• ホーム
  • マウス造血細胞の内在性レチノイドX受容体リガンド

マウス造血細胞の内在性レチノイドX受容体リガンド

Endogenous retinoid X receptor ligands in mouse hematopoietic cells

Research Article

Sci. Signal. 31 Oct 2017:
Vol. 10, Issue 503, eaan1011
DOI: 10.1126/scisignal.aan1011

Haixia Niu1, Hideji Fujiwara2, Orsola di Martino1, Gayla Hadwiger1, Thomas E. Frederick3, María P. Menéndez-Gutiérrez4, Mercedes Ricote4, Gregory R. Bowman3, and John S. Welch1,*

1 Department of Internal Medicine, Washington University School of Medicine, St. Louis, MO 63110, USA.
2 Diabetic Cardiovascular Disease Center, Washington University School of Medicine, St. Louis, MO 63110, USA.
3 Department of Biochemistry and Molecular Biophysics, Washington University School of Medicine, St. Louis, MO 63110, USA.
4 Myocardial Pathophysiology Area, Centro Nacional de Investigaciones Cardiovasculares Carlos III, Madrid 28029, Spain.

* Corresponding author. Email: jwelch@wustl.edu

要約
レチノイドX受容体α(RXRA)は、さまざまな血液学的過程に関与している。造血細胞に存在するRXRAの天然リガンドを同定するために、われわれは、上流活性化配列‐緑色蛍光タンパク質(UAS-GFP)レポーターマウスをin vivoで天然RXRAリガンドを検出するよう改変した。in vivoでさまざまな種類の造血細胞において、レポーター活性を観察した。レポーター活性は、顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)誘導性の顆粒球生成の過程で、また、フェニルヒドラジン(PHZ)誘発性貧血の後に上昇したことから、造血細胞における動的に調節された天然RXRAリガンドの存在が示唆された。マウス血漿はin vitroでGal4-UASレポーター細胞を活性化し、G-CSFまたはPHZで処理したマウスの血漿は、in vivoで観察されたレポーター活性化のパターンを再現した。食餌性ビタミンA欠乏マウスの血漿は、RXRAレポーター活性をわずかに低下させたのみであった一方、脂肪酸制限餌を与えたマウスの血漿はレポーター活性を低下させ、脂肪酸が血漿中のRXRAリガンドとして関与することが示唆された。差次的抽出法と質量分析の併用により、長鎖脂肪酸C24:5を、造血ストレスに反応して存在量が大幅に増加した天然RXRAリガンドとして同定された。これらのデータを総合すると、in vivoではマウス造血細胞に天然RXRAリガンドが存在し、その存在量は動的に増加することが示唆される。

Citation: H. Niu, H. Fujiwara, O. di Martino, G. Hadwiger, T. E. Frederick, M. P. Menéndez-Gutiérrez, M. Ricote, G. R. Bowman, J. S. Welch, Endogenous retinoid X receptor ligands in mouse hematopoietic cells. Sci. Signal. 10, eaan1011 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年10月31日号

Editor's Choice

蠕虫に対する内因性防御

Research Article

マウス造血細胞の内在性レチノイドX受容体リガンド

MARK3によるARHGEF2のリン酸化は微小管をアクチン細胞骨格に結合させ細胞極性を確立する

Research Resources

TLR4の定量的単一分子イメージングによってリガンド特異的な受容体の二量体化が明らかに

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する