キナーゼのAktとmTORが、細胞増殖、ストレス応答、およびオートファジーを調節する。Combらは、飢餓に応答して起こるオートファジーの活性化に、NF-κBとは無関係にNF-κB阻害分子(IκB)キナーゼ(IKK)が必要であることに注目し(Lambの解説参照)、栄養を取り除いた細胞においてPI3K-Akt経路の調節について検討した。野生型およびIKK欠損マウス由来の胚性線維芽細胞(MEF)での実験において、IKKが飢餓によって誘発されるAkt活性のフィードバック阻害に必要であることが示された。ウエスタンブロット解析によって、野生型MEFでは、飢餓に応答してPI3Kのp85α調節サブユニットのSer690がリン酸化され、このリン酸化はIKK特異的阻害薬によって遮断されることが示された。Ser690(SH2ドメイン内に位置する)がIKKによってリン酸化されると、p85サブユニットとチロシンリン酸化タンパク質との相互作用が妨げられ、PI3Kの膜への局在も妨げられた。血清またはグルコースの欠乏ではなく、アミノ酸の欠乏によってMEFではIKKの活性化が起こり、特に、アミノ酸ロイシンが欠乏すると、MEFにおいてIKK依存性のPI3Kのリン酸化と阻害が誘発された。これらのデータを総合すると、IKKは、栄養飢餓に応答してPI3Kの細胞膜への動員を妨げ、その活性化を抑制することによって、PI3K-Aktシグナル伝達を抑制することが示唆される。

J. F. Foley, IKK Targets PI3K. Sci. Signal. 5, ec100 (2012).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2012年4月3日号

Editor's Choice

細胞生物学
IKKはPI3Kを標的にする

Research Article

アストロサイトは細胞外K+のCa2+依存的取込みによって神経ネットワーク活性を調節する

受容体選択的拡散障壁がアストロサイト突起の代謝型グルタミン酸受容体刺激に対する感受性を亢進する

異なるシグナル伝達特性をもつ高分子量型の生理活性BMPリガンドは、プロコンバターゼによる選択的なプロセシングによって生成する

Perspectives

より大きな(ガラス船底)ボートが必要になる

最新のEditor's Choice記事

2014年9月9日号

神経科学
オートファジーは社会性をもつ

2014年9月2日号

神経科学
恐れることはない、Notchがここにある

2014年8月26日号

がん免疫学
脳腫瘍はTGF-βを使って免疫細胞と戦う

2014年8月19日号

宿主病原体相互作用
エボラが抗ウイルスシグナル伝達を遮断する方法

2014年8月12日号

代謝
Notchの抑制によりベージュ脂肪細胞を増やす