• ホーム
  • リラキシン-3受容体のGαi/oバイアスステープルペプチドアゴニストによるバイアスアゴニズムの機構

リラキシン-3受容体のGαi/oバイアスステープルペプチドアゴニストによるバイアスアゴニズムの機構

Mechanisms of biased agonism by Gαi/o-biased stapled peptide agonists of the relaxin-3 receptor

Research Article

SCIENCE SIGNALING
13 Feb 2024 Vol 17, Issue 823
[DOI: 10.1126/scisignal.abl5880]

Tharindunee Jayakody1, 2, 3, †, *, Asuka Inoue4, Srinivasaraghavan Kannan5, Gaku Nakamura4, Kouki Kawakami4, Krishan Mendis3, Thanh-Binh Nguyen5, ‡, Jianguo Li5, Deron R. Herr1, §, Chandra S. Verma5, 6, 7, Gavin S. Dawe1, 2, 8, 9, *

  1. 1 Department of Pharmacology, Yong Loo Lin School of Medicine, National University of Singapore, Singapore.
  2. 2 Neurobiology Programme, Life Sciences Institute, National University of Singapore, Singapore.
  3. 3 Department of Chemistry, University of Colombo, P.O. Box 1490, Colombo 00300, Sri Lanka.
  4. 4 Graduate School of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University, Sendai 980-8578, Japan.
  5. 5 Bioinformatics Institute, A*STAR, 30 Biopolis Street, #07-01 Matrix, Singapore 138671.
  6. 6 Department of Biological Sciences, National University of Singapore, 6 Science Drive 4, Singapore 117558.
  7. 7 School of Biological Sciences, Nanyang Technological University, 60 Nanyang Dr., Singapore 637551.
  8. 8 Healthy Longevity Translational Research Programme, Yong Loo Lin School of Medicine, National University of Singapore, Singapore.
  9. 9 Precision Medicine Translational Research Programme, Yong Loo Lin School of Medicine, National University of Singapore, Singapore.

* Corresponding author. Email: tharindunee@chem.cmb.ac.lk (T.J.); phcdgs@nus.edu.sg (G.S.D.)

† Present address: Department of Chemistry, University of Colombo, P.O. Box 1490, Colombo 00300, Sri Lanka.

‡ Present address: School of Chemistry and Molecular Biosciences, University of Queensland, Chemistry Bld, 68 Cooper Rd, Brisbane City, QLD 4067, Australia.

§ Present address: Translational Neuroscience Initiative, Sanford Burnham Prebys Medical Discovery Institute, La Jolla, CA 92037, USA.

Editor's summary

神経ペプチドであるリラキシン-3は、Gタンパク質共役受容体RXFP3に結合して、不安、摂食、認知などの機能を仲介する。リラキシン-3は、B鎖に結合したA鎖で構成されており、A鎖はB鎖を受容体に提示する足場として機能すると考えられている。Jayakodyらは、リラキシン-3および炭化水素「ステープル」で修飾されたアナログに対するRXFP3の結合特性と機能的応答を特徴づけ、バイアスのないリラキシン-3とは対照的に、そのような2つのアナログがGタンパク質を介してRXFP3によるバイアス型シグナル伝達を刺激することを示した。これらのアゴニストは、RXFP3がさまざまな機能を媒介し、標的治療を設計するために用いるシグナル伝達経路を決定するのに役立つ可能性がある。—John F. Foley

要約

神経ペプチド、リラキシン-3は、ジスルフィド結合により結合されたA鎖とB鎖で構成され、主にB鎖を介して同族受容体RXFP3に結合して活性化することにより、不安や食物摂取などの機能を調節する。RXFP3のバイアスリガンドは、そのような多様な機能をもたらすRXFP3の下流のGタンパク質およびβ-アレスチンの活性化の基となる分子機構を解明するのに役立つと考えられる。われわれは、i、i+4ステープル化リラキシン-3 B鎖、14s18およびd(1-7)14s18がRXFP3のGαi/o-バイアスアゴニストであることを示した。これらのペプチドは、GPCRキナーゼ(GRK)によるβ-アレスチン1/2のRXFP3への動員を誘導しなかった。対照的に、リラキシン-3は、GRK2/3を介してβ-アレスチン1/2のRXFP3への動員を可能にした。リラキシン-3および以前に報告されたペプチド4(i、i+4でステープルされたリラキシン-3 B鎖)は、バイアス型シグナル伝達を示さなかった。ペプチド4のステープルリンカーとリラキシン-3のA鎖とB鎖の両方の一部はRXFP3の細胞外ループ3(ECL3)と相互作用し、それを結合ポケットから遠ざけた。これは、バイアスのないリガンドがRXFP3のより開いた立体構造を促進することを示唆している。これらの知見は、RXFP3の構造変化の誘導におけるリラキシン-3のA鎖、およびB鎖のN末端残基の役割を強調し、これは治療効果を向上させる選択的バイアスリガンドの設計に役立つであろう。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2024年2月13日号

Editors' Choice

RNAが厄介な状況を生み出す

Research Article

GPCRキナーゼはその細胞内局在に応じて偏向性のCXCR3下流シグナル伝達を差次的に調節する

リラキシン-3受容体のGαi/oバイアスステープルペプチドアゴニストによるバイアスアゴニズムの機構

最新のResearch Article記事

2024年7月2日号

改変ミニGタンパク質は対応するGPCRの内在化を妨げ、下流の細胞内シグナル伝達を阻害する

2024年7月2日号

YAPはTEAD–NF-κB複合体を抑制して淡明細胞型腎細胞がんの成長を阻害する

2024年6月25日号

Gタンパク質共役受容体のエンドサイトーシスはβ-アレスチンシグナル伝達に時空間的バイアスを生み出す

2024年6月11日号

MCTP1は神経内分泌分化とEMTを誘導することによってアンドロゲン除去後の前立腺がん細胞の悪性度を高める

2024年6月4日号

増殖因子に依存したGαiのリン酸化がGタンパク質共役受容体による古典的シグナル伝達を形作る